ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 宮沢賢治「いちょうの実」 | トップページ | 【第29節 湘南戦 ○ 2-1】 »

米澤穂信「儚い羊たちの祝宴」

490番 ☆☆☆

初米澤作品。コミュでよく見かけるけど、きっかけがなくズルズルと・・・マイミクさんの昨年のベストから取り掛かったというわけです。

最初にこの作品を読んでよかったのだろうかと思うくらい、雰囲気満点の作品でした。使用人とその家族(お嬢様)という関係も、かなりドキドキでした。「バベルの会」という読書会も、妙にミステリアス。読書好きにはたまらない設定です。

連作短編になっていましたけど、私の好みは「玉野五十鈴の誉れ」 小栗家のおばあさまというのが、家庭内で権力をふるっている! それに翻弄される家族たち。「赤子泣いてもふた取るな・・・」

☆他にも読んでみようかと思っているのですが、お勧めあったら教えてください。

儚い羊たちの祝宴 Book 儚い羊たちの祝宴

著者:米澤 穂信
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 宮沢賢治「いちょうの実」 | トップページ | 【第29節 湘南戦 ○ 2-1】 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

米澤さんの本全てを読んでいるわけではないですが、この本は少し印象が違いました。
でも楽しい読書で、「山荘秘聞」は驚いた後、びくびくした自分を笑ってしまいました。
シリーズもの未読の私は「犬はどこだ」、「さよなら妖精」が好きです。

カクテキさん、お勧めありがとうございます。チャンスを作って、読んでみたいです。シリーズものもあるんですか?なるほど。

印象に残ったのは『北の館の殺人』です。
紫の手袋もいつか赤く変わるわっていう最後は本当に驚きました。

シリーズは『古典部』の学園ものですね。
それも十分に面白いと思いますけど、カクテキさんと同じで『犬はどこだ』をお勧めします。確か文庫版も出てましたよ。

米沢穂信の高校生ものって、「今どき、こんな子いねーし!」と突っ込みたくなるのですが、
この作品はそのレトロ具合が上手く活きていたと思います。
じとーっとした湿り気というか暗さで進みながら、ラストで「おぉっ」と思わせてくれるストーリーもなかなかでした。
私のお勧めは「犬はどこだ」です。長編です。

ありがとうございます。「犬はどこだ」ぜひ読みたいと思います。

buudyさん、「古典部」ってなんですか?「古典部シリーズ」ってことですか?質問ばかりですみません。

kanakanaさん、そうですね! あのなんとも言えない雰囲気に魅了されました・・・・

『犬はどこだ』人気ですね。
3人が3人ともお勧めにあげるとは。

そうです。「古典部シリーズ」です。
古典部に入部した主人公が、仲間たちと日常に潜む謎を解いていくというものです『儚い羊たち』とはまた作風が違いますが、なかなか面白いですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/30650456

この記事へのトラックバック一覧です: 米澤穂信「儚い羊たちの祝宴」:

» 「儚い羊たちの祝宴」米澤穂信 [乱雑な本棚]
.amonya-box{padding:0;} .amonya-box *{margin:0;padding:0;}「儚い羊たちの祝宴」[単行本]著者:米澤 穂信出版:新潮社発売日:2008-11価格:¥ 1,470by ええもん屋.com タイトル作をラストに据えた五編からなる短編集。 読書倶楽部「バベルの会」がすべてを結びつけるという微妙な役割を担っている。 一話目「身内に不幸がありまして」で今まで抱いていた米澤さんの... [続きを読む]

« 宮沢賢治「いちょうの実」 | トップページ | 【第29節 湘南戦 ○ 2-1】 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。