ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」 | トップページ | 雫井脩介「クローズド・ノート」 »

カズオ・イシグロ「私を離さないで」

386番 ☆☆☆

あちこちのブログで見かけていた作品、なんとも不思議な世界でした。

読み始めてすぐ、「介護」「提供者」「施設」「保護官」などの言葉に戸惑うのでした。

特に「施設ヘールシャム」って何?

ここでの生活を介護人キャシーが回想していくスタイルで、物語が進むのですが、幼少期から思春期と当たり前に過ごし、心理描写もすばらしいのでした。

彼らの「自分って何?」という疑問にぶつかり、もがいている様子はなんとも切ないのでした。

彼らがまた、自分の置かれている環境に疑問も持てない様子・・・・

そして、最後この言葉の意味が、読者に明かされます。

私のような読み方(無意識に斜め読みしている)では、作品の魅力は理解できないかもしれません・・・・

再読しないとダメかな???

わたしを離さないで Book わたしを離さないで

著者:カズオ イシグロ
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」 | トップページ | 雫井脩介「クローズド・ノート」 »

本・海外作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

全体に漂う諦観とした雰囲気、ラストの部分の謎がスッカリわかったときの腑に落ちるのだけどやるせない感じ思い出します。カズオ・イシグロはこれを皮切りに一応全部読もうと思い今「充たされざる者」が手元にあります。どこがどんな風にいいとか言葉が浮かびませんが、結構好きなんですよね。

ありがとうございます。実はあなたのブログで、興味がわいてきたのです。充分理解したとは、言い難いのですが、忘れられない作品となりました。

日常生活の描写と、待っているものを知っている、というのがイコールには思えなかったです。
それが洗脳というかヘールシャムの教育なのでしょうが。
治ると知ってしまったことを諦めろと言えるか?に、技術の進歩と倫理観の難しさと感じました。

ありがとうございます。「医療」ど「欲望」に関しては、最近読んだ「インターセックス」でもいろいろ感じました。
「提供」を受けるサイドからも書いてほしいなと、思った次第であります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/25410506

この記事へのトラックバック一覧です: カズオ・イシグロ「私を離さないで」:

» 「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ [乱雑な本棚]
わたしを離さないでposted with amazlet at 08.09.04カズオ イシグロ 早川書房 売り上げランキング: 7600Amazon.co.jp で詳細を見る 「日の名残り」をずっと前に読んだきりのカズオ・イシグロ。 優秀な「介護人」キャシー・H。「提供者」を世話している。 自分が生まれ育った施設の仲間も介護人だったり提供者だったりしている。 キャシーが施設での想い出や介護人としての仕事を通じて仲間との想い出を淡々と語る。 本当に淡々としている。 フィクションである... [続きを読む]

« 伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」 | トップページ | 雫井脩介「クローズド・ノート」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。