ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 柴田よしき「回転木馬」 | トップページ | 『表があるから、裏がござる。光があるから、影がござる』 »

道尾秀介「龍神の雨」

493番 ☆☆☆☆

初道尾作品。新聞の書評で気になってた作品でしたし、ネットでは「騙された??!!」の言葉が並んで、興味わいてきました。

とにかく雨のシーンの連続です。現実にも雨続きで、読むにはぴったりの季節でした。

両親を失い、血縁のない大人と暮らす、蓮(れん)と楓(かえで)の兄と妹。辰也と圭介の兄弟。大人への不信感ばかりで、親世代の私としては、読んでいて息苦しかったのも事実。圭介の生母への「うしろめたさ」 あの世代独特の不器用さは、きつかったです。

蓮と楓の母の再婚相手の睦男が、死んだ。その遺体を車で運んだ彼ら。車に積んでいる様子を遠くから見た、辰也と圭介。

結末に向かって、一直線なのですが、思いがけない第三者が出てくるといったほうがいいと、私は思います。未成年の犯罪を扱った作品です、読後感は微妙としか、いいようがありません。それは私が中年のせいです。若い方が読んだら、私とはかなり違う感想だと思います。でも今注目の作家さんだけあって、読ませる力には「あっぱれ」です。

龍神の雨 Book 龍神の雨

著者:道尾 秀介
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 柴田よしき「回転木馬」 | トップページ | 『表があるから、裏がござる。光があるから、影がござる』 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

二組の兄弟の悩みと、思いがけない第三者が出てくるトリッキーな所が、なんかそぐわなくて。。。
ほっそさんがおっしゃるとおり、読ませる力がある作家だから、面白いことは面白かったのですが。

ありがとうございます。なかなか鋭いですね!
自分が中年であること、実感した私。もう子供のころの気持ちに戻れないんだろうなあshock

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/30747139

この記事へのトラックバック一覧です: 道尾秀介「龍神の雨」:

« 柴田よしき「回転木馬」 | トップページ | 『表があるから、裏がござる。光があるから、影がござる』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。