ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 村上龍「わたしは甘えているのでしょうか」 | トップページ | 角田光代「夜をゆく飛行機」 »

宮尾登美子「天涯の花」

100番 ☆☆☆☆☆

100冊目となりました。私としては想定外の速さで到達したように思います。これからもよろしくお願いしますね(*^_^*)
この本も私の大好きな作品。昨年再読して、さらにはまった作品です。
主人公は平珠子。終戦の年に生まれましたが、すぐに親に捨てられ児童養護施設で育ちます。そして15歳のときに、剣山に住む宮司の養女となり、山での暮らしが始まります。厳しい生活でしたが、花の好きな珠子は高山植物に熱中します。山小屋一家との交流、養母の死、測候所職員の遭難死、などのあと、運命の出会いをします。それは剣山で遭難したカメラ好きの男性、久能でした。久能は珠子に瀕死の状態から助けられ、そのまま山で暮らすのでした。珠子は山小屋の息子の典夫から、求婚を受けているのでしたが、典夫には感じないものを久能に感じるのを抑えることができません。同様に久能も珠子の無垢な魂にひかれはじめてきます。
でも久能には東京にのこしてきた家族が・・・ 二人はある決断をします。でも・・・・
そして久能の妻が剣山に訪ねて来ます・・・・珠子、父、久能、久能の妻がそれぞれに出す結論とは・・・そしてその後・・・・
後半がなんといっても好きです。珠子が父親と久能の間で、悩むところなんて、宮尾作品ではなかなか見られないキャラクターだと思いますね。またラスト余韻が残り、このあと珠子は幸せになるんだろうなあと思わせるところも、またたまりません。さらに植物や山の記述も私の想像力を刺激するのでした。


ゆんゆん > 100冊おめでとうございます!宮尾作品にしばらくご無沙汰の私です。宮尾さんの書かれる女性の人生にいつも心打たれていました。耐え忍ぶことの出来ない私には最近手に取れなくなっています。ほっそさんの書かれる珠子に魅力を感じる私もいます。今度手に取ってみようかと思いました。 (2006/10/06 11:40)
そのみ > 100冊目ですね。おめでとうございます! 私も次が100冊目。まだ読み終わっていないのでアップはもうすこし後になりそうですが、ひとつの節目だなあと感慨深いです。こちらこそ、これからもよろしくお願いします! (本の内容と関係なくてゴメンナサイ) (2006/10/06 16:37)
ほっそ > ゆんゆんさん、そのみさん、レスありがとうございます♪100冊達成のお祝いの言葉どうもありがとう。これからもヨロシクね(*^_^*)
ゆんゆんさん、いつもありがとうね。私宮尾作品20年以上読んでいます。この作品と「きのね」「蔵」が特に好きです。珠子の心理描写が私としては大好きです。機会があったら、読んでみてくださいね。
そのみさん、そのみさんの100冊目は何でしょうか?楽しみにしています。私この本プロは長く続けたいですね。節目には過去に読んで、魂を揺さぶられた作品を再読しようと決心?してます。 (2006/10/06 18:26)
ゆきみ大福 > 遅ればせながら、100冊達成おめでとうございます!!
おーっ五つ★なんですね!これは読んでみなければ♪山崎豊子同様、いつかじっくり読みたい作家さんのひとりなので、そろそろ宮尾登美子の扉を開いてみようかな・・・。再読してはまる本というのがまた魅力的ですね。↓の村上龍、借りてきました。ほっそさんのおっかけ、続きそうですよぉ♪ (2006/10/08 14:50)
ほっそ > ゆきみ大福さん、レスありがとうございます♪私の日記の10番の「蔵」をぜひご覧下さい。本プロ参加者の宮尾作品の好みが分かります。この作品は本プロ参加者では、意外に人気がありません。れんれんさんもかなり宮尾ファンですから、彼女のページも参考にしてね。すてきな作品と出会えますように(*^_^*) (2006/10/08 18:51)
renren > ほっそさん、遅れましたが、100冊達成おめでとうございます。私ごとき名をこのような晴れの場に出させていただき光栄ですありがとうございます。この本は、宮尾作品の中でも私も大好きな一冊です。ゆんゆんさんのおっしゃるように、宮尾作品を読むと、耐えられないことでも耐える勇気が湧いてきます。未読本も後3、4冊あるので、多分今年は無理だから来年こそ完全制覇を狙いたいです!ゆきみ大福さんもファンになってくださるとますます盛り上がりそうですね♪ (2006/10/09 09:06)
ほっそ > れんれんさん、renrenさん、(どっちがいいのかなあ?)レスありがとうございます。これからも宮尾ファンとして交流お願いしますね。
また完全制覇目指して頑張ってください。私も小説ではあと二つくらいを読めば、完全制覇です。手元にある私にしては珍しく買った本「宮尾登美子の世界」の著作一覧を眺めてます。でもなにせ20年ですから、読んだこと以外すべて忘れている作品が多いのも事実。本プロに参加したのも、記録を残したいと思ったというのが一番の動機。なにせ人生後半戦ですから、覚えることより忘れていくことのほうが多いです(T_T)/~~~  (2006/10/09 13:43)
れんれん > すみません。自分のHN間違えました。れんれんでお願いいたします。 (2006/10/09 16:08)
ほっそ > 了解しました。 (2006/10/09 18:35)
Nick > 100冊目読破おめでとうございます。小職はこの読書日記は最近知ったのですが、ほっそさんの信じられないハイピッチでの読破に感服していると同時に、うらやましくも思います。小職も、年200冊は本を読みたいと考えております。勿論達成できる筈も無くせいぜい20冊程度と思います。これからも楽しみに日記を読ませて頂きます。小職の分野であればレスを入れていきたいと思います。これからもずーと 続けて下さいね。 (2006/10/10 00:39)
ほっそ > Nickさん、おほめの言葉ありがとうございます。私なんてたいしたことありません。本プロには「まゆさん」という8月に1000冊達成!というつわものもいらっしゃいます。
ところで、Nickさんは本プロの日記もっているの?探したけど見つからなかったのですが・・・もしまだだったら、ぜひ参加してくださいね。ヨロシク(*^_^*) (2006/10/10 09:24)
トントン > ほっそさん、遅くなりましたが100冊達成おめでとうございます!宮尾作品は私もいつか挑戦したいと思っているんですが、なかなか手が出なくて・・・ほっそさんや皆さんのおすすめする作品はチェックしてるのでいつか必ず読みたいと思います。 (2006/10/11 07:09)
ほっそ > トントンさん、レスありがとうございます。確かにご指摘のとおり、宮尾作品はとっつきにくい面があることは、否定しません。(私も四苦八苦したのあります。)読みやすさからいえば、この作品と「蔵」がいいでしょうか・・・歌舞伎が好きなら、「きのね」かな。お気に入りの作品と出会えますように・・・(*^_^*) (2006/10/11 12:47)

« 村上龍「わたしは甘えているのでしょうか」 | トップページ | 角田光代「夜をゆく飛行機」 »

本・宮尾登美子」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29818812

この記事へのトラックバック一覧です: 宮尾登美子「天涯の花」:

« 村上龍「わたしは甘えているのでしょうか」 | トップページ | 角田光代「夜をゆく飛行機」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。