ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 宮部みゆき「ぼんくら」 | トップページ | 奥田英朗「ガール」 »

宮部みゆき「日暮し」

84番 ☆☆☆☆

「ぼんくら」の続き。短編5つと「日暮し」での構成でした。
佐吉の母の葵が殺され、その謎に平四郎と弓之助たちが挑みます。これが一番のテーマです。
葵の秘密、湊屋のおかみおふじのその後、葵の使用人お六の話、お徳のその後などなど、ぼんくらとつづけて読むのが一番ですね。
弓之助はFBIのようにプロファイリングして、犯人にたどり着くのはアッパレ!でした。


まゆ > 「ぼんくら」の厚さにはしり込みしたものですが、こちらはとうとう上下巻。宮部作品、どんどん長くなりますね。
この作品は弓之助とおでこがかわいくて、お気に入りです。宮部さんの時代物、おもしろいもの多いので、ぜひまたチャレンジしてくださいね。 (2006/08/17 21:39)
chii > おはようございます。私も宮部さん大好きです。今、「ブレイブストリー」挑戦しています。 (2006/08/18 08:06)
ほっそ > まゆさん、chiiさん、レスありがとうございます。
まゆさん、今日図書館で宮部作品の棚を眺めました。ご指摘の通り、厚いのばかりですね。当分休んで、次は「名もなき毒」(う~~~んタイトルうろ覚え)新聞で連載だったのの出版を待ちたいと思います。途中から読んだけど、面白かったですよ。 (2006/08/18 12:31)
ほっそ > chiiさん、また日記楽しみにしています。長編は面白いけど、途中で楽しみか修行か区別がつかなくなりそうになります。そんなときはやめたらいいのに、ただ結末が知りたいだけの読書に意味があるのかと思うこともあります。 (2006/08/18 12:35)
kanakana > 時代物はほとんど読まないのですが、宮部みゆきだけは別です!彼女の作品だと、江戸時代がものすごく近いものに感じてしまうから不思議。「ぼんくら」や「日暮し」もそうですが、登場人物が活き活きしてるからかなぁ。 (2006/08/18 20:21)
ほっそ > kanakanaさん、いつもありがとうね♪ご指摘の通り、登場人物のキャラクターは、ほんとにいきいきしてますね(*^_^*)
お六を追い掛け回す孫六は、今でいえば「ストーカー」でした。ストーカーの恐ろしさ・・・真に迫っていました。
(2006/08/19 11:30)

« 宮部みゆき「ぼんくら」 | トップページ | 奥田英朗「ガール」 »

本・宮部みゆき」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29805536

この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆき「日暮し」:

« 宮部みゆき「ぼんくら」 | トップページ | 奥田英朗「ガール」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。