ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 横山秀夫「動機」 | トップページ | 宮尾登美子「東福門院和子の涙」 »

角田光代「対岸の彼女」

13番 ☆☆☆

昨年の直木賞受賞作品。恥ずかしながら、この作家さん読むの初めて。(T_T)/~~~
主な登場人物は楢橋葵、田村小夜子。そして葵の高校時代のナナコとの友情の話と、葵の現在の仕事(会社経営)で田村小夜子と出会うところから始まる話と交互に語られ、読み始めてしばらく不思議な気分になります。
小夜子の描写が実にリアル。子育てで専業主婦経験して、その後パートにも出たことのある私にとっても、自分のことを見ているようで、憂鬱な気分にもなりかねないほど・・・
また女子高での葵とナナコの友情というか(結果的に二人で自殺未遂をしたので、誤解されたままなのだが)このへんの物語の組み立てもなかなかのもの。
結末がそれなりのハッピーエンドでしたから、ほのぼのした気分になりました。小夜子が仕事を通じて、成長しているように思いまして、うれしい気持ちになりました。


まゆ > 大好きな話です。角田さんはずっと苦手だったのですが、初めて感動しました。この小説のテーマについて語ったものを、私の日記の【868】漫画版「対岸の彼女」のページにアップしてあります。これ以前の角田作品と読み比べてみると、「違い」がわかりますよ~。 (2006/01/22 17:11)
ゆきみ大福 > はじめまして。私も忘れられない1冊です。角田さんと同世代なので、どこを切り取っても身につまされるというか、胸に迫るというか・・・。私は、いつも綺麗事じゃないリアルを描く角田さんがすきなのです。 (2006/01/22 21:16)
ほっそ > まゆさん、書き込みありがとうございます。
ゆきみ大福さん、はじめまして。書き込みありがとうございます。
今回角田作品はほとんど出会いがしらのようなめぐり合いでしたので、また何か「本プロ」を参考に読みたいと思います。
ところで、この物語で一番共感した登場人物はどなたですか。
私としては小夜子。特に公園デビューを目指し、さまよう姿は昔の私そのもの。私の住んでいるところは子育てはおじいさん、おばあさんの仕事で、若夫婦はほとんど仕事しているので、その当時専業主婦していた私はすごく社会と切り離された感じばかりしていたので、その当時のことを思い出して、ほろ苦い気分になりました。 (2006/01/23 09:25)
まゆ > 私は独身ですので、やっぱり葵の方です。いいかげんでどんぶり勘定が多くって傍迷惑。もろいけれどたくましい。そんな葵に共感する部分が多かったです。海外旅行に行った時の葵のエピソードが好きです。「信じる」と決めたところ。 (2006/01/23 20:07)
kanakana > 私は独身だけど多数派の人間だからなぁ。葵より小夜子に共感しました。人が変わっていくこと、成長していくことを考えさせられた本でした。 (2006/01/23 20:49)
ほっそ > まゆさん、kanakanaさん、ありがとうございます。
kanakanaさん、先日はあなたのページを結果的に荒らすこととなり、ごめんなさいね。もうお返事もらえないかと思ってました。感激!
いろいろご意見ありがとう。そのときの自分の立場、気分その他さまざまな要素で共感する人物は変わることがあるかもしれませんね。またいろいろ教えてください。待っています。\(^o^)/ (2006/01/24 11:04)
ケイ > ほっそさん、こんばんは~レスありがとうございました。確かに小夜子ちゃん、、とよんでしまうけど。ほんとにお掃除までして、、小さな子を預けてはらはらしましたねぇ。私も自分を思い出して、いろいろ悩んでたなと。青かった自分を思い出しました。。爆。子育ての頃が幸せだったなあと今では思いますが。今も一応子育て中なんですが。。私の立場は葵ちゃんのお母さんかしら?子供の感受性にはらはらして。どちらかというと、母を振り回していた私ですが。。反省。でも独身の葵ちゃんにも惹かれました。ナナコちゃんにも。どの女性もピュアで、いいなと思いました。主婦っていろいろと辛い時もありますよねぇ。しがらみで逃れられない、お付き合い。学校役員とかねぇ。それも書いてあるし。ほっそさんの感想、そうだなあと思って読ませていただきました。いろいろとあったから分かり合えたんだなあと。。本の中とはいえ、よい結末でしたね。そうして本プロで話せるのも、楽しいことですよね。共感ってとても素敵だなと思います。これからもよろしくお願いします。。 (2006/07/18 02:22)
ほっそ > ケイさん、こちらにまでありがとうございます。私も昨年末より、本プロに参加して、ほんとに楽しく過ごしています。
なんといっても読む本の幅が増えました。皆さんの作品に対する思い入れもよくわかります。
また詩人のような美しいコメント楽しみにしてます。 (2006/07/18 12:38)

« 横山秀夫「動機」 | トップページ | 宮尾登美子「東福門院和子の涙」 »

本・角田光代」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29770003

この記事へのトラックバック一覧です: 角田光代「対岸の彼女」:

« 横山秀夫「動機」 | トップページ | 宮尾登美子「東福門院和子の涙」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。