ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 平 安寿子「セ・シ・ボン」 | トップページ | 【第17節 横浜戦 ○ 2-1】 »

桜庭一樹寄稿「愛という密室で 愛という名のもと 殺される子供たち」

朝日新聞に彼女が寄稿して、朝から衝撃だったです。☆20日つけの朝刊でした。でもここは夕刊がない地域なので、念のため☆

「砂糖菓子の弾は撃ちぬけない」と「私の男」と「ファミリーポートレイト」は、彼女の中では、つながった作品だったのだ!

彼女いわく「海野藻屑は、物語を超えて転生し、腐野花となって、24歳まで生き延びた。…中略・・・・結婚する所で物語が終わった。それ以上は書けなかった。」

☆「私の男」の感想がらみで、花はまともな結婚生活を送れるかって、素朴な疑問があったのですが、それ以上書けないとは。

さらに彼女いわく「彼女はさらにヒロインに転生して、なんと34歳まで生きた。彼女もまた母親と別れ、結婚して自分の家族をつくり・・・(略) わたしはヒロインに追い越されてしまった。」

☆今年1月、ご結婚なさったそうです。秋から週刊誌の連載を控えているそうです。

彼女の作品を読んだことのある方なら、納得する内容なので、ぜひ読んでくださいね。図書館なら新聞のバックナンバーあると思います。

« 平 安寿子「セ・シ・ボン」 | トップページ | 【第17節 横浜戦 ○ 2-1】 »

本・桜庭一樹」カテゴリの記事

コメント

ほっそさん

偶然というか、うちも朝日なんで、朝固まって食い入るように読みましたよ!結婚したのも知らなかったし、そんな風に続いていたのかとびっくりしました。
『ファミリー…』は毎日図書館で(新着コーナーに面出ししてるので)見てるけど、まだ読んでいません。読まなくちゃ!と思いましたcoldsweats02

ありがとうございます。彼女の作品、大好きと公言できませんが、(読んでいて頭がクラクラするので) 気になる作家さんであることには、間違いないです。
いい作品を書いてほしいと思いますが、ご自身を削って書いているのもわかり、創作活動とは、ある意味残酷なものとわかりました。
なぎさんの「ファミリー~~」の感想、楽しみにしています。

私も読みました。
この三部作(?)では「私の男」しか読んでいないませんが、桜庭さんの中でヒロインが続いていたのなら読まなければなりませんね。
読書日記のファンなので結婚されたのは少しだけ前に知りましたが、自分のことを「ヒロインに追い越された」と感じるなんて…桜庭さんらしいような(笑)。

ありがとうございます。私としては、「砂糖菓子~~」が好きです。大人の責任を強く感じました。
読んだら、教えてね。感想楽しみにしてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/29722398

この記事へのトラックバック一覧です: 桜庭一樹寄稿「愛という密室で 愛という名のもと 殺される子供たち」:

« 平 安寿子「セ・シ・ボン」 | トップページ | 【第17節 横浜戦 ○ 2-1】 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。