ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 細谷亮太「ぼくのいのち」 | トップページ | オークション報告その3 テーブル、讃岐うどん、パンの詰め合わせを買ったよ! »

桜庭一樹「ファミリーポートレイト」

430番 ☆☆☆

頭がくらくらする作品だった。凡人にはとうてい理解しがたい世界でした。

一応内容整理します。

語り手はコマコ。母はマコ。マコの娘だから、コマコというわけ。「コマコ、にげるわよ」のマコの言葉で、さまよう母と娘。手術室、温泉宿の寮、工場そばのアパート、また別のアパート、そして、妙な館での隠遁生活。

突然、母がいなくなり、そのあとはコマコの話。一応高校生~文壇バーでのバイト~駆け出しの作家~カフェでの居候~そして・・・

桜庭作品には「ぶっ飛んでいるおとな」が登場するけど、マコ自体がとにかくすごい。娘に対するすべてが、理解不能。それでも母を愛する娘が、哀れでならなかったです。

コマコもそんな生活に疑問も抱かず、(家にずっといて、外との接触がないのだから仕方がありません) 彼女の中には、マコとコマコが同居して、制御不能です。

コマコは社会との接点が「読書」のみでした。作者も、「ひきこもり」で書いたんだろうなと・・・・・・・

ファミリーポートレイト Book ファミリーポートレイト

著者:桜庭 一樹
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

○個人的意見として、女の子といわれる年齢層の方には、正直読んでほしくない作品でした。学校図書館には入れてほしくない(;一_一)

« 細谷亮太「ぼくのいのち」 | トップページ | オークション報告その3 テーブル、讃岐うどん、パンの詰め合わせを買ったよ! »

本・桜庭一樹」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

なかなか面白い内容ですね(゚m゚*)
(語弊がある書き方かも知れません)

桜庭作品は『私の男』だけしか読んでませんので、
次に何を読もうかと思ってます。

ありがとうございます。「私の男」が読めたのなら、大丈夫かと思います。でも、初めて読んだのがそれだと・・・衝撃すごくありませんでしたか?
私の場合、「赤朽葉~~」から読んだから、スムースにいけましたけどbook

私もものすごくクラクラしました。。。
登場人物たちに共感はしませんでしたが、幼い日のコマコが読書に傾倒していたことや、作家になってからの産みの苦しみを、桜庭一樹自身がそうなのかなと想像していました。

ありがとうございます。「創造」する苦しみ、凡人には理解できませんけど、現在連載している漫画「バクマン」で、少し感じています。こういう現場で生まれているのか・・・と。
この世界を「すごい」と思うか、「狂気」と思うかは紙一重かも・・・

私のところにも訪問ありがとうございました☆
マコにもう少し憎めない点があれば、また違ったのでしょうが・・・。
彼女があっさり退場してしまったのには、驚きと同時に疑問が残りました。
ラストも、あれが「救い」だとは思えなかったです。

ありがとうございます。とにかく理解不能でした。マコに関して、確かにあっけない「退場」でした。
なんだかんだといろいろ読んでしまったけど、衝撃度は「私の男」といい勝負かな??

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/28553904

この記事へのトラックバック一覧です: 桜庭一樹「ファミリーポートレイト」:

« 細谷亮太「ぼくのいのち」 | トップページ | オークション報告その3 テーブル、讃岐うどん、パンの詰め合わせを買ったよ! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。