ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 柴田よしき「猫探偵正太郎の冒険」 | トップページ | 石田衣良「池袋ウエストゲートパーク」 »

桜庭一樹「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」

372番 ☆☆☆☆

少女を書かせたら、ピカイチの作家さん。すごい世界を見せてくれました。

なにせ登場人物の名前がすごい・・・海野藻屑(うみのもくず)です。彼女が転校生として、山田なぎさの前に現れるのでした。

藻屑は、自分は人魚と公言して、父親は元芸能人、体には痣がある・・・とにかくなぎさにとって不思議な存在でした。

なぎさの家も、父が海難事故でなくなり、兄は引きこもり。中学卒業したら、自衛隊にはいると考えるなぎさ。

海野家が崩壊していく・・・悲劇的な結末で終わるのですが、なぎさの担任教師の絶叫に救われました。「生き抜けば、大人になれたのに・・・」

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet Book 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet

著者:桜庭 一樹
販売元:富士見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 柴田よしき「猫探偵正太郎の冒険」 | トップページ | 石田衣良「池袋ウエストゲートパーク」 »

本・桜庭一樹」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

タイトルも名前もインパクトがありますよね。
私はこの作品が「私の男」の原点という印象です。でもこちらの方が断然好きです。

ほんとうに、この作者の作品には子どもへの虐待が多いですね。
子どもたちが”生き残る”のが、こんなに大変だとは想像もしなかったです。
なぎさたちが撃った砂糖菓子の弾丸が溶けて、身体をめぐっているような切ない気持ちになりました。

ありがとうございます。
ゆきみちゃん、私の場合、「私の男」を読んでから、過去作品を読んだので、感じ方がちょっと違うかもしれません。大人としては、この作品のほうがつぼに入りました。大人の責任、感じましたね。

青子さん、トラックバックありがとうございます。これを読んだ大人たちは、どう感じたのだろうかと?単純に物語として読めない、現実があります。
親と子の関係、一筋縄ではいかないのは、わかります。でもでも、けがさせたり、命にかかわるようなことをするのは、やっぱりおかしいと思ってしまうのでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/24304032

この記事へのトラックバック一覧です: 桜庭一樹「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」:

» 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  桜庭一樹 [青子の本棚]
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet/桜庭 一樹 ¥1,470 Amazon.co.jp 私・山田なぎさ十三歳のクラスに、転校生・海野藻屑がやってきたのは、中学2年の2学期が始まってすぐだった。都会から境港市へやってきた藻屑は、全身ブランドずくめの美... [続きを読む]

» 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet [読み人の言の葉]
1405「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bul [続きを読む]

« 柴田よしき「猫探偵正太郎の冒険」 | トップページ | 石田衣良「池袋ウエストゲートパーク」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。