ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 黒柳徹子「窓ぎわのトットちゃん」 | トップページ | 【第8節 岐阜戦 ○ 2-0】 »

乃南アサ「しゃぼん玉」

445番 ☆☆☆☆☆

自暴自棄の伊豆見翔人。ひったくりを続け、その日暮らし。カージャックのすえ、九州の山奥にほっぽり出された。とぼとぼ歩いていくと、「ぼうぼう」の声が。

「ええとこ来てくれた。やれ助かったなあ。ぼう」と年老いた女性の声でした。この出会いが、翔人の心を揺り動かしていく・・・・

いいお話でした。「窓ぎわのトットちゃん」のあと、この話を読んだのは、運命的なものを感じます。(加害者が更生する話とは、知っていましたけど)

おスマじょうと呼ばれる老婆と、「椎葉泉」と勘違いされる翔人。おスマじょうが、「ぼうはええ子じゃ」と繰り返している。ラストに近い所で、本当の親子喧嘩の場面が、泣けてしまいました。

また、翔人のこと、最後までおスマじょうの「本当の孫」と思い続けた、シゲ爺がすばらしいです。この話、ついつい「晩鐘」の大輔と、比べてしまって、よけい心に染みてきました。

しゃぼん玉 (新潮文庫) Book しゃぼん玉 (新潮文庫)

著者:乃南 アサ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 黒柳徹子「窓ぎわのトットちゃん」 | トップページ | 【第8節 岐阜戦 ○ 2-0】 »

本・乃南アサ」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

私もこの本を読んで泣きました。
「坊は良い子、ほんとうに良い子」っていうおばあちゃんの台詞で、涙がぽろぽろっと。。。
人が愛されること、頼りにされること。その大切さをしみじみ感じた本でした。

ありがとうございます。乃南アサの作品は、まだ未読のが多いので、少しずつ読みたいと思っているのです。今度「氷雨心中」を読むつもりです。
「無視される」のが、一番きついですね。翔人も認めれたかったのだと・・・思います。

いい話でしたよね~

おばあさんと出会えたこと本当に良かったですよね。もしこの出会いがなければと思うと・・

「氷雨心中」は8年位前に読んだので記憶薄いですが、又全然毛色の違った短編集でした~感想楽しみにしていますね♪

ありがとうございます。あの状況で、本物の孫に出会うはずもないのに、翔人に対して、全く警戒心がないおスマじょうにいろんな意味であっぱれでした。
「氷雨心中」に関しては、確かに・・・気持ち悪い・・です。この作家さん、こういうのも書くのかと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29128869

この記事へのトラックバック一覧です: 乃南アサ「しゃぼん玉」:

« 黒柳徹子「窓ぎわのトットちゃん」 | トップページ | 【第8節 岐阜戦 ○ 2-0】 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。