ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 小川洋子「犬のしっぽをなでながら」 | トップページ | 重松清「隣人」 »

浅田次郎「中原の虹 第1巻」

142番 ☆☆☆☆

作者の創造力、想像力ともいえますが、どこまでも果てしないのでしょうか。
これから読む方も多いようですし、私の苦手な歴史ものなので、うまく内容はまとめられませんが、冒頭で張作霖に白太太がお告げをし、春児の兄春雷が出てきたあたりから、もうやられたという気分でした。賛賛という不幸な女性も出てきます。
春雷は張作霖の部下となり、別な角度で中原を目指します。おなじみの登場人物も多数。まゆさんが、これを読んだあと「昴」を再読したくなったの、よく分かりました。
また「昴」で乾隆帝がでてきますが、今度はヌルハチが・・・脱帽です。


たかじょう > ほっそさん、こんにちは。ついに中原にたどりつかれたのですね。「やられたという気分」とてもよくわかります!続きが本当に待ち遠しいです。 (2007/02/13 13:07)
ほっそ > たかじょうさん、レスありがとうございます♪
白太太は、すごいキャラクターですね。下世話な言い方ですが、ドラえもんのどこでもドアを持っているようです。
図書館へ行って、第二巻の予約入れておきました。すぐ読めるか分かりませんが、今から楽しみです。
4巻なのですよね。まとめて読むか、そのつど読むか、難しいところです。私は図書館利用なので、自分の都合はいえませんが・・・ (2007/02/13 13:42)
まゆ > とうとう「中原」突入されましたね~。再読したくなったの、わかっていただけましたか!私は「昴」再読後に「中原」1・2巻も読み返しました。2巻ではとうとう西太后が・・・。 (2007/02/14 21:03)
ほっそ > まゆさん、レスありがとうございます。予約数三桁に地方の方にはほんとに申し訳ない気がしました。あっというまに自分の番になって・・・ 
私は自分の記憶力のなさに唖然としました。春雷が登場したとき、そんな人いたっけ??!!と呆然としました。読んでいる途中で、ああそんな場面もあったなあと~~ 
でもまゆさんの読書量はほんとにすごい。↑のコメント読んでびっくりです。 (2007/02/15 10:58)

« 小川洋子「犬のしっぽをなでながら」 | トップページ | 重松清「隣人」 »

本・浅田次郎」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29847005

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田次郎「中原の虹 第1巻」:

« 小川洋子「犬のしっぽをなでながら」 | トップページ | 重松清「隣人」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。