ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 絲山秋子「ニート」 | トップページ | 【第27節 草津戦 △ 0-0】 »

桜庭一樹「荒野」

338番 ☆☆☆

2005年、2006年に発表した「荒野の恋」に足して、

三部構成にした作品。

山野内荒野(こうや)の中学入学(12歳)から、高校生(16歳)まで

丁寧に描いた作品でした。

父は恋愛小説の大家。

父子家庭で、住み込みの家政婦さん(菜々子さん)が同居しているのです。

入学式の日に、神無月悠也(かんなづきゆうや)と出会う場面からのスタートです。

その後、彼は同級生になり、なんと家族になってしまうのでしたdash

父の再婚相手として、登場する蓉子さん。

蓉子さんの行動にドキドキでした。

妊娠中の情緒不安定で、浮気相手の名刺を食べ、病院に駆け込む蓉子さん。

きわめつけのセリフは、臨月のおなかをかかえて、

「早くでてきてくれないかしら。そろそろ女にもどりたいわ。

あぁ、もどりたい、もどりたい」

こんなこと、考えもしなかった過去の私coldsweats02

荒野と悠也の関係もかなり微妙です。

昔読んだ「ジュニア小説」の世界ですね。

私としてお気に入りだったのは、物語の舞台の鎌倉。

彼女の家のある北鎌倉。学校がある鎌倉。

どちらもとても素敵なまちです。

また、登場するお菓子「うさまん」

鳩サブレは知ってたけど・・・

家族のその後を知りたくなる展開でした。

荒野 Book 荒野

著者:桜庭 一樹
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆うさまんの件。ネットで検索したら、鎌倉にもあるようですし、

東京にもあるようです。おまんじゅうに兎のもようをかいたものですね。

この本でも特にどこの「うさまん」というのは、書いてなかったけど、

雰囲気を作るのに一役かっています。

« 絲山秋子「ニート」 | トップページ | 【第27節 草津戦 △ 0-0】 »

本・桜庭一樹」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

ほっそさんTB&コメントありがとうございました~happy01
鎌倉を舞台にした作品って、まんがでも小説でもわりとよく目にするのですが、これほどそそられるのはなかったですね。東京方面に出て行ったら、一度足を伸ばしてみたいものです。もちろん「うさまん」も気になりました。
「ジュニア小説」言いえて妙ですね。確かに古典的恋愛かも…。でもさらりとした中にも、桜庭さんらしさがあちこち顔を出す感じも楽しかったです。

なぎさん、ありがとうございます。
彼女の作品、何冊か読みましたけど、いろんな意味でやっと「普通」の作品に出合いました。
鎌倉に関しては、私埼玉の出身なので、何度かいったことあります。落ち着いた素敵な町ですよ。鶴岡八幡宮の参道、小町通りも好きです。

ご無沙汰しております。
TR&コメントありがとうございました。

「うさまん」って実際にあるんですね。
食べてみたいわ。

蓉子さんとか奈々子さんのモデルのパパの小説も読んでみたいと思う私は、かなりミーハーかもしれませんね。

青子さん、コメント&トラックバックありがとうございます。
うさまんは、お月見の時にスーパーで同じようなのあるかと思いますよ。パパの小説ですか・・・そこまで考えなかったですcoldsweats01
さすがするどい!青子さんだ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/22444242

この記事へのトラックバック一覧です: 桜庭一樹「荒野」:

» 荒野  桜庭一樹 [青子の本棚]
荒野/桜庭 一樹 ¥1,764 Amazon.co.jp 恋愛(性愛)小説家:山野内正慶の父と鎌倉の古い家に住む女子中学生:荒野は、軽い接触恐怖症。入学式の日、ショートヘアのボーイッシュな女の子:湯川麻美、巻き巻きヘアーのかわいい女の子:田中江里華の2人と知り合い、親友... [続きを読む]

« 絲山秋子「ニート」 | トップページ | 【第27節 草津戦 △ 0-0】 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。