ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 有川浩「図書館革命」 | トップページ | 加納朋子「ガラスの麒麟」 »

重松清「卒業」

515番 ☆☆☆☆

カテゴリー独立させているくせに、重松作品には、未読のものがぞろぞろです。だってきつい作品が多くて、娯楽とは程遠いのもばかり。でも図書館シリーズの後なら、読めるかなあって、動機が不純すぎる。

4作入っていますけど、テーマが「親子の永遠の別れ」でしたので、やっぱりきつかったです。特に「追伸」には、まいった。小さいころに母親が他界し、その後父が再婚したために、主人公敬一の前に現れた継母。磁石のように反発しあう日々。敬一は大人になって、作家になるのだが、お母さんを題材にエッセイを書くことになったのですが・・・最初は好評だったのに、編集者の様子が、変わってくる。このあたりはリアルだったなあ。

卒業 Book 卒業

著者:重松 清
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 有川浩「図書館革命」 | トップページ | 加納朋子「ガラスの麒麟」 »

本・重松清」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

重松作品、いつもいつも気になっているのに、短編を何作か読んだにとどまっています。
理由は「娯楽とほど遠い…」にうなずいてしまいました。
10代の犯罪とか、家族の問題とか、
とてもリアルそうで、苦しくなりそうだからです。
だからこそ、読みたいな~とも思っているのですが。
なかなか複雑です。
「きつい」というのも自分に置き換えて苦しくなるからですか??

「追伸」は参りましたね!泣きましたー
一番すきなのは「仰げば尊し」

いつも重松作品には作り物じゃないリアルさに痛くてヒリヒリしてしまうのですが、優しさや希望を感じさせるラストがいいです~

ありがとうございます。
tsukiさん、ぜひ気持ちが安定しているときに読んでくださいね。新刊は、「かあちゃん」・・・広告で見ました。もうタイトルから、中身が想像できます。いい意味でも悪い意味でも・・・どうしよう!

hitoさん、作者は私と同世代。こういう作品で、執筆苦しくないかって、よけいな詮索までしてしまいそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/31398066

この記事へのトラックバック一覧です: 重松清「卒業」:

« 有川浩「図書館革命」 | トップページ | 加納朋子「ガラスの麒麟」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。