ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« チューリップ、惨敗でした~~2009年春~~ | トップページ | 【第11節 水戸戦 ○ 2-1】 »

栗原美和子「太郎が恋をする頃までには・・・」

452番 ☆☆☆

重たくのしかかるテーマ「被差別部落」の問題が、この本のテーマになります。40代になったキャリアウーマンの主人公が、真剣に「結婚」を考えた相手から、「俺は、被差別部落出身者だ。」と、告白される。

新聞にも大きな広告が出たし、太郎さんが「そこまで言って委員会」に出演した時、偶然見ていたので、かなり期待して読みました。それなりによかったし、社会に問題提起する作品であることは、間違いないです。

表紙の結婚の写真、本の中身で、てっきり「ノンフィクション」なのかと思っていました。(名前は実名じゃないけど)読んでいる途中で、どうしても気になり、amazonでレビューを見てしまったこと、正直に言います。この作品はあくまでも「私小説」だと知り、なんとも言い難い気持ちになりました。そして、その違和感が最後まで残ってしまった私。

「私小説」にしたのは、作者だけの責任ではないとは思いますが、もうちょっとなんとかならなかったものかと、率直な感想です。逆にいえば、それだけこの問題が「根深いもの」であることを、認識する結果になりました。

太郎が恋をする頃までには… Book 太郎が恋をする頃までには…

著者:栗原 美和子
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« チューリップ、惨敗でした~~2009年春~~ | トップページ | 【第11節 水戸戦 ○ 2-1】 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

私はまったくこの問題を知らずに育ち
学生のときに教職過程を履修して初めて知ったのです。
出身が宮城だと先生に話したら
「それなら知らなくても当然だよ」と言われて。。。
あのときの衝撃ったらありませんでした。
藤村の「破戒」を思い出しました。
同じ日本に住んでいながらこの温度差。
なんだか考えさせられます。

わたしは広島ですが、小学校で「同和教育」という時間があり、これらのことについて教えられました。
が、当時は「差別はいけないんだぁ」ぐらいの感想で、それなりに肌で感じるようになったのはやっぱり大人になってからです。
うちのばあちゃん世代には根強い偏見があり、「(住んでいる地域を指して)あのへんの人たちは・・・」的な言い方をよくしていました。
それには反感がありましたが、実際にもし結婚しようと思った相手が差別されていた人であったなら、どうなっていたのだろう?とは思います。
今はそれほどでもないですが、結婚相手の調査などもされていたようですし。
関係ないですが、広島では「平和教育」というのもされています。
小学校では必ず、平和公園に隣接されている資料館に社会見学にもいきます。
こういうのも温度差があるのでしょうね。

ありがとうございます。
まず私自身の「同和教育」について。
埼玉出身でしたので、それなりにありました。就職してからもありました。映画とか見たような記憶があります。進学や就職での差別、インフラの整備などは、克服できても、結婚となると、いろんな面で大変かもしれません。
この作品の中の展開で「自分の親に告白するかどうか?」で、主人公は苦悩します。心配させまいとして、隠したとしたら、「隠した事実」にお互い苦しむのです。告白したとしても、また別の苦しみが・・・

わったさん、大人になってから知ったとなると、すごくショックでしょうね。この問題のない地域に住む人は、幸せだと思います。

ともさん、広島ほどではないけど、「平和教育」はあるようです。修学旅行で行き先が「沖縄」だと、「平和教育」の一環と、とらえるようです。(宮城からだと、高校でかなあ?)
差別はいけないと理屈ではわかっていても、実際「身内になる」ことを受け入れること、できるだろうか。自分自身がその立場になったとき、ど~~んと構えられるか、自信がありません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29333565

この記事へのトラックバック一覧です: 栗原美和子「太郎が恋をする頃までには・・・」:

« チューリップ、惨敗でした~~2009年春~~ | トップページ | 【第11節 水戸戦 ○ 2-1】 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。