ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 【第27節 草津戦 △ 0-0】 | トップページ | 岩手北部で震度6 携帯より »

海野碧(うみの あお)「水上のパッサカリア」

339番 ☆☆☆

これも文学賞の本で、知ったものです。

「日本ミステリー文学大賞新人賞」受賞作品です。

海野夕凪から、ペンネームも変えての刊行です。

信州の蓼科あたりを想像させる湖畔の一軒家。

大道寺勉は、事実婚の妻の奈津を交通事故で

亡くしたばかり・・・

彼女がかわいがった犬のケイトと暮らしている。

勉には、奈津も知らない過去があったのです。

奈津との出会いも丁寧に書かれています。

薄倖だった奈津との生活も同様にです。

勉の過去も壮絶で、「始末屋」稼業もすごかった。

親しくしている動物病院の医師、高畠が死んだ。

殺人なのか、自殺なのか・・・・

これと並行して、昔の始末屋仲間のメンバーが追ってくる。

弁護士の斯波、秘書の冴子、ヒデ。

今度は、服部なる人物を始末すると・・・・

物語は展開して、闇金の岡野も登場します。

これも面白いけど、その後の斯波、冴子、岡野、ヒデが愉快。

もうひとひねりしています。

リアリティはないけど、物語としてはすごく面白い!

東京に引っ越し後の彼の様子も知りたくなりました。

水上のパッサカリア Book 水上のパッサカリア

著者:海野 碧
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆今アマゾンで見たら、つづきあるみたいですね。ついでにこの本のレビューも見たら、結構手厳しかった。

ミステリーファンには物足りないのかもしれません。

« 【第27節 草津戦 △ 0-0】 | トップページ | 岩手北部で震度6 携帯より »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

私はちょっと苦手でした。。。
まず、ワンセンテンスが長くて読みづらかったことが原因かなぁ。
それと死んでしまった奈都が、古風というより都合がいい女的に描かれていた気がして。。。

ありがとうございます。
アマゾンでは、kanakanaさんの意見に似た方が多かったです。
奈津が犬をかわいがるシーンが、好きでした。最後岡野が、犬のために寝返るのもおかしかったです。
確かに男にとって、都合のいい女かも?最後に冴子が「なんであんな女に・・・」と歯ぎしりしましたよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/22490807

この記事へのトラックバック一覧です: 海野碧(うみの あお)「水上のパッサカリア」:

« 【第27節 草津戦 △ 0-0】 | トップページ | 岩手北部で震度6 携帯より »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。