ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 三谷光喜「三谷光喜のありふれた生活4 冷や汗の向こう側」 | トップページ | 角田光代「八日目の蝉」 »

乃南アサ「いつか陽があたる場所で」

254 ☆☆☆☆

「同じ釜の飯」「ここで会ったが」「唇さむし」「すてる神あれば」の四作品。

共通の主人公、小森谷芭子(ハコ)と江口綾香。

舞台は東京の谷中です。

なんとこの二人「前科者」なのです。でも作者の彼女たちへの視線は、

限りなくあたたかいものを感じました。

でも、リアリティにはかなりあります。

特に「すてる神あれば」では、芭子と彼女の家族とのその後の顛末が

きちんと書かれています。

結婚が決まった弟との会話の部分。引き込まれました。

「新シリーズ!」との帯でしたので、この先も楽しみな作品です。

あと谷中で活躍するおまわりさん・・・なんか聞いたことある名前です。

お楽しみに。

いつか陽のあたる場所で Book いつか陽のあたる場所で

著者:乃南 アサ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 三谷光喜「三谷光喜のありふれた生活4 冷や汗の向こう側」 | トップページ | 角田光代「八日目の蝉」 »

本・乃南アサ」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

これ読みたいです!
前科者って・・・すごい設定なような気がする。
予約してくるべきでした。

この弟が取る態度って東野圭吾の「手紙」で主人公が決断したことなんですよね。違う立場が主人公になると酷く冷たい弟だと思えますが、やはりこれも罪を犯した事の罰なんですよねえ。
綾香が健気に思えるのですが、この先どうなるか気になり続きが読みたいです。

皆さん、ありがとうございます。

わったさん、ですよね。
確かに「前科もの」ですが、普通の女性です。
それゆえ、せつない(T_T)/~~~

パートママさん、私は芭子と弟の会話は、
息を呑んで読みました。
仕方がないと思います。
弟より、両親のほうが冷たいと思いましたけど、いかがでしょう?

いいですよねー今後の二人に期待してます♪

弟の対応はとても冷たく感じ、絶縁って・・・と納得いかなかったのですが確かに「手紙」の最後の決断を思うと犯罪の重さは全然違うけどある程度納得できますねー
でも親はそんな風に割り切れるのでしょうかー?

綾香がとても気になるキャラです!

ありがとうございます。もう読んでだいぶ経つのですが・・・今後楽しみということには、変わりありません。
親の割り切り方には、かなり引いてしまったのも事実でした。
トラックバックもありがとうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/9395070

この記事へのトラックバック一覧です: 乃南アサ「いつか陽があたる場所で」:

» 乃南アサ『いつか陽のあたる場所で』 [日々のつぶやき]
久しぶりの乃南さん♪ ミステリーではないです。 ちょっとだけ他シリーズとのリンクがー 「ボクの町」「駆け込み交番」の高木聖大が登場しています。 さて、主人公は小森谷芭子29歳。 家族から絶縁され、祖母の残した家に一人で住む、仕事は治療院の受付のバイトと... [続きを読む]

» 乃南アサ 「いつか陽のあたる場所で」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?]
http://www.shinchosha.co.jp/book/142549/ 【単行本より内容紹介】 二人には過去(マエ)があった。理由(ワケ)があった。だけど希望(サキ)も、なくはなかった……。 治療院の受付嬢、芭子29歳。パン屋のパート、綾香41歳。一見普通の生活を送る彼女たちはしかし、決して口に出せないある秘密を抱えていた――。警官の姿を見てはギョッとし、お年寄りの会話に加わってホッとする。ディープな下町・谷中を舞台に、大きな涙とささやかな喜び、そしてときどきハードボイルドな新生活が始ま... [続きを読む]

« 三谷光喜「三谷光喜のありふれた生活4 冷や汗の向こう側」 | トップページ | 角田光代「八日目の蝉」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。