ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 【開幕直前☆ 今年のベガルタは? 】 | トップページ | オークション報告その2 稲庭うどん、電子辞書を買ったよ! »

島本理生「ナラタージュ」

429番 ☆☆☆☆

若い作家さんが書いた恋愛ものということで、ちょっと避けてたけど、読み始めれば面白くて、ほぼ一気読みしました。

コミュなどでよく見ていたタイトルなので、あらすじはあっさりと・・・

主人公、工藤泉(大学生)と高校時代の演劇部顧問の葉山先生との「恋愛」 泉は一方的に先生を思っていたのだが、卒業式のあと・・・ 卒業後、公演をするのにメンバーが足りないということで、OB,OG合同で練習に参加するのだが・・・

高校時代の回想と現在が順々に出てくる、雰囲気のある作品でした。結局どうなるのだろうと思って、読み進めました。

葉山先生に、かなりの嫌悪感が残りました。葉山先生の過去・・・ワイドショーにでてきそうな事件でしたが、優柔不断ですね。そして結局泉に対しても・・・・ 私自身は長野が実家の小野君が好きでした。 ラスト、あんな終わり方をして、泉はよかったんでしょうか?

親世代の私なので、娘がこんなやつに出会ったら?とか、息子がこんな優柔不断だったら困る!と、つくづく思ったのでした。

ナラタージュ Book ナラタージュ

著者:島本 理生
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 【開幕直前☆ 今年のベガルタは? 】 | トップページ | オークション報告その2 稲庭うどん、電子辞書を買ったよ! »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

確かに葉山先生は優柔不断ですね。
泉もハッキリしないなぁと思って読んでました。

しっとりと雰囲気がある作品だと思いましたよ。

私は泉も苦手だったなぁ。。。
っていうか、ちょっと理解できなくて、自分がすごく好きになったら相手の気持ちを構わず飛び込んじゃうほうだからかもしれません。
(勝手なだけじゃん!>自分)
小野君は結局イヤなヤツっぽく終わっちゃった感があるけど、かわいそうな気もします。。。

ありがとうございます。
パールレインさん、雰囲気はとてもよかったです。節目によく雨が降りましたね。長野の描写も好きです。まあ~~「ダメ男」も、モテルらしいので・・・ ふむふむ・・・ です。

kanakanaさん、私は泉に対しては、結構同情的です。あの年代だと、年上の男性って絶対的な存在かもしれません。同じ年の差でも、20歳と30歳の場合と、40歳と50歳では、全然違うと思いますけど、いかがでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/28465068

この記事へのトラックバック一覧です: 島本理生「ナラタージュ」:

« 【開幕直前☆ 今年のベガルタは? 】 | トップページ | オークション報告その2 稲庭うどん、電子辞書を買ったよ! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。