ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 酒井順子「黒いマナー」 | トップページ | キム・エドワース「メモリー・キーパーの娘」 »

小池真理子「恋」

359番 ☆☆☆☆

ブログ友達のゆきみちゃんが、読むたびに電車を乗り過ごすという本。興味がわいてきました。もちろん「はつもの」の作家さんです。

ゆきみのゆるみで、詳細はみてくださいね。よろしく!

さて、本題。浅間山荘の事件と同時期の軽井沢で、猟銃での事件が起こる。

加害者は矢野布美子。被害者の大久保勝也は死亡、片瀬信太郎は重傷、妻の片瀬雛子もその場に居合わせたという・・・

彼らの間に何があったのか?ガンで死期が近い布美子が、ライターの鳥飼に語ったという、裁判でも明かされなかった真実が・・・・

片瀬夫妻と矢野布美子の関係は、明らかに常軌を逸していたが、微妙なバランスのうえに成り立っていて、読んでいて引き込まれました。

そこにあらわれた大久保勝也の存在のせいで、がらがらと音をたてて崩れ去っていく様は、「電車を乗り過ごす」のわかるような気がします。

「マルメロ」ってどういう花なんでしょうか。あとで調べてみます。

また初めの場面の仙台の教会は、あのへんかなあ?と想像しました。

物語の終わりが、なんとも言えず雰囲気があるのでした。一応ミステリーの分野のようですが、ジャンルをこえた作品だと思いました。

恋 (新潮文庫) Book 恋 (新潮文庫)

著者:小池 真理子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆私は図書館利用のため、ふるい早川の本で読みました。ゆきみちゃんのところに早川の文庫の画像があったので、私のほうには、新潮文庫の画像を張っておきます。

花も美しく樹形も綺麗★マルメロの大実品種★マルメロ “スミルナ”1年生接木苗【予約苗9月13日以降お届け】 マルメロってこういう果実のようです。

« 酒井順子「黒いマナー」 | トップページ | キム・エドワース「メモリー・キーパーの娘」 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

私の唯一読んだことのある小池真理子さんの作品です!

かなり以前に読んだ為記憶かなりおぼろげ・・
本プロ時代の自分の感想を読むと面白かったっぽいのですが・・でもその後も他の著作を読もうと思わなかったところをみるともしかして合わなかったのかな~とか想像しています。

これはミステリめいた所もあってけっこう面白かったです。
でも、これ以降の小池真理この作品がいまいちなんですよねー。
エンターテイメント性が無くなっちゃって。
その方が面白いって言う方も、もちろんいらっしゃるんでしょうが。
マルメロって、カリンの仲間のような木じゃなかったかなぁ。

あぁよかった!!
ほっそさんの感想が好感触で♪
そう、信濃電機登場からのくだりは何度読んでも引き込まれるんです。
それまでの三人の倒錯した関係も、現実離れしていて面白いですし。
あの冒頭の教会!!広瀬通りに面しているってありましたね。そうか~実在するんだぁ♪
ラストシーン、本当に余韻を残す素敵な終わり方です。ほっそさんの言う通り、ジャンルを越えた作品ですね。
リンク、ありがとうございます!!
自分の好きな本を読んでもらえるのはやっぱり嬉しいです♪

ありがとうございます。
hitoさん、トラックバックありがとうございます。彼女の作品は、結局これだけですか?なるほど・・・

kanakanaさん、マルメロについては、画像がありました。ご指摘のとおりだとおもいます。

ゆきみちゃん、確か教会そのちかくにあったはずです。地図で見て、またコメントします。

追記します。本には、「広瀬通りに面したカトリックの教会」とありますが、グーグルで調べたところ、それにすべて当てはまる場所はありませんでした。
似たような箇所はあったので、小説の設定ということでしょう。私が想像してたのは、某銀行本店の裏手にある教会。(でもここ調べたら、カトリックでありませんでしたし、面している大通りも広瀬通りではありませんでした。)

小池真理子さんのは短編集ばかり読んでいます。
一人でランチとかお茶とか移動中などの
手持無沙汰の時にぴったりです。
長編にも挑戦したいと思っていて
この作品もチェック済みwink

小池さんの作品には、よく、老齢の男性を
恋する異性として描かれますよね~
それがいつも不思議な感覚で面白いです

ありがとうございます。
短編集ですか??彼女の作品、図書館にもたくさんあって、選べません。読んだとき、教えてくださいね。

ありがとうございます。
短編集ですか??彼女の作品、図書館にもたくさんあって、選べません。読んだとき、教えてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/23401378

この記事へのトラックバック一覧です: 小池真理子「恋」:

» 「恋」小池真理子著 [日々のつぶやき]
☆本プロからの移行☆    2002/8/17 読了 浅間山荘事件解決の日の新聞にひっそり載っていた、女性矢野布美子の事件。 電器屋店員を猟銃で撃ち殺し、自分が助手をしていた片瀬教授に下半身不随の怪我を負わせた。新聞ではありふれた三角関係として書かれていたが、事件... [続きを読む]

« 酒井順子「黒いマナー」 | トップページ | キム・エドワース「メモリー・キーパーの娘」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。