ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 宮沢賢治「ざしき童子のはなし」 | トップページ | 2009年3月読書のまとめ »

天童荒太「悼む人」

438番 ☆☆☆

直木賞作品で、楽しみにしていました。

正直な感想・・・・・直木賞って「私の男」もあり? でこの作品もあり? 受け止め方は、幅広いかと思います。

悼む旅を続ける坂築静人(さかつきしずと)  「世捨て人」としか思えない日々。新聞などでニュースをチェックし、亡くなった方が「誰を愛し、誰に愛されたか」心に刻みながら、「悼む」ことを続けている。当然世間から理解されるでもなく、警察に保護されることも。

そんな彼にかかわる3人の目から、彼の「悼む」をつづっていくのでした。自暴自棄気味のライター、蒔野抗太郎(まきのこうたろう) 彼の母、坂築巡子(さかつきじゅんこ) そして刑務所からでたばかりの女、 奈儀倖世(なぎゆきよ)の3人です。この3人は、俗世の抱えきれない苦悩を抱えているというわけ。

「包帯クラブ」を読んでいたので、作者の無垢な気持ちは十分伝わってきました。こういう作品を生み出すのは、精神的にもきつかったことと思います。世間で直木賞という形で、認められたこと、本当によかったと思いました。

でも、でも、でも・・・・・巡子のような悟りの境地までいけるのか。病気を抱え、静人を理解してもらえず、娘美汐(みしお)の恋愛の悲しい結末。このあたりはつらかったです。

ラストはいい場面の連続でした。命のバトンが繫がれていきます。

悼む人 Book 悼む人

著者:天童 荒太
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 宮沢賢治「ざしき童子のはなし」 | トップページ | 2009年3月読書のまとめ »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

天童荒太って真摯な人だなぁ。
改めてそう思った作品です。
静人をできるだけ理解したいという気持ちになりましたが、やっぱり巡子の元に早く帰って欲しい、それを一番強く思いながら読みました。

私も死を目前にし残りの時間を大事に生きる巡子とそれを支える家族の姿がなかったらこの小説ちょっとと思いました。間に合ったのか、間に合って欲しい、祈るような気持ちでラストを迎えましたよ。
この間は名前忘れてごめんなさい。

ありがとうございます。
kanakanaさん、確かにpaper 結論ははっきり書いていないけど、余韻を持たせるってことで、理解しました。でも、こういう作品書くのは、魂消耗するだろうなあ~~

パートママさん、やっぱりあなた様でしたか?
この本に関しても、おっしゃるとおりですね。あのライターとあの女性だけだと、かなり趣が変わりますよね。 でも世捨て人のような彼が、ちょっとびっくりする一面を見せたのには、すこしひいちゃいました。

やっと読みました。

年齢的に巡子に肩入れしてしまい、しんどかったです。静人のような息子をもつってどうなんだろうと悩みながら読み進めました。

しかし、存在する死の多いこと。実際は事故や事件で亡くならない人の方が多いのだから…。
誰の死も同じように悼むという姿勢にはとても共感しますが、実際には難しいことですね。

ありがとうございます。確かに「しんどい」作品でした。
作者もきっとしんどかったでしょうし、こういう作品が世の中に受け入れられるか、半信半疑だったはずと思います。そういう意味で受賞は喜ばしいと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/28876373

この記事へのトラックバック一覧です: 天童荒太「悼む人」:

« 宮沢賢治「ざしき童子のはなし」 | トップページ | 2009年3月読書のまとめ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。