ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« あさのあつこ「バッテリーⅣ」 | トップページ | 宮子あずさ「看護婦たちの物語」 »

宮尾登美子「櫂」

60番 ☆☆☆☆

初めて読んでから、20年以上のときが経ちました。
その当時は旧仮名遣いと難しい漢字に四苦八苦、中身のことよりそちらにまいってしまいました。しかし、あれから私も人並みの苦労をしたといえるのか・・・
今回この物語がすーーっと入ってきました。
舞台は大正から昭和にかけての高知の花街。紹介業といって、女性を店に斡旋することを家業としている富田一家。父岩伍、母喜和、二人の兄、そして綾子。
喜和は望んで岩伍と結婚しますが、のちに始めた家業にどうしてもなじむことができず、苦悩します。長男の結核療養そして死、次男の放蕩と結婚など喜和に苦悩が襲い掛かります。そして決定的な出来事が・・・夫と義太夫の女性との間にできた子供を引き取る羽目に(これが綾子、宮尾先生となります)ここのシーンは迫力がありました。
そののち、喜和の病気、いつの間にか別居生活、綾子との日々、夫婦の間の溝は埋めがたく、いつしか離婚話に・・・
自分の味方は綾子だけ。綾子が父に対して徹底的にはむかい、刀まで持ち出す場面に圧倒されました。
私の日記の「蔵」で、宮尾作品のどれが好きかという問いかけに本プロの皆さんの支持を集めた「櫂」宮尾作品の原点ともいえるものでした。
確かに仮名遣いなど読みにくい点もありましたが、それ以上のものです。
また宮尾先生が自分自身のことをこれだけ徹底的に、かつ客観的に書き上げたこと改めて脱帽しました。


まゆ > 宮尾作品の原点。たしかにそうですね。けっこうどろどろしたストーリーなのに、凛とした強さと品の良さがあって好きでした。 (2006/06/25 18:04)
れんれん > こうして改めて「櫂」を読むと、本当に宮尾作品の原点であることがよくわかりますね。特に宮尾さんが生みの母ではなく育ての母から受けた数々の愛情は、「蔵」や「松風の家」に共通する血の繋がりを超えた情愛で、それが宮尾さん自身の血肉となり、他に類を見ない傑作の原動力になっていることをひしひしと感じました。 (2006/06/26 12:46)
ほっそ > まゆさん、れんれんさん、レスありがとうございます。(*^_^*)いつもいつもありがとうね。
まゆさん、おっしゃるとおりですね。私若いときには何を読んでたのだろうと自問自答していました。喜和の本当の気持は理解していなかったように思います。
れんれんさん、あれだけ綾子を育てることに抵抗した喜和が逆に綾子を育てることにのめりこんでいく・・・そして離婚話の時には、綾子みずから「お母さんをいじめるお父さんは嫌い!」とはっきり言い切る姿。感動でした。私には娘がいないので、よけいにこの母と娘の様子は胸キュンでした。
(2006/06/26 18:21)

« あさのあつこ「バッテリーⅣ」 | トップページ | 宮子あずさ「看護婦たちの物語」 »

本・宮尾登美子」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29799633

この記事へのトラックバック一覧です: 宮尾登美子「櫂」:

« あさのあつこ「バッテリーⅣ」 | トップページ | 宮子あずさ「看護婦たちの物語」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。