ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 【第40節 栃木戦 ○ 2-0】 | トップページ | 山崎豊子「運命の人(一)」 »

道尾秀介「片眼の猿」

516番 ☆☆☆☆

私立探偵の三梨。子供のころの不幸な出来事のため、耳の外観?と両親を失う。ところが、独特の聴力があるため、産業スパイとして、楽器メーカーの社員になりすましている。

三梨が調査中、耳にしてしまったライバルメーカー内での殺人事件。数年前に自殺した秋絵。探偵社に引き抜いた冬絵。いろいろ絡みあって、ラストまで一気に~~

前に読んだ「龍神の雨」より、格段に読みやすく、楽しい読書でした。携帯での連載だったことも、納得しました。

片眼の猿 One‐eyed monkeys Book 片眼の猿 One‐eyed monkeys

著者:道尾 秀介
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トランプの札がいろいろ出てきましたけど、よくわからなかったのも事実。その部分は、飛ばしてしまいました。ゴメンナサイ!

« 【第40節 栃木戦 ○ 2-0】 | トップページ | 山崎豊子「運命の人(一)」 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

この本、道尾秀介の中では一番好きです!
道尾秀介なのでもちろん(?)騙されちゃったのですが、
サプライズだけじゃなく、テーマ性がとても好きでした。
主人公やその仲間達の持っている、強さと温かさがとても良かったです。

表紙にとても心そそられるものがありますね。

道尾氏は、まだ手をつけたことがない作家さんの一人です。
主人公さんは、なかなか面白い設定になっているのですね。
図書館にあるかなあ・・・?

ありがとうございます。
kanakanaさんが、年末のベストでお勧めいただいた作品でした。ご推薦ありがとうございます。他もこういう「からくり」のある作品が、多いのですか???

じょせさん、図書館にあると思います。人気のある作家さんのようで、見つけたら即決断!してください。

わたしは道尾さんには「世界が反転する驚き」を求めているので、この作品は小技の連発、といった感じがして小粒な印象でした。
そんな私の好きな道尾作品は真備シリーズの『背の眼』と『骸の爪』です。
あと今年でた短編集『鬼の跫音』もいいのですけど、こちらはややブラックな道尾作品ですので、もう少し慣れてからのほうがよいかもしれません。

ありがとうございます。おすすめありがとうございます。図書館で見てみますね!
若い作家さんが、どんどん登場してくる!追いかけるのも大変ですlovely

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/31460497

この記事へのトラックバック一覧です: 道尾秀介「片眼の猿」:

« 【第40節 栃木戦 ○ 2-0】 | トップページ | 山崎豊子「運命の人(一)」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。