ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 万城目学「鴨川ホルモー」 | トップページ | 北原保雄「続弾 問題な日本語」 »

浅田次郎「中原の虹 第二巻」

148番 ☆☆☆☆

大河ロマンといっていい作品だと思います。
同じ親から生まれた三人が運命の糸に操られ、そして歴史に翻弄され、まったく別々であうにあえない関係となっていく・・・
まず春児は宦官として頂点を極め、西太后から絶大な信頼を得ますが、西太后は次第に年老いていき、彼女自身逆らえない運命を感じます。
玲玲は文秀と日本に渡り、ひっそりとした生活が続いていきます。
前の巻で、私を驚かせた春雷も張作霖が力をつけていくのに伴って、彼自身も歴史の渦に巻き込まれていきます。
この巻で私として、圧倒されたのは西太后と甥の光緒帝との間の手紙のやり取り。その当時の先進技術テレグラムを使うのでした。ひらがなばかりの手紙ですが、迫力満点でした。
またラストエンペラーとなる宣統帝へ皇位を譲るあたりも、すごかったですね。4歳の皇帝が誕生するという現実「はやくおうちにかえりたい」と駄々をこねる場面など、子育ての経験があるなしにかかわらず、目がウルウルすると思います。


まゆ > あの手紙!!私はもう泣けて泣けて・・・。そして、溥儀と西太后のやりとりも、号泣してしまいました。その後の溥儀の運命を知っているだけに、よけいに悲しかったです。 (2007/03/18 16:45)
ほっそ > まゆさん、レスありがとうございます♪
このシリーズ、読み続けてよかったと思わせる一冊でした。あと二巻で完結なのですよね。どんな結末か今から楽しみです(*^_^*) (2007/03/19 11:22)

« 万城目学「鴨川ホルモー」 | トップページ | 北原保雄「続弾 問題な日本語」 »

本・浅田次郎」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29849151

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田次郎「中原の虹 第二巻」:

« 万城目学「鴨川ホルモー」 | トップページ | 北原保雄「続弾 問題な日本語」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。