ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

桜庭一樹「青年のための読書クラブ」

317番 ☆☆☆

聖マリアナ学園読書クラブの「会報誌」の形をとった作品。

学園の歴史で、表に出にくいことをつづったものです。

やっぱり創立者のマリアナが、一番でしょう。

この方の秘められた「なぞ」が、一番ミステリアスheart02

そんなことできるはずがない!!って思えるのに、

もしかしたら・・・・・・と考えてしまうのが、この作品の魅力でしょう。

当初第一章と第五章だけだったのに、

残り書き下ろしたことで、重みが出てきました。

近未来の2019年の学園。

女子校が共学に、学園の校舎が崩壊。

ブーゲンビリアに注目です。

(ネタばれしそうなので、このへんで)

青年のための読書クラブ Book 青年のための読書クラブ

著者:桜庭 一樹
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

水野敬也「夢をかなえるゾウ」

316番 ☆☆☆

今ベストセラーで、今度テレビになるらしい、話題作。

ガネーシャと称する象にしかみえない神様。

僕の前に突然あらわれた!!

「変わりたい!!」と嘆いていた僕にガネーシャは、

関西弁であれこれ指導??を開始する。

僕は変われるのか??

いわゆる「自己啓発本」にくくられるのでしょうが、

理屈っぽくなく楽しく読めました。

世間でいう有名人や偉人のエピソードも多数登場します。

釈迦から、イチローまでとは守備範囲広すぎshine

巻末には多数の参考文献もあり、これも楽しい。

夢をかなえるゾウ Book 夢をかなえるゾウ

著者:水野敬也
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

山崎ナオコーラ「指先からソーダ」

315番 ☆☆☆

新聞の土曜版で連載されていたもの。ずっと読んでいたので、

図書館で見つけて、迷わず借りてきました。

それ以外のエッセイもまとまっています。

彼女の息苦しい思春期を書いたのが、印象に残りました。

受験でなにも書けず、涙が答案用紙に落ちたっていう逸話も・・・

小説は読んだことないけど・・・・

おすすめのありましたら、教えてください。

指先からソーダ Book 指先からソーダ

著者:山崎 ナオコーラ
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マルキューの店員は、柳原可奈子にそっくりだった

毎週日曜日、「からだのキモチ」と「がっちり!マンデー」を

楽しみに見ています。

健康オタクの私としては、「からだのキモチ」は外せません。

「がっちり!」のほうは、田舎でのんきに暮らしている私が

社会科見学と思って、へ~~を連発しています。

昨日のテーマは渋谷にある109、通称マルキューの儲かり術。

柳原可奈子の物まねって、超リアルだったのねpunchpunch

また店員さんのプロ根性には、脱帽しました。

「全身買い」なんて言葉、初めて知りました。

私もときどきユニクロで、マネキンと同じの買ってくるけど・・・・

お客さんにすべてまねされるなんて、快感だろうな??

琴欧州初優勝に思うこと

大相撲夏場所が終わりました。

カド番だった琴欧州が、あれよあれよという間に優勝sign03

大関になってから、影がうすくなったような気がしてたのは私だけ??

せっかくの優勝なのに、今日のスポーツ紙の一面は、

昨日の横綱決戦の番外編で、興ざめです。

彼の師匠の佐渡ケ嶽親方も、ほんとにいい方。

勝利後、握手しているお二人を見ているとほのぼのします。

亡くなった先代の親方も、きっと喜んでいることでしょう。

【第16節 福岡戦 ● 0-2】

勝ち点26 7勝3敗5引き分け 順位5位down

九州に残って、福岡での試合。

福岡は連敗が続きで、ごたごたの模様。

なんか「執念」に負けたって、感じました。

スカパーの中継も、あちらにひいきしているように聞こえ、

不愉快thunderthunder

まあ~~負けるときはこんなもんです。

気を取り直していきましょうrun

【第15節 熊本戦 △ 2-2】

勝ち点 26 7勝2敗5引き分け 順位3位down

熊本への遠征。

ここ何年か、暑い時期に暑い土地へ遠征すると

勝てないものだって「刷り込まれている」私。

中二日で熊本への移動を考えたら、

よく頑張ったと思います。

またすぐ福岡で試合があります。

セレッソが勝って、順位は抜かれたけど、

ここはベガルタより負け数が多いのも不思議。

とりあえず、一回り終わりました。

もう3分の1終わったんですよsoccersoccer

最近のお買いもの事情

長男が上京して、毎月家賃を管理会社に送金する暮らしとなりました。

ずっとそうでしたが、綱渡りですねえ。

私がパートに行っていた時は、時間の使い方が、

パートを辞めてからは、お金のことが・・・

「節約術」には、かなり詳しくなったと自負しています。

実践のほうは、まだ日々勉強ですがmoneybag

最近の「物価高」には驚きです。

特に小麦製品、紙類は、値上がりしたと思います。

なにせ小学生のころ、石油ショックを体験。

店の棚がからっぽになったの、覚えています。

今は高くても、品切れがないだけいいとしなくては・・・

日々のお買いものに関しては、

とにかくお値段と消費しきれる量に注意してます。

値段の関係で、プライベートブランドを選ぶことも増えてきました。

以下私のお勧め商品です

sunヨーカドーの100円菓子

(ずっと前から、イモケンピとゴマステックは好物でした。名前ちょっと不正確)

