ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 藤田宣永「戦力外通告」 | トップページ | 真保裕一「奪取」 »

ユン・チアン「ワイルド・スワン」

201~2番  ☆☆☆☆☆

200冊の記念に再読しようと思っていましたけど、いろんな都合で201冊目となりました。
はじめて読んだのは、十数年前。「十五歳で、私の祖母は軍閥将軍の妾になった。」という衝撃の書き出しから、もうとまらなかったです。私自身子育てで目がまわりそうな日々でしたが、寸暇を惜しんで読みました。
そして今回もほぼ同様でしたが、「マオ」を読んでいたせいか、私としては熟読したように思います。
前置きはこれくらいとして、この本はなんといっても「ノンフィクション」であることが素晴らしい。祖母、母、そして作者の物語となるわけですが、歴史や組織に翻弄されると、一人の人間はなんともはかないものであること・・・感じてしまう。ましてや女性の人権という考えも今とは違う時代・・・女性たちは苦悩の道を歩んできたのです。
まず祖母、軍閥将軍の死のあと、夏先生と再婚するのですが、このときの夏先生の家族の大反対!!
そして母、共産党の革命家との恋愛、結婚。理想に燃える夫とかみ合わない日々。
そして作者、幹部の子供として過ごすが・・・・文化大革命の時代に思春期を迎える。
下巻に続きます。


トントン > 遅くなりましたが200冊おめでとうございます!ほっそさんの日記は気になっていながら未読の本が多いので参考にさせてもらってます。この作品もいつか読んでみたいと思っています。ノンフィクションなんですね・・・下巻の感想も楽しみにしています。 (2007/08/02 05:56)
ほっそ > トントンさん、レスありがとうございます。お祝いのメッセージもありがとうございますね。 今ちょうど文化大革命の時代のところを読んでいて、今日か明日には読み終わると思います。この本は、お勧めですね。ぜひ読んでみてください(*^_^*) (2007/08/02 12:12)

中国全土でふきあれた文化大革命の嵐。作者いわく「嫉妬や怨恨といった人間の醜悪な本性をたくみに把握し・・・」
私自身の感想としては、国民党との内戦と同じくらい中国国民は打ちのめされたのではないかと思ってしまいました。
作者一家もこの嵐に正面からぶつかり、両親ともに迫害されます。自分ではどうすることもできず、苦悩する一家。一家は離散します。でも家族の絆は強いものになりました。祖母の死、母の病気、そして父・・・・
また作者の勉学に対する熱意はどうすることもできない状態に・・・それでも学校は異常な状態で、なれない農村や工場での生活。そして西側の国への憧れ、毛沢東思想への疑いも抑えることができない日々。作者は大学で英語を学び、26歳でロンドンへ留学する。ここで物語は終わります。
作者の毛沢東への偽りのない気持が、一番印象的でした。この作品のあと、毛沢東の伝記に取り組んだのも自然な流れでした。

« 藤田宣永「戦力外通告」 | トップページ | 真保裕一「奪取」 »

本・海外作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29878708

この記事へのトラックバック一覧です: ユン・チアン「ワイルド・スワン」:

« 藤田宣永「戦力外通告」 | トップページ | 真保裕一「奪取」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。