ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 角田光代「この本が世界に存在することに」 | トップページ | 宮尾登美子「菊籬」 »

チャールズ・R・ジェンキンス「告白」

翻訳ものですが、現在日本在住ということで、国内作品にしました。

23番 ☆☆☆

原題が「TO TELL THE TRUTH」とありました。まさにそのとおりでした。本を開くとまず写真がいっぱい。持ち出すのにどうしたんだろう??と思う写真もありました。特に彼と同じ立場のアメリカ人の写真を見たときそう思いました。
脱走したことを今も悔やんでいる様子がよくわかり、でもそれがなければ今の家族はありえなかったと正直な気持ちを語る作者の言葉は、まさに本物でありまして、最初から最後まで飾らぬ言葉でした。
私が一番興味深かったのは、同じ立場の脱走した軍人たちとの葛藤でした。(時には流血も・・・)ひとみさんに出会う前の出来事です。あと私たちがよく知っている、ひとみさんが来日してからの彼の心情は真に迫るものがありました。事実お酒に逃げることも多かったようです。また小泉首相とのやり取りはかなり細かく記載してありまして、よかったです。
改めて、拉致問題の解決について考えた本でした。


ときわ姫 > これを読むと、拉致された人の行動はいつも当局にしっかり監視されていたんだということが改めて分かりました。それなのにその後なんの解決への進展がないことに、いらだちを感じます。
ジェンキンスさんがお酒に逃げたことまで隠さず書いていることで、その時の気持ちが良く伝わってきました。ジェンキンスさんはすごくバカなことをしてしまったわけですが、回り回って曽我さんを支えてくれる結果になり、やはり日本としては感謝してこれからも助けてあげなくてはと思うのです。 (2006/02/17 17:18)
ほっそ > ときわ姫さん、こんばんは!レスありがとうございます。ひとみさんと離れ離れになっているとき、日本の状況が全く伝わらず(伝わるわけもないのですが・・・)自暴自棄になりました。仕方がないですよね~
アメリカのお母さんとも再会できて、本当によかった・・・\(^o^)/ (2006/02/17 19:00)
Nick > この本は一気読みでした。曽我ひとみさんも、北朝鮮の発表で拉致されていた事が分ったわけで、その御主人がジェンキンスさんである事も勿論、nobody knowsでした。何がきっかけで人生がどう変わるのか、ほんとうにかんがえさせられる一冊でした。 (2006/08/23 01:23)
ほっそ > Nickさん、こちらにもありがとうございます。
ひとみさんの「ややこしい人生」がなんとか解決するように願っています。小泉総理は交代ですが、次の人にも頑張ってほしいです。交渉ごとで難しいのは百も承知ですが・・・ (2006/08/23 12:26)

« 角田光代「この本が世界に存在することに」 | トップページ | 宮尾登美子「菊籬」 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29789472

この記事へのトラックバック一覧です: チャールズ・R・ジェンキンス「告白」:

« 角田光代「この本が世界に存在することに」 | トップページ | 宮尾登美子「菊籬」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。