ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 有川浩「別冊図書館戦争Ⅰ」 | トップページ | 2009年9月の読書のまとめ »

山崎豊子「運命の人(二)」

522番 ☆☆☆☆☆

二巻では、主人公が逮捕されてから、裁判の途中までの内容でした。新聞社、弁護士、弓成家、その他もろもろの事情が、複雑に絡まっていく。世の中単純でないこと、改めて感じました。

ここで弓成と三木事務官が、ただならぬ関係だったことが明らかにされるわけですから、よけいにややこしくなっていくのです。

このあとの展開がわからないので、なんとも言えませんが、この主人公以上に、この事務官がよくわからない女性です。

「いかなる場合も、ニュースソースは守られるべきなのか?」「国家の機密とは?」「国民の知る権利とは?」 難しいテーマが続きますが、ことの発端になるこの当時の野党議員が、一巻に出てきます。名前は作者の創造ですが、明らかにあの人でしょっていうのが、わかりました。今回の政権交代で、要職?名誉職?についたのには、ドッキリしました。取材の困難さが想像付きます。

運命の人(二) Book 運命の人(二)

著者:山崎 豊子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 有川浩「別冊図書館戦争Ⅰ」 | トップページ | 2009年9月の読書のまとめ »

本・山崎豊子」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

さくさくと2巻も読んでしまいました。
三木昭子はよくわからない人ですよね。
夫が全巻読み終わったあと、感想を聞いたのですが、「う~ん、女は怖いってことかな」と。
その時は、「は?そういう話だっけ?」と思ったのですが、その気持ちわかるような。
まだ裁判は続くのですね。
実は、今から4巻に突入するのが怖いです。苦手なんですよ、戦争の話・・・。

こちらにもありがとうございます。事務官は、ホントによくわからない人だと思いますが、今こう考えます。弓成のすべてに「嫉妬」したのだと。そう考えると、納得いく面もあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/31593373

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎豊子「運命の人(二)」:

» 運命の人(二) [読み人の言の葉]
1473「運命の人(二)」山崎豊子   文藝春秋   ★★★★ 国家機密漏えいの [続きを読む]

« 有川浩「別冊図書館戦争Ⅰ」 | トップページ | 2009年9月の読書のまとめ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。