ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 天童荒太「悼む人」 | トップページ | 薬丸岳「闇の底」 »

2009年3月読書のまとめ

3月は忙しかったけど、予想外に読めました。長編も多かったですね。ハリーポッターも読み終わりました。

3月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:4715ページ

悼む人悼む人
「包帯クラブ」を読んでいたので、作者の無垢な気持ちは伝わってきました。こういう作品を生み出すのは、精神的にもつらいと思うので、「直木賞」という形で認められて、よかったと思います。でも、巡子のこと、美汐のことを思うと、家族がそこまで「悟り」まで達すること。なんとも言えませんね。ラストはいいですね!命のバトンが繫がれていきます。
読了日:03月30日 著者:天童 荒太
ざしき童子のはなし (ガラス絵の宮沢賢治 (8))ざしき童子のはなし (ガラス絵の宮沢賢治 (8))
地元では「ざしきぼっこ」とよんでいます。
読了日:03月30日 著者:宮沢 賢治
どんどんちっちどんちっち (ことばあそびえほん)どんどんちっちどんちっち (ことばあそびえほん)
楽しい言葉あそび絵本でした。「びんせんに せんぬきを あてたら びんに なった なーぜだ」ですって!
読了日:03月30日 著者:川崎 洋
ばかものばかもの
冒頭部、官能小説かと勘違いしそうでした。どうなることやらと読み進めましたが、最後私としては想定外の展開でしたね。「人間捨てたもんじゃない」と思わせてくれました。またお得意の「群馬ネタ」「車ネタ」も炸裂です。
読了日:03月26日 著者:絲山 秋子
天使のナイフ (講談社文庫 や 61-1)天使のナイフ (講談社文庫 や 61-1)
少年犯罪という難しいテーマですが、被害者側だけでなく、加害者側も書いて、納得の作品でした。また舞台がさいたま市で、私のふるさとなので、忘れられない一冊となりました。ことの結論は、引き込まれました。(更生して、○○○になったって話、ノンフィクションで読んだことあります。)
読了日:03月24日 著者:薬丸 岳
モノレールねこモノレールねこ
「バルタン最期の日」がすき。生まれて初めてザリガニが語り手の話を、読みました。楽しかったです!
読了日:03月23日 著者:加納 朋子
うさたまの霊長類オンナ科図鑑うさたまの霊長類オンナ科図鑑
イラストがナイス! うさぎさんのエッセイは、買物の話題のほうがすきです。
読了日:03月23日 著者:中村 うさぎ,倉田 真由美
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
長かった・・・・・一回挫折しました。このシリーズ昨年秋から読み始めました。それなりに納得したけど、自分は「アンチ」かもしれないと思いました。
読了日:03月17日 著者:J. K. ローリング
ファミリーポートレイトファミリーポートレイト
私のような凡人には、とても理解しがたい世界でした。世間から見て、鬼のような母を愛するコマコが哀れでならない。また後半、コマコのなかに同居する、マコとコマコ。とにかく刺激が強すぎました。女の子という年齢の方には、正直読んでほしくないと思いました。作者が引きこもりをして、必死に書きあげたことは、十分すぎるほど伝わりました。オバサン世代には、きついです。
読了日:03月10日 著者:桜庭 一樹
ぼくのいのち (いのちのえほん)ぼくのいのち (いのちのえほん)
あとがきがよかったです。そこに作者の言いたいことが、集約されています。
読了日:03月10日 著者:細谷 亮太
もけら もけら (日本傑作絵本シリーズ)もけら もけら (日本傑作絵本シリーズ)
子どもが好きそうな内容でした。
読了日:03月10日 著者:山下 洋輔,元永 定正
サウンド・オブ・ミュージック アメリカ編 (Modern Classic Selection)サウンド・オブ・ミュージック アメリカ編 (Modern Classic Selection)
マリアの肝っ玉母さんぶりが素晴らしい。本文もいいが、あとがき、年表がすべてを物語っています。
読了日:03月06日 著者:マリア・フォン・トラップ,谷口 由美子,Maria Augusta Trapp
ナラタージュナラタージュ
親世代としては、葉山先生はどうにも許せません。娘がこんな男好きになったらとか、息子がこういう風になったらとついつい考えてしまった。個人的には長野が実家の小野君が好き。もっと若い時に読みたかったと痛感しました。
読了日:03月06日 著者:島本 理生
エスケイプ/アブセントエスケイプ/アブセント
いまひとつ、世界に入り込めなかったです・・
読了日:03月02日 著者:絲山 秋子
ラジ&ピースラジ&ピース
笑いました! 群馬ネタが面白いです。また車オタクの作者だけあって、登場人物の車の種類も描写も、こだわりがありました。
読了日:03月02日 著者:絲山 秋子
晩鐘〈下〉 (双葉文庫)晩鐘〈下〉 (双葉文庫)
再読です。ラスト、大輔があまりに哀れでした。香織はどうしても理解不能でございます。
読了日:03月02日 著者:乃南 アサ
晩鐘〈上〉 (双葉文庫)晩鐘〈上〉 (双葉文庫)
再読です。真裕子が「私は高浜則子の娘だから・・・」と叫ぶシーン。涙がこぼれました。ここ数年読んだ本の中で、一番好きです。
読了日:03月02日 著者:乃南 アサ

読書メーター

« 天童荒太「悼む人」 | トップページ | 薬丸岳「闇の底」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/28926688

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年3月読書のまとめ:

« 天童荒太「悼む人」 | トップページ | 薬丸岳「闇の底」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。