ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

嵐の三月も今日で終わります

この一ヶ月、まさしく嵐のような日々でした。

ただでさえ、年度末やら花粉が飛び始めるなどで、

あわただしい季節ですが・・・・・

今年は特別thunderthunderthunder

子供たちの進学なども、節目からみの行事。

特にひとりは、一人暮らしをはじめるにあたっての準備がありました。

二週連続で、都の風にあたりました。buildingbuilding

私もひどい花粉症ですが、もうひとり今年から発病しました。

(病院で検査しましたhospitalhospital

また、私自身何気なく検診に行ったところ、

「精密検査」といわれましたが、

これは、「経過観察」ということで、今すぐどうこうって言うことではなかった。

ほっと一安心heart02

お金は飛ぶように消えていき、金銭感覚がマヒdollar

まる10年、13万キロ走った車を買い替えることとしました。

ガソリンくうワゴン車から、プリウスに換えます。

もう注文しちゃったscissors

プリウス・・・・モデルチェンジの話もあるらしいのですが、

「そんなの関係ねえ~~」です。

親しいトヨタ系の販売店では、扱いがないのですが、

お願いしてしまった!!!

できないこともないらしい・・・のです。

5月末か、6月はじめに納車される予定。

また報告しますね。

こういうお金が忙しい時期に限って、物が壊れたり、

不意な出費があるので、気をつけなければ・・・

すでに免許証なくして、再発行したもらった・・・・

来年の夏で、更新なのにdownwardrightdownwardright

中島らも「中島らもの特選明るい悩み相談室 その1 ニッポンの家庭編」

299番 ☆☆☆

この前らもさんの奥様が書いた本を読んだので、

図書館にて借りてきました。

新聞で連載されていたときにも、読んでいたのですが、

ほとんど忘れている~~当たり前か??

でも、覚えてたのが載っていたのには、感激up

「私はね、死んだあとお骨になって火葬場でみんなに

見られるか思うと、恥ずかしくって死んでも死にきれない」

というおばあちゃん。

それに対して、らもさんは、

「やはり骨は人に見せるべきでない。おばあちゃんは正しい」との回答。

私も寿命はしょうがないし、私が死なないと

息子は一人前にならないというなら、仕方がないでしょう。

「東京タワー」って言う作品で、そんなセリフがありました。

でも、やっぱり骨を見られるのは、恥ずかしいですsad

中島らもの特選明るい悩み相談室〈その1〉ニッポンの家庭篇 (集英社文庫) Book 中島らもの特選明るい悩み相談室〈その1〉ニッポンの家庭篇 (集英社文庫)

著者:中島 らも
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【第5節 草津戦 ○ 1-0】

勝ち点 9 3勝2敗 順位 4位

仙台のホームゲーム・・・・

市内に別の用事で行ってたけど、ユアスタは素通りで

悲しい限りですweep

中原選手のゴールで勝ったとのこと。

今晩のローカルニュースが楽しみです。

真保裕一「誘拐の果実」

298番 ☆☆☆☆☆

真保作品で、いわゆるミステリーとなります。

2段組で500ページ弱あるのですが、ほぼ一気読みでした。

(病院などで待ち時間があったのでした)

まず、登場人物・・・

辻倉恵美、祖父母の政国、頼子、父母の良彰、耀子、弟の伸也。

宝寿会総合病院の一家です。

永渕孝治、バッカスグループの会長。

工藤巧、大学生。

恵美が東京で、巧が横浜であいついで誘拐される。

恵美を誘拐した犯人は、身代金のかわりに

入院中の永渕の命を要求してきた。

巧を誘拐した犯人は、身代金として

バッカスグループの株式で7000万要求してきた。

恵美も巧も命はたすかり、一応の解決を見ます。

別々の事件と思われていたのが、思わぬ展開!

恵美と巧は知り合いだったらしい・・・・・???

犯罪にいたるまでの動機。娘婿の良彰の立場。

親の知らない娘の秘密。巧の出生の謎。

病院と永渕の関係など、読み応えのある作品でした。

また、警察サイド、東京の警視庁の桑沢、

神奈川県警の加賀美がいい味出しています。

事件から8年後について、書いた最終章「誘拐の果実」が素晴らしい。

犯罪物を読んだ後とは思えないくらい、さわやかな気分になりました

誘拐の果実 Book 誘拐の果実

著者:真保 裕一
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この先生の作品を読み始めて、早一年。

先生に対する気持は、恋愛か?信仰か?

そこらへん、割り引いてくださいね。お恥ずかしい限りですlovely

浅田次郎「中原の虹 第4巻」

297番 ☆☆☆☆

長い長い物語も、完結しました。

軟弱な読者だったこと・・・・告白します。

結末として、「えっ」と思うところも多々ありましたが、

歴史は続いていくものなので、妙に納得してしまいました。

文秀が日本で過ごした、長い年月に思いを寄せました。

以前読んだ「中村屋のボース」を思い出しました。

祖国を離れなければ、自分が抹殺させる・・・

というぎりぎりの選択をしたわけですが、

いざ帰国と思うと、二の足をふむ文秀の気持が

なんとも言えず切なかったです。

歴史物が苦手な私ですが、なんとか読みきりました。

よく頑張ったと思います。

中原の虹 第四巻 Book 中原の虹 第四巻

著者:浅田 次郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「本棚が見たい!3」

296番 ☆☆☆

マイミクさんの日記で、著名人の本棚を見たいという気持が

強くなりました。

図書館で探したところ、ちょっと古いけど、この本発見!!

面白かったです。happy01

夫の蔵書は鬱陶しいけど、よそ様の本棚はなんと楽しいのかheart04

【第4節C大阪戦 ● 1-2】

勝ち点 6 2勝2敗  順位8位

大阪へ遠征での試合。

私は用事があって、情報遮断、結果のみです。

負け試合のあとは、ローカルニュースも見ず、ふてくされていますgawk

テンプレート変えました。サッカーオタクみたいでしょ。

【第3節 福岡戦 ○ 1-0】

勝ち点 6 2勝1敗 順位5位

ユアスタでのホーム開幕戦soccersoccer

NHKテレビでの観戦でした。

中島選手のPKでの得点でしたhappy01

でも、後半押し込まれて、見ていてハラハラドキドキ。

手芸がはかどりましたshock

伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」

295番 ☆☆☆☆

仙台でパレード中の金田首相が、ラジコンのヘリコプターを

使って、暗殺されました。

犯人とされた青柳雅春。

市内は厳戒態勢、封鎖状態、

この危機を青柳はどう乗り切るか??

彼とかかわりのある人たちは、彼を犯人と思うか、

濡れ衣と思うか、それならどうするか???

情報を垂れ流すマスコミ・・・あなたはそれを鵜呑みにしますか??

捜査なら、何をしてもいいのですか??

テーマは多数です。

魅力的な登場人物が多数出てきます。

私がイチオシは、青柳の宅配ドライバー時代の同僚、

岩崎英二郎・・・・「物事、ロックかロックじゃないか」で

判断するユニークな男。

面白くって、ついつい速く読みすぎたので、

いずれ再読したいですbook

ゴールデンスランバー Book ゴールデンスランバー

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」

294番 ☆☆☆☆☆

初桜庭作品。上下2段組で手ごわいかと思いましたけど、

予想外に読みやすく、感激しました。

山陰の山間の旧家「赤朽葉家」で起こる出来事。

千里眼の万葉(まんよう)、その娘で漫画家の毛毬(けまり)

そして孫娘の瞳子(とうこ)と三代にわたる「大河小説」と

感じました。

あらすじは、皆さん書いているのでこのさい省略(ごめん)

私、おとぎ話が相当苦手なのですが、

万葉が「千里眼」を持っているってこと、

自然に溶け込めました。

万葉の心理描写・・・とてもよかったです。

息子泪の運命が、あらかじめわかった万葉。

さぞつらかったことでしょう。

千里眼とは、ある意味残酷なものなのですね。

また毛毬は、漫画家になる前に

「レディース」なのですが、違和感もなかったです。

でも、なんで若死にしたのでしょう???

時代背景が鮮やかで、物語に「リアリティ」を

与えています。

昨年末読んだ、「警察の血」に近いものを感じましたねえ。

赤朽葉家の伝説 Book 赤朽葉家の伝説

著者:桜庭 一樹
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【第2節 岐阜戦 ○ 1-0】

勝ち点 3 1勝1敗 順位9位

アウェイ戦。オウンゴールで勝利。

息子の引っ越し作業に伴い、情報遮断。

結果のみ。とにかく勝ってよかったです。happy01

【第1節 湘南戦 ● 0-1】

いよいよ開幕。

平塚での試合でした。soccersoccer

関東方面にいたのに、情報すら遮断でした。

結果負けです。

シーズン長いですが、皆様おつきあいください。

平成の大学受験事情~~ファイナル~~

強風のため、新幹線がとまったあの日、bullettrainbullettrain

国立大学受験のために上京した彼。

その日に、私立大学の結果が確定して

二勝二敗weepと~~~~

目の前のことに集中するように言ったけど、

すっかり「敵前逃亡」でした。pout

試験場に向う付き添いの保護者の列・・・

試験もさっぱりできなかったようで、帰宅したら、もう終戦宣言でした。

出願していた後期は受けず、受かっている私立に行くと・・・

(夫は前言撤回したことが、気に入らなかった様子でした)

