ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« デカ盛り、大食い、大笑いしました☆ | トップページ | 斎藤由香「猛女とよばれた淑女」 »

宮部みゆき「理由」

300番 ☆☆☆☆

キリ番なので、再読シリーズです。

何年かぶりに読んだけど、自分の記憶のあいまいさに絶句sad

登場人物ほとんど忘れていました・・・・

唯一覚えていたのは、小糸一家だけ・・とは我ながら情けない。

それはともかくあらすじ

タワーマンションの一室に3人の死体、ベランダから落ちたと思われる

もう一人の死体。

一家四人殺害と思われたこの事件には、大きな裏がありました。

まず殺されたのは、持ち主の小糸一家と思われましたが、

小糸一家は、ローンで破綻していたのです。

どうも殺されたのは、占有屋といわれる人たちらしい

これも家族じゃない人たちの寄せ集めらしい。

未婚で母になった宝井綾子。

子供の父親の八代祐司が、どうも関係あるらしい。

綾子と事件の関係は?

裁判所の競売で、このマンションを買った石田直澄。

事件後、ゆくえが知れない彼は、事件の犯人なのか?

石田の存在に気がついた、簡易旅館片倉ハウスの人たちは、

どうするのか??

「身の丈にあった生活をしなければいけない」ってこと、

いまさらながら思いました。

やっぱりこの事件は、小糸一家がきちんとしなかったから・・・って

想いがますます募ります。

また、家族ってなんだろうって・・・八代祐司の生い立ちが気になって

しょうがありませんでした。

理由 Book 理由

著者:宮部 みゆき
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« デカ盛り、大食い、大笑いしました☆ | トップページ | 斎藤由香「猛女とよばれた淑女」 »

本・宮部みゆき」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

これ、私も読みました。
結局のところ「片倉ハウス」のような地道な方々が一番強いんだなぁとしみじみ感じました。地に脚がついているというか・・・色々あっても何とか折り合いを付けてやっていくみたいな。。。
イザとなったらそんな人たちが一番踏ん張れるような気がします。

読んだのですが、いまいち覚えていなくって。。。
確か読んでる最中でも、文体がいつもの宮部みゆきっぽくなくて、のめりこめなかったのだけ覚えてます(笑)
私も再読してみようかな♪

私も文庫化されてすぐ読みました。

何かの書評で
「鳥のような俯瞰の目線で見下ろしたかと思うと、地を這う蟻のような目線で人物像を浮かび上がらせ…」みたいなことが書いてあったのがとても印象的で…

宮部さんのは「江戸もの」も好きですが、
現代ミステリーがやっぱり好きです。
「明日は我が身?」と思えてしまうところがとても怖ーいです。

直木賞受賞作なのですが、私には彼女の作品の中では少々評価が低いです。
映像化されていて、そちらの方が解りやすくて良かったかな。

この作品は割合賛否両論なんですね。
私は大好きなんですが。。。
大林監督の映像化された物も見ました。
でもやはり宮部みゆきの文章には勝てていないと私は感じました。
たくさんの登場人物がだんだん交差していく過程がなんとも言えず興奮というかドキドキというか。。。面白かったです!

これダメだったんですよ~私。
どうもルポタージュ形式なのが合わないようで・・それでも前半は何とか頑張っていたのですが、後半は流し読みしてしまいました。

大好きな筈の宮部作品なのに完読していない悔しさから、いつか再挑戦!と思いつつ未だ。

やっぱり頑張って読んでみます!

有名な作品なのに結局未読です。
宮部さんの作品は江戸ものが好きでいくつか読みましたが、
現代ミステリーも魅力的ですよね。
これもいつかぜひ挑戦したいです。

皆さんありがとうございます♪
読んだ方、まだの方、いろいろいらっしゃるとは思いますけど、彼女の名前を一流にした作品であることには間違いないとおもいます。

わったさん、そうそう片倉ハウスの方々の石田への対応・・・アッパレでした。私はああはできないなあshock

kanakanaさん、私もあまりの忘れっぷりに自分でも愕然としました。連載時に断念したくらいですから・・・

tsukiさん、私彼女の作品、現代もの以外はパスかなあ~~ 頑張って「江戸もの」二つくらい読んだけど、もうパス!!です。SFももちろんパス! 「楽園」もよかったですbook

わーこさん、私映像の件、未知です。確かに映像化したほうが分かりやすいかも。キャラクターの設定も鮮明になるしね。

ゆきみちゃん、最近の宮部作品では、私的にイチオシは、「名もなき毒」かなあ。強烈なキャラを書かせたいですね。

hitoさんが斜め読みだったとはdownちょっとビックリです。最近の作品とは、違って、いろんな意味でねばっこい描写ばかりです。

はぴさんが未読だったとは~~coldsweats01 私は宮部作品では、この種の作品が大好きです。次は何でしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/12355815

この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆき「理由」:

« デカ盛り、大食い、大笑いしました☆ | トップページ | 斎藤由香「猛女とよばれた淑女」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。