ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« ルーシー・モード・モンゴメリー「赤毛のアン」 | トップページ | 【第29節 甲府戦 △ 2ー2】 »

『女の子は、その必要があろうとなかろうと、生活費くらい自分でかせげて自立していた方がいいからね』

「赤毛のアン」の中のアンの養母、マリラのセリフです。

マリラが学校の先生から、アンの受験を勧められて、それをアンに話す場面で出てきます。

高校生の時に読んだ時は、素通りしたセリフ。

アン関連本での指摘で、初めて気がつきました。

100年前に出た本で、本の中でも頑固な独身女性として登場するマリラにこのセリフを言わせるとは・・・・いろんな意味ですごいことだと思います。

また、終盤この本で、マリラが眼の病気がわかり、

医者から読書も裁縫も止められ、泣いて悲しむ場面があります。

私がもしそうなったらと思うと・・・・

健康は大切にして、粗末にしないようにと、思うのでした。

« ルーシー・モード・モンゴメリー「赤毛のアン」 | トップページ | 【第29節 甲府戦 △ 2ー2】 »

座右の銘とまではいかなくても♪」カテゴリの記事

コメント

同じ物語でも読む時期によって
まったく違う顔を見せてくれるものですね。
私もアンに近かった年齢がいつの間にか
マリラ側に来てしまいました(泣)
どちらかといえばダイアナが好きで、こんな女の子を育てたいと思っていましたが・・・
まるっきりアンのよな娘が出来上がってしまいました(号泣)
血は争えないということでしょうか。。。
お互いに身体をいたわって人生の秋を楽しみましょうsmile

なるほど。考えさせられる言葉ですね。

『赤毛のアン』今年は100年とかで、新潮社が読書感想文の募集をしているみたいです。大人も書けるみたいで、大人の部の審査員はなんと梨木香歩さんだとか…。久しぶりにいかがですか?

「『赤毛のアン』100年なの?源氏物語と一緒?」と口にして違和感を感じた私。「ケタが違う!」と鋭いツッコミが…coldsweats01

ありがとうございます。
わったさん、アニメではマリラもレイチェルもふっくらした女性で出てきます。私も体形まで似てきたような気がします。
娘さんがアンそっくりとは、すばらしいではありませんか? 私はダイアナより、アンですscissors

なぎさん、するどい突っ込みをしたのは、どなたでしょう? 新潮社と言えば、村岡花子訳のほうも、新しいの出る(出た?)みたいです。お孫さんが取り組んだそうですよ。

赤毛のアンシリーズは読破しました。
珍しく買ったんですよね~。
私が持っているのは、山本容子挿画のものです。
私はマシュウの優しさが好きだったなぁ。
確か、アンは長男のミドルネームにマシュウの名前をつけたんですよね。
(マリラの名前は末っ子につけたんですよね)

ありがとうございます。「赤毛のアン」は、再読しますけど、この続きは読んでいるはずですが、すっかり忘れています。マシュウといえば、アニメの「そうさのう~~」っていうセリフがいいですね。
ネットで検索したら、アニメ30周年記念で一部動画も公開されてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/22677068

この記事へのトラックバック一覧です: 『女の子は、その必要があろうとなかろうと、生活費くらい自分でかせげて自立していた方がいいからね』:

« ルーシー・モード・モンゴメリー「赤毛のアン」 | トップページ | 【第29節 甲府戦 △ 2ー2】 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。