ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 2009年11月の手芸作品☆クリスマスオーナメントを作りました☆ | トップページ | 『人間が抱く嫉妬の中で、最も暗くて陰湿なのは、対象となる人間の正しさや立派さに対してなの』 »

2009年11月読書のまとめ

11月はかなり読みました。読書の秋でしたね。暑くもなく寒くもない、今の時期としてはいいお天気だったと思います。

11月で一番だったのは、東野圭吾の「新参者」でした。山崎豊子さんの長編も読み終わりました。小説とニュースが、ぴったりあってきました。まさかまさかの出来事でございます。

11月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:4945ページ

二十六夜まいり二十六夜まいり
開聞岳は素晴らしい景色の山で、私も20代のころ、旅行の一環として登山しました。その時知覧も確か行ったはずです。こういうお話は語り継いでいきたいものです。
読了日:11月30日 著者:武田 鉄矢,黒井 健
骸骨ビルの庭(下)骸骨ビルの庭(下)
大人の責任を痛感した作品になりました。メモとってしまった、いい言葉もありました。でも、ラスト少し不満です。こういうのが「純文学」なのかな?関西圏の地理に不案内なので、ちょっと個人的に残念なおもいもしました。みなと食堂の食事がおいしそうでした。農作業の描写もリアルでしたね。
読了日:11月30日 著者:宮本 輝
骸骨ビルの庭(上)骸骨ビルの庭(上)
コメントは下巻のほうへ。
読了日:11月30日 著者:宮本 輝
新参者新参者
直接犯罪にかかわらない地道な捜査でかかわった人たちを丁寧に書いていくのです。こういう構成って、感激でした。みんなそれぞれのバックグランド持ってて、そこにも丁寧にかかわっていく加賀刑事でした。犯罪自体は、特別珍しいトリックがでてきませんが、動機のあたりでまた「人情味」あふれた展開になっていくんです。好きか嫌いかでいえば、かなり好きな作品になりそうです。
読了日:11月27日 著者:東野圭吾
どうもいたしません (幻冬舎文庫 た 14-3)どうもいたしません (幻冬舎文庫 た 14-3)
この方のは初めてですが、面白かったです。本業は女優さん、連想ゲームの回答者(ちょっと古すぎ?) ドラマ「蔵」の佐穂役が私の印象に残っています。宮尾先生のことを尊敬しているそうで、本書にも二か所でてきました。
読了日:11月25日 著者:檀 ふみ
もっと、わたしをもっと、わたしを
タイトルどおり、自己主張ばかりが登場します。楽しいっていえば、楽しいし、不愉快だっていえば、不愉快っていう、そんなところでしょうか?・・・・こう思うのも、私が彼らより、ずっと年上だからでしょうか。
読了日:11月24日 著者:平 安寿子
てるてるあしたてるてるあした
照代が久代さんのところに「居候」しながら、成長していくお話でしたが、不思議なメールがはいっていたり、「ささらさや」の登場人物も勢ぞろいでしたので、楽しく読めました。本の最後のエピローグには、あっぱれでした。久代さんの覚悟、感じました。
読了日:11月24日 著者:加納 朋子
ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
今回再読しました。以前読んだときには、とにかく結末どうなるのか気になって仕方がない読書でしたが、今回はしみじみ読みました。ありえそうな、ありえそうもないぎりぎりの境目のお話でしょう。あと、私基本的に、こういう構成の作品が苦手なことも、再認識しました。現在と過去と入り乱れていくというのが。あのシルエットみたいな記号が、「過去」なのか「現在」かが分かれているもの、今回初めてわかりました。
読了日:11月19日 著者:伊坂 幸太郎
きりのなかで (大型版あらしのよるにシリーズ)きりのなかで (大型版あらしのよるにシリーズ)
「あらしのよるに」のつづきです。二巻をぬかしたこと、後悔しました。(たまたま図書館になかった・・・いいわけです)
読了日:11月19日 著者:きむら ゆういち,あべ 弘士
くものきれまに (大型版あらしのよるにシリーズ)くものきれまに (大型版あらしのよるにシリーズ)
「あらしのよるに」のつづきです。二巻をぬかしたこと、後悔しました。(たまたま図書館になかった・・・いいわけです)
読了日:11月19日 著者:きむら ゆういち,あべ 弘士
日本でいちばん大切にしたい会社日本でいちばん大切にしたい会社
「犬が人をかんでもニュースにならないが、逆ならニュースになる」 ニュースになる会社は、不祥事のことが多く、最近では「再建」とかリストラとか・・・ いいことってなかなか伝わりにくいです。鳩山首相の演説で有名になった「日本理化学工業」のほか、まだまだ素晴らしい会社や経営者がいらっしゃるんですね。できれば学生の時に読みたかったです。
読了日:11月15日 著者:坂本 光司
インシテミルインシテミル
かわいい表紙で借りてきたのですが、よくわかりませんでした。たとえ架空の話といっても、ゲームのように人が殺されていくのは、ちょっとなあ~~ 一応意地で最後まで読みました。
読了日:11月15日 著者:米澤 穂信
ささらさやささらさや
なんともほのぼのしたお話でした。連作短編になっているのですが、赤ちゃんのユウボウとともに佐々良(ささら)に引っ越してきた、母サヤ。ここで夫の魂に見守られ、地元のおばちゃんや、シングルマザーのエリカの温かさにふれ、母として育っていく。サヤのおどおどした様子には、笑っちゃうくらいでした。でも初めての子供だと、仕方がないかもしれません。
読了日:11月13日 著者:加納 朋子
フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
過去何作か読みましたけど、楽しい登場人物に、「共感」したことはなかったけど、この亜矢子のセリフには、心底共感しました。亜矢子のセリフ、世の男性に聞かせたいです。ねじれた家族の再生。親子してダメ男ですが、がんばっている姿にはほのぼのしました。つづき書いてくれないかあ??
読了日:11月10日 著者:有川 浩
運命の人(四)運命の人(四)
ぐいぐい読んだのは、研究者がアメリカ公文書館で、「密約」の存在を明らかにしていく過程は、もう止まりませんでした。あとがきも素晴らしかったです。今までの作品以上に、取材や構成には苦労されたとのこと。本当に作者には感謝の気持ちでいっぱいです。
読了日:11月09日 著者:山崎 豊子
うさぎの行きあたりばったり人生 (角川文庫)うさぎの行きあたりばったり人生 (角川文庫)
自分のことよく分かっているし、単純に「ばかな女」といえないと感じてます。誰がなんといってもやめられないものってありますよね。たまたま彼女の場合、それが「買い物」~~「ホストクラブ通い」~~「整形」というだけだと思います。自己破産しない程度に、楽しんでほしいと思います。私たち、庶民は庶民らしく、つつましく暮らしましょう!
読了日:11月06日 著者:中村 うさぎ
悪党悪党
どの登場人物も痛すぎる・・・・加害者も被害者も。特に母親が逮捕されたという剛の話には、悲しすぎる。ラスト、修一の未来に一筋の光が見えたのには、正直ほっとