ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 玉岡かおる「お家さん(下)」 | トップページ | 【第25節 鳥栖戦 ○ 2-1】 »

真保裕一「奇跡の人」

332番 ☆☆☆☆

映像化(テレビ)のとき、出版社とトラブルになったという作品。

(エッセイで読んでいました)

私、ドラマは知りませんが、真保先生は、作家になる前、

映像の世界(アニメ)で仕事をしていた作家さん。

そういう経緯も納得するような、なかなか濃厚な作品でした。

主人公は相馬克己。8年前の交通事故で脳死に近い状態だったところから、

奇跡的に回復して、誰しも彼を「奇跡の人」と呼びます。

でも、彼は8年前すべてを失っていたのです。

すべての記憶を・・・

献身的な看病をしていた母もなくなり、

克己は、退院して社会に戻るのですが、

8年前どうしてこういうことになったのか?

自分はどんな暮らしをしていたのか?

この疑問にぶつかって、苦悩します。

そして、周りに嘘をついて、自分の過去を調べ始めます。

不器用にしか生きられない、真保作品でよく登場するキャラ。

克己の現在と母が残した「克己の看護記録」と

交互に話が進みます。

この母の言葉も重すぎて・・・・・

そして、自分の過去を知った克己。

克己とかかわった同級生たち。聡子は克己を理解できるのか・・・

奇跡の人 Book 奇跡の人

著者:真保 裕一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 玉岡かおる「お家さん(下)」 | トップページ | 【第25節 鳥栖戦 ○ 2-1】 »

本・真保裕一」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

テレビドラマの方を観ていましたhappy01

結構はまってしまって、
今度、原作読も~と思っていて、すっかり忘れててsweat01
今、東野圭吾の「さまよう刃」を読んでます。
それを読み終わったら本屋さんで探してみたいです。

ドラマは結構ダークな雰囲気でした。
主役が山崎まさよしではまってましたけど…。

私もドラマの方で拝見しました。
内容に関してはもう随分前のものなので、ほとんど覚えていませんが、山崎まさよしさんの大ファンになったきっかけともいえる作品でしたheart04
tsukiさんと似てますね(笑)
でも本当に山崎さんの演技がとても素晴らしかったことは覚えています。
本業は歌手なのに、すごいこの人・・・heart
と思いました。
でも映像化するときに出版社ともめたという話は初耳でした。

ありがとうございます。
tsukiさん、読んだらぜひドラマの印象との違いを教えてください。でも、「さまよう刃」のあとでは、ちょっと気がめいるかもしれません。なにせ「さまよう刃」はあの内容ですからwobbly

じょせさん、出版社ともめたことは、「夢の工房」で読んで知りました。主役はイメージぴったりですねhappy01
連ドラ見ない私。こういうときつらいです。

ドラマ→原作の順でした。
原作というより原案といったほうがいいのかも。
主人公の基本設定しか同じじゃなかった記憶があります。
松下由起が演じた役のせいだと思います。
原作ではチョイ役だったのに、ドラマでは主人公でしたもん。

kanakanaさん、ありがとうございます。チョイ役が主人公?? まさか聡子役ってこと??
そりゃ「勝手にしろ」っていいたくもなる・・・
ほんとに作者さん、「勝手にしろ」っていったようで、その結果本当に勝手にされたそうですdespair

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/22158650

この記事へのトラックバック一覧です: 真保裕一「奇跡の人」:

« 玉岡かおる「お家さん(下)」 | トップページ | 【第25節 鳥栖戦 ○ 2-1】 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。