sunヨーカドーの「部屋干しOK」計量スプーンなしですけど、いい香り。

sunヨーカドーのだしがきいている焼きそば(カップ焼きそばです)

ほんとにいいだしがきいていて、これで98円。

sunトップバリュのヨーグルトと焼きプリン。

4個入りはお買い得感あります。

柴田よしき「ア・ソング・フォー・ユー」

314番 ☆☆☆

私立探偵花ちゃんのシリーズ。

連作短編となっています。

「ブルーライトヨコハマ」「アカシアの雨」

「プレイバックPart2」「骨まで愛して」

と昭和世代には懐かしい歌謡曲のタイトルです。

依頼は、人探し、ペットのオウム探し、遺骨探し・・・

その間、生まれたての赤ん坊がにこにこ園そばに

置き去りにされます。

社会の底辺に生きる人たちにやさしい花ちゃん。

これって二時間ドラマにぴったりと思います。

船越さんが花ちゃん??

ア・ソング・フォー・ユー Book ア・ソング・フォー・ユー

著者:柴田よしき
販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

5月のバッグ製作

今月完成はたぶんこれだけです。

先月作成したのの同じの。

青白で調和させました。003

前のと作り方、変えました。

このパターンは、「ログキャビン」というのですが、

いくつか作り方があります。これは、紙にパターンを書いて、

そこにミシンで縫いつけていく方法をとりました。

はさみより上手にテープ状の布がきれる、

カッターを買いましたhairsalon

そして、次は少し大作に挑戦。1ヶ月は、最低かかるでしょう。

006_2 こんな感じで、キルト芯と裏布に直接縫い付けていきます。

008_2 赤系の配色。

基本はむら染めの布です。

ミドリ系の配色です。二つ同時進行のほうが能率がいいです。

作り方を忘れないのです。少し風邪気味ということで、

ジムにも行かず、夢中でやっていました。

005

【第14節 山形戦 ○ 3-2】

勝ち点25 7勝2敗4引き分け 順位2位up

隣県の山形との試合。みちのくダービーと呼ばれています。

過去もすごい試合ばかりで、引き分けが多くて、

お互い一歩も引かない!!のです。

さて、この試合は、ベガルタサポとしては、思いがけない展開にbearing

前半のうちに2点先制されたのです。

このままずるずるいくのかと思ってたら、後半すっかりお目覚め。

3点とって、逆転しました。

試合後、岡山選手が号泣しているのには、

私のほうがもらい泣きしそうです。

でも、涙は昇格までとっておきます。

荻野アンナ「蟹と彼と私」

313番 ☆☆☆

小説もエッセイも全然読んだことのない作家さん。

広告で見て、気になっていたので、図書館で借りてきました。

作者と事実婚のパタさんが「食道がん」になってしまった。

そして闘病生活がはじまるのですが、病気の進行は

想定外のものでした。

連作短編として6作品はいっていますが、

まるで「ノンフィクション」とおもう場面

現実感のない描写の場面。

夫婦漫才の台本みたいなところ。

はっきりいってよくわからなかったです。

ひとつ大きく伝わってきたこと、「がんという病気の恐ろしさ」です。

つい先日テレビで「余命一か月の花嫁」を見ていたので、

作者とパタさんがどんなに無念だったろうかと想像していました。

蟹と彼と私 Book 蟹と彼と私

著者:荻野 アンナ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【第13節 甲府戦 ○ 2-0】

勝ち点 22 6勝2敗4引き分け 順位 3位

ホームでの試合。

お互い攻撃に特色があって、見ていて楽しかったhappy01

民放の放送を岩本輝雄さんの解説で見ていました。

彼が、解説者なんて・・・時の流れを感じますdash

試合は、平瀬選手のクロスに岡山選手がゴール!

佐藤選手のクロスに中原選手のヘッドでゴール!!

勝った試合のあとは、テレビ見たり、翌日のスポーツ紙も楽しみ。

スポーツ紙はベガルタのところ、切り取って保管してます。

昇格したら、もう一度読み返そうと思っているのですが、

実現しないと、生ゴミくるんで捨てていたのが、現状pout

さて今年は??

