ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 渡辺淳一「愛の流刑地」 | トップページ | 奥田英朗「インザプール」 »

重松清「きみの友だち」

78番 ☆☆☆

表題作を含んで、10作品。でも連作なので、短編集という気がしませんでしたね。
恵美ちゃん、ブンちゃんという姉弟を軸に彼らの友だちのことを「僕」がつづっていくという作品でした。
小学生、中学生のころのエピソードが多く、彼らの純粋ながらも、残酷な一面にははっとする場面も。特に恵美ちゃん、交通事故で足が悪くなるのですが、それに伴って、まわりとの関係が一変するのが、痛くて痛くて・・・・ でも病弱の由香ちゃんとの話は暖かいものでしたね。
そして、表題作「きみの友だち」で「僕」の正体もあかされて、なんともあったかい気分になりましたね(*^_^*)


chii > ちょっと心が痛む作品でした。重松さんらしいのかな~ (2006/08/06 09:40)
さくら > これすごく好きでした!お誕生会のシーンがとても印象的です。 (2006/08/07 11:39)
ほっそ > chiiさん、レスありがとうございます♪私はこの作家さん、これで三作目。子供たちの純粋な気持は、時には毒にもなること感じました。 (2006/08/07 12:21)
ほっそ > さくらさん、レスありがとうございます。お誕生会のシーンは、いいですね。子供としても、親の立場でも感涙です。 (2006/08/07 12:22)
トントン > これは未読なんですが、小学生、中学生の頃を思い出して読めそうですね。純粋ながらも残酷な一面、子どもの頃ってたしかにあったような・・・いつか読みたいと思います。 (2006/08/07 14:02)
ゆんゆん > なんともあったかい気分!私も最後に同じような気持ちになりました。この本もよかったです。 (2006/08/07 14:37)
エアロール > 確かに一生忘れない友達が一人いればいいな~でも簡単に手に入らない物だからこそ貴重なんですね!重松作に今はまつてます。 (2006/08/07 17:40)
ほっそ > トントンさん、レスありがとうございます♪ぜひ読んでくださいね。子供の残酷な一面が出てきます。それを我慢して読むと、表題作で余計に感動しますね。
(2006/08/07 18:23)
ほっそ > ゆんゆんさん、いつもありがとうね♪「僕」の正体にはビックリしました。そのため、もう一回最初から目を通しましたよ。主役は恵美ちゃんであるけど、「僕」でもありますよね。 (2006/08/07 18:25)
ほっそ > エアロールさん、レスありがとうございます♪「ともだち」っていい響きですよね。このサイトでの交流もいいですよね。 (2006/08/07 18:27)
kanakana > 恵美の由香への思いに泣いてしまいました。小中学生の頃って、はじいたりはじかれたりがよくあったけど、そんなことも思い出したりして、ちょっと心が痛くなった本でもありました。 (2006/08/07 21:34)
ほっそ > kanakanaさん、いつもありがとうね♪堀田ちゃんからみの話がそうでした。自分はどうだったのだろうかと思うのですが、私は恵美に近かったかな。でも彼女のように割り切れず、ウジウジしていたように思います。子供時代の思い出は切ないことが多いです(反省) (2006/08/08 12:28)

« 渡辺淳一「愛の流刑地」 | トップページ | 奥田英朗「インザプール」 »

本・重松清」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29805021

この記事へのトラックバック一覧です: 重松清「きみの友だち」:

« 渡辺淳一「愛の流刑地」 | トップページ | 奥田英朗「インザプール」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。