私も自分で決めたことなら・・・・そして卒業式を迎えました。

また、アパート探しや引っ越しに向けての段取りを

すすめていました。

そして、7日の12時、ネットでの発表です。

合否を学校に知らせる必要があったので、

本人に確認させたところ、思いがけず「合格」でした。

なかなか気持も整理できず、信じることもできず、

私も本人も・・・・

そして合格通知を見ないうちに、その日の夜、

新宿行きのバスに乗ったのです。

結局、私自身全く土地勘のない

東京の多摩地区に住むことになりました。

アパートも決めて、金曜日ワゴンで向かいます。

本人は木曜日の夜行バスで、

一足先に向い、学校やアパートの手続きをします。

まだなんだか、頭が混乱しています。

お金は、すごい勢いで飛んでいきましたけど・・・・

金銭感覚がマヒしそうです。bankatmdollar

中島美代子「らも」

293番 ☆☆☆

中島らもの夫人、美代子さんが中島らもと過ごした年月を

書いたものです。

私、中島らもは未読です。

新聞の「明るい悩み相談所」は、連載で読んでいたように思います。

らも作品未読の私でも、ぐいぐい読んでしまったので、

らも作品のファンの方は、私より楽しめるかもhappy01

やっぱり、夫婦のことって、ご本人しかわからないものですね。

薬がらみのスキャンダルでも、絆が全然変わらない様子・・・

妙に納得してしまいました。

らも―中島らもとの三十五年 Book らも―中島らもとの三十五年

著者:中島 美代子
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

宮尾登美子「錦」

292番 ☆☆☆☆☆

中央公論に約1年半、連載されたもの。

図書館に通ったついでに読みました。感激です。

主人公は、菱村吉蔵、男性の織物職人で経営者です。

旧大名家の茶いれ袋の復元をきっかけに、

国宝クラスの美術品の復元をして、一時代を作り上げていきます。

そして、皇室から依頼という大きな仕事をするように

なるのですが・・・・・

時代は明治、大正、昭和となります。

主人公も魅力的な人物ですが、彼をとりまく

登場人物もかなりのものです。

また、女性の登場人物として、

本妻のむら、使用人の仙、妾のふくが登場します。

それぞれ吉蔵に愛情をもっているのですが、

それぞれの立場があるっていうこと。

仙に関しては、かなり途中から私自身の思い入れが

ふくらんできました。

なんとか幸せになってほしい、なんとか不幸にはならないほしいって。

そして、最終回ラスト・・・・・

宮尾先生は、私の想像を超えた結末を仙に与えました。

本になって読んだら、泣いてしまうでしょう・・・

今週末東京へ、行ってきます。

息子のアパート探しが主な目的ですが、

今週末東京へ行ってきます。

夜行バスで往復します。bus

こんな無茶は最初で、最後にするつもり。

来週もいろいろスケジュールが詰まっているのです。

「平成の大学受験事情~~ファイナル~~」は

帰ってきてから更新します。

坂木 司「動物園の巣」

291番  ☆☆☆☆

3作目にして、私として好きな長編でした。

動物園でおこる捨て猫への虐待・・・・

この問題を通じて、登場人物それぞれが

自分の過去と向き合うという展開でした。

鳥井をいじめた谷越が、登場してきたときには

息がつまる思いでした。

鳥井は少しずつですが、大人になっていて・・・・

最悪の展開はさけられ、ほっとしました。

また、滝本と妹美月の関係、

鳥井と坂木、ともに「依存」しあう関係だったのです。

なかなか深い作品だったですね。

動物園の鳥 (創元推理文庫) Book 動物園の鳥 (創元推理文庫)

著者:坂木 司
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

坂木 司「仔羊の巣」

281番 ☆☆☆

「青空の卵」の続き。

私としては、ちょっと中だるみを感じてしまったけど、

それなりに楽しめました。

(それが微妙な☆3つですが、お勧め本ということでpaper

坂木の同僚の女性佐久間さんをめぐる

心あったかな物語。

地下鉄の駅で遭遇した危険な??少年利明の物語。

女子高校生におそわれる坂木。

その真相は??

重度のアレルギーの話が出てきました。

私はちなみに花粉症。

それも中年になってからの発症でした。

春のスギと初秋の雑草(イネ科)に反応するようです。

それにここ5年ほどの間に二回

ひどい蕁麻疹を体験しました。

「ふきのとうのてんぷら」が怪しいようです。

1回目は日曜日でしたので、救急外来へ~~。

2回目は食べて30分もしないうちに吐き気でトイレに直行、

そのまま内科へいったのです。

フォークグループの「ふきのとう」は、

相当好きなのですがshock

仔羊の巣 (創元推理文庫) Book 仔羊の巣 (創元推理文庫)

著者:坂木 司
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

8年の空白~~ねんきん特別便

Cimg1188

土曜日、ねんきん特別便がやってきました。

開封して、仰天weep

昭和63年から平成8年までの8年間の記録がない!!!!

この間は、退職したり、改姓したり、住所が変わったり、

そのつど手続きしました。

年金手帳にすべて記入があったのに、

すべて抜け落ちていました。あらあら・・・・・

今日専用ダイヤルに電話telephone

休み明けでなかなか繋がらない~~あせるのです。

つながったあと、手続きを教えてもらいました。

きちんと提出すると、いずれ訂正後のが送られてくるとか。

社会保険事務所に出向く必要もないそうです。

これがその回答書。Cimg1191

バック製作その2

この前写真公開したの、大きすぎたので再挑戦。

今度はうまくいくかなあ~~lovely

やっぱり大きすぎた~~~。ごめんなさい

Cimg1173

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。