ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 沢村貞子「老いの道連れ」 | トップページ | 角田光代「対岸の彼女」 »

横山秀夫「動機」

12番 ☆☆☆

本の題名の「動機」のほか、「逆転の夏」「ネタ元」「密室の人」の4作品から成り立つ本です。
「逆転の夏」が一番面白かったです。主人公は殺人の前科を持つ山本。彼を取り巻く人物として、山本の勤務先の野崎社長、保護司の及川、山本の別れた妻静江、そして謎の人間カサイショウジ・・・
山本はなぞの人物カサイから、殺人を依頼されます。そして金まで振り込まれて・・・山本のなぜ?という気持ちをもてあそぶようなカサイの言動。そして結末でそのすべてがわかります。
それぞれの登場人物の心理が丁寧に書かれていまして、(その他の作品にも共通していえることですが)特に山本の事件前からの心理描写はよかったです。なにも好き好んで、前科ものになる人はいないのだと改めて感じました。


こしまこ > こんにちは。わたしも横山さんを初めて読んだのが本書でした。それから横山さんの警察もの短編連作にはまったクチです。 (2006/01/19 00:02)
ほっそ > こしまこさん、はじめまして。書き込みありがとうございます。
私は横山作品は二冊目です。初めて読んだのは、「半落ち」でした。「本プロ」でも横山作品の評価は高いので、また読んでみたいです。
お勧め作品などありましたら、教えてくださいね。(^_^)是非またいらしてください。ヨロシク! (2006/01/19 08:56)
kanakana > ほっそさん、はじめまして♪「逆転の夏」は、最後にほっとさせられました。「動機」以外では、「陰の季節」「深追い」「第三の時効」「臨場」なんかが、警察を舞台とした短編小説で面白かったですよ。 (2006/01/19 23:05)
ほっそ > kanakanaさん、はじめまして。書き込みありがとうございます。「逆転の夏」の結末はほっとする反面、ちょっとほろ苦い気持ちにもなりましたね。「赦す」ということの言葉の重みを思いました。
いろいろ作品の紹介をありがとうございます。\(~o~)/読んでないものばかりなので、参考になりました。またいらしてくださいね。 (2006/01/20 09:31)

« 沢村貞子「老いの道連れ」 | トップページ | 角田光代「対岸の彼女」 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29769434

この記事へのトラックバック一覧です: 横山秀夫「動機」:

« 沢村貞子「老いの道連れ」 | トップページ | 角田光代「対岸の彼女」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。