ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 山崎豊子「二つの祖国(中)」 | トップページ | あさのあつこ「バッテリー」 »

山崎豊子「二つの祖国(下)」

54番 ☆☆☆☆

読み終わりました。
衝撃の結末でした。
賢治の家庭崩壊、ナギコの原爆症発病、忠と賢治の和解、などいろいろありましたが、本編のメインは東京裁判。当初ちょっと難しくて斜め読みでしたが、さすがに東条英機のあたりは真剣に読んでしまいました。そして判決。七人が絞首刑に・・・刑執行。その瞬間まで作者は書いていくのでした。そしてまたその後まで・・・
賢治は東京裁判にモニターとして深くかかわり、判決文の翻訳(どの被告にどんな刑罰かは最後まで秘密)そして判決時に通訳として、日本語で被告たちに実質絞首刑を言い渡す役目まで担うことになってしまった。アメリカの正義と両親の祖国としての日本の間で苦悩し続ける姿。悲しかったです。
人が人を裁くことの難しさ、ましてや戦勝国の立場の方が敗戦国日本の指導者を裁くことの難しさ。歴史や組織に翻弄されると個人の存在はあまりにはかないです。


まゆ > 高校生でこれを読んで、ものすごい衝撃を受けた私・・・。世の中には、自分の知らないことがたくさんある!もっと知ろうとしなければいけない!と痛切に感じたものでした。あまりに誠実であろうとした賢治だからこそ苦しんだのだと思うと、やりきれなかったです。大河ドラマでの「デス・バイ・ハンギング」という声は、いまだに忘れられません。 (2006/06/19 21:51)
ほっそ > まゆさん、レスありがとうございます。(*^_^*)
高校生のときにこれを完読とは・・・頭が下がります。
今日のニュースでイラクのフセイン元大統領に死刑の求刑とのこと。同じようなことがおきているのだろうかと、考えてみたりしてました。 (2006/06/20 08:38)
れんれん > 全3巻見事に読破されましたね。拍手!!私の場合こうした大作を読み終わると、必ず暫くの間虚脱状態になるので、読むのが怖いような、読みたいような、です。いずれにしてもかなりの覚悟と体力と勇気が要りそうです。 (2006/06/23 17:35)
ほっそ > れんれんさん、レスありがとうございます♪
難しいところははっきり斜め読みしました。それでも話の展開にぐいぐいひきつけられて・・・
恥ずかしい話ですが、途中で結末のところ読んでしまったのです。(T_T)/~~~ (2006/06/23 18:50)

« 山崎豊子「二つの祖国(中)」 | トップページ | あさのあつこ「バッテリー」 »

本・山崎豊子」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29799299

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎豊子「二つの祖国(下)」:

« 山崎豊子「二つの祖国(中)」 | トップページ | あさのあつこ「バッテリー」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。