ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« サンドイッチマン ☆ M1グランプリ | トップページ | 田村 裕「ホームレス中学生」 »

佐々木譲「警官の血」(下)

258番  ☆☆☆☆☆

あらずじ、帯より転記します。

過激派潜入の任務を果たした民雄は、

念願の制服警官となる。

勤務は父と同じ谷中の天王寺駐在所。

折にふれ、胸に浮かんでくるのは、

父の死の謎。

遺されたのは10冊の手帳と錆のういたホイッスル。

真相をつかみかけた民雄に

銃口が向けられる・・・・。

殉職、二階級特進。

そして、三代目警官、和也もまた特命を受ける。

疑惑の剛腕刑事加賀谷との

緊迫した捜査、追い込み、取引、

裏切り、摘発。

半世紀を経て、和也が辿りついた

祖父と父の死の真実とは。

○この真実・・・・ナイショですが、

「ありえるだろうな」とおもわせるもの。

すべての物語の流れがすばらしいです。

巧妙なトリックは出てきませんが、

読者の心をつかむのには、脱帽です。

登場人物のリアリティも、抜群です。

まさしく「このミステリーはすごい!」の第一位

と思います。

ひとりごと・・・・

まさかあの人が、ネックだとは・・・

和也があの人からいわれた

自分の父の死は、自殺のようなもの・・・

このとき、和也の心の中で

何かがはじけたように思えてなりませんでした。

その後の和也の行動は、それまでと違い

一皮むけたものとなったように感じました。

◎これから読む方へ、ひとこと!

時々、年月が一気に流れます。

速読する方は、気をつけて。

(私何回か、あせりました)

警官の血 下巻 Book 警官の血 下巻

著者:佐々木 譲
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« サンドイッチマン ☆ M1グランプリ | トップページ | 田村 裕「ホームレス中学生」 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
コメントありがとうございました。ほっそさんがこの作品の感想を書かれていたことを失念しており、コメントが遅れてすみませんでした。
3代に渡る力作でしたね。私は”時々、年月が一気に流れる”部分がちょっと物足りなく思われ、それが多少の減点対象になりました。下巻では剛腕刑事加賀谷の存在感が抜群でした。私は「親父さんをこえてるな。ふてぶてしい警官になった」にニンマリしちゃいました。

コメント&トラバありがとうございました。
私の場合、もともと「一代記」に弱いので、もう親子三代の物語といわれるだけで、ひれ伏す??ってところでしょうか? 信仰にちかいものがあるかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/9564574

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木譲「警官の血」(下):

» 警官の血(上・下)(佐々木譲) [ひろの東本西走!?]
警官の血(上・下)(新潮社)★★★★:80点(上:75点、下:85点) 上巻で描かれた戦後のドサクサ~昭和30年あたりの日本。貧しいけれどもある種の歪んだ熱気があり、ノスタルジックなムードもあって興味... [続きを読む]

« サンドイッチマン ☆ M1グランプリ | トップページ | 田村 裕「ホームレス中学生」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。