林真理子「美貌と処世」

312番 ☆☆☆

文春連載の真理子さんのエッセイの最新版。

藤原紀香の結婚など、時事ネタが多いのです。

相変わらず、有名人へのまなざしは鋭いですね。

彼女ほど、家庭のにおいを感じさせないのも

すごいなあ~~といつも思っています。

だんなさんのことは、時々出てきますが、

お子さんのことは、まず出てきません。

このあたりは、潔いと思っています。

Book 美貌と処世

著者:林 真理子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本の画像なし、がっかりです。

これでパソコン壊れていた間の、本の感想の更新完了です。

メモっておくのも結構しんどいので、がんばりましたscissors

三谷幸喜「三谷幸喜のありふれた生活5 有頂天時代」

311番 ☆☆☆

理屈抜きで楽しいですね。新聞の連載も読んでいますが、

まとまったものも楽しいです。

時事ネタが少ないのですが、この本には

「太蔵議員」のことが出てます。

だから、あの選挙のころに書かれたものです。

彼の20年後に期待してます!とのことでしたが、

私も同感です。

たとえ政治家でなくても、ユニークな存在でいてほしいです。

三谷幸喜のありふれた生活〈5〉有頂天時代 Book 三谷幸喜のありふれた生活〈5〉有頂天時代

著者:三谷 幸喜
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

山本譲司「続獄窓記」

310番 ☆☆☆☆

私が、刑務所や裁判の本を読むようになった大きなきっかけは、

この作者の「獄窓記」です。

刑務所内の想定外の現実に言葉を失いました。

この本は、「獄窓記」を書くまでの話。書いている間、書いてからの話。

こんな構成になっています。

出所後、刑務所でのことを書こうと思うまでの作者の苦しみ。

正直な方なのですね。刑務所にいる間より、辛い現実。

前科者になっていしまったことへの思い。

読んでいてつらかったです。

刑務所であった仲間の実家へ、たずねていくエピソードが

一番こたえました。weep

作者の思いは、少しずつ世の中に伝わっていくのです。

すこし明るいものも感じました。

獄窓記 続 (2) Book 獄窓記 続 (2)

著者:山本 譲司
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

真保裕一「朽ちた樹々の枝の下で」

309番 ☆☆☆

北海道富良野の森が、舞台。

森林組合で仕事をする、尾形健夫(おがたたけお)が主人公。

彼が語り手になって、進む物語。

健夫が、早朝の森で、若い女性を助けたことから、はじまる。

しかし、この女性は診療所から逃げ出す。

健夫はこの女性のことを調べ始め、

自衛隊員塩谷が、爆死した事件をしる。

この女性は、塩谷と関係あるらしい・・・

健夫はこの調査にのめりこんでいく。なぜか??

健夫は一年前、妻佳代子を交通事故で亡くしていた。

離婚を切り出したその日の夜のことだった・・・

組合内部の人間模様。国有林をめぐる話。

自然保護団体のこと、かなり面白かったです。

先生らしい森林の中の様子の、描写もすてきでした。

朽ちた樹々の枝の下で (講談社文庫) Book 朽ちた樹々の枝の下で (講談社文庫)

著者:真保 裕一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆行きつけの図書館では、もう真保作品を読み尽くしてしまった私。

県立図書館のリストで見て、まだ読んでいないのは、

「奇跡の人」「取引」「盗聴」の三冊になりました。

取り寄せしてもらうか、ブックオフで買うか・・・

今年中には完了したいですbook

海堂尊「医学のたまご」

308番 ☆☆☆

コミュのともさんのコメントを見て、読みたくなった本です。

私が子供のころは、ヤングアダルトという分野はなく、

児童書を卒業したあと、背伸びして大人の小説や

エロいジュニア小説を読んでいたことを思い出します。

中学生の曾根崎薫くんが、ひょんなことから

東城大学医学部に籍をおくことになります。

(中学にも籍をおきながらなので、二重学生生活?)

そこの藤田教授の研究にかかわっていくことになるのですが、

薫少年がそこで見たものは、大学病院の研究室にある

大人の事情そのものでありました。

藤田教授が、功名心のかたまりで、いやらしい人物そのもになっていて、

薫少年は、巻き込まれ、振り回され・・・そして結末。

彼は濡れ衣を晴らせるのか?

アメリカにいるパパからのメール作戦の結果は?

物語も面白かったけど、作者のあとがきがよかったです。

「医療の仕事に就きたいと思っているあなたへ」

「医師や看護師に絶対なりたくないと思っている人たちへ」

そして、「小説家になりたいと思っている人へ」

ここが一番よかったので、引用します。

「物語は書こうとして書けるものではありませんが、

あきらめず毎日を一生懸命生きること。

するとある日書けるようになります。」だそうです。

医学のたまご (ミステリーYA!) (ミステリーYA!) Book 医学のたまご (ミステリーYA!) (ミステリーYA!)

著者:海堂 尊
販売元:理論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【第12節 広島戦 ○ 1-0】

勝ち点19 5勝2敗4引き分け 順位4位

前節お休みのときに、ライバルチームが勝利していて、

勝ち点がプラスされていたのです。

広島への遠征。現在首位の広島(昨年J1よりの降格)

広島のエースは、元仙台の佐藤寿人選手・・・

すごい試合でしたupup

お互い必死に攻め、そして守り、見ごたえのある試合でした。

0-0のまま試合は進み、どちらも決定的なチャンスがありましたね。

初出場の萩原選手、ナイスセーブの連続でした。

スコアレスドローも覚悟した、ロスタイムに入って、

なんと!!なんと!!なんと!!

途中出場の佐藤由紀彦選手のクロスに

中原選手のヘッドがズバリ・・・ゴ~~~~ル!

何回かこのパターンを試みていたのですが、

うまくいかないで、ラストチャンスにずばり成功しました。

【第11節 お休み】

J2リーグに詳しくない方は、このお休みっていうのよくわからないかもしれませんね。

このリーグは、15チーム。昨年までは13チームです。

ということは、必ず一つのチームは、試合がないっていうこと。

また、昨年まで13チーム、総当たり4試合ずつ。

本拠地(ホーム)と相手の本拠地(アウエィ)で2試合ずつでした。

さすがに今年は、4試合を設定するのは、無理なので、

3試合ずつ。

だから、相手チームによっては、ホーム1試合、

アウエィ2試合ってこともあります。

いつもは、対戦ひとまわりで「第1クール」って言い方して、

第4クールまでありましたけど、今年は第3クールまでしかない、

はじめての年。まだ第1クールであります。

【第10節 鳥栖戦 ○ 3-0】

勝ち点16 4勝2敗4引き分け  順位2位shineshine

今シーズン、最高の試合でした。

今までのうっぷんを晴らすような、ゴール、ゴール、ゴール!!

特に関口選手のゴールがよかったです。

彼、すごくなんか成長したって、気がする。

すっかり母の気分でしたheart04

【第9節 水戸戦 △ 3-3】

パソコン不調中の試合。結果のみ・・・

3点取ったのに、3点取られて、またまた引き分け。

こういう時期は、ただ耐える・・・

4戦つづけてdown引き分けdown

ヘルガ・シュナイダー「黙って行かせて」

307番 ☆☆☆☆

1937年生まれの作者。4歳で母と生き別れてしまう。

母は、子供を置いて家出したのだった。

母の向かった先は、アウシュビッツ。

そこで、看守になっていた。母は、ナチスの親衛隊だった。

彼女自身も、決して幸福とはいえない子供時代をすごし、

結婚後、イタリアへ。

母の経歴を初めて知るのは、母と別れて30年後。

そして、その後27年後に再会。そのことをつづったのがこの本です。

タイトルの「黙って行かせて」にちょっと?だった私。

本文には、「黙って行かせて、お母さん」とあります。

意訳すれば、

「私はあなたを憎むことはできない。でも愛せない。

あなたのしたことは、受け入れられない。

娘から母にそれは言えない。

何も言わず、ここから離れたい」・・・ということでしょうか。

母もいわゆる認知症で、言動はかなり変です。

でも自分の過去については、誇りを失っていない様子を見て、

作者は絶望的な気持になります。

三浦しをんのエッセイで紹介されていた作品。読み応えがありました。

おすすめします。

黙って行かせて Book 黙って行かせて

著者:ヘルガ・シュナイダー
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

山形の観光地~山寺へドライブ~

隣県ですが、私初めて行きました。夫は数回行ったことが、あるとかhappy01

連休なので、駐車場の心配がありました。これは、早く行くしかないと、早起きしてのお出かけです。

さすがに、早かったので、駐車場は満車ではなく助かりました。

新緑、八重桜、きれいでした。096

他府県ナンバーの車が多数で、「連休」を感じました。

やっぱり、駐車場に戻ってきたときは、長い列でした。

そのあと、天童で日帰り温泉を楽しみ、のんびり帰ってきました。

084   090

101

パソコン来た!

結局Dellで、買いました。車のお金も未払いだというのにcrying

とりあえずご報告まで・・・

なにせセットアップは、はじめてのことでありまして・・・・

疲れた・・・

このあと、プリンターが動くかやってみます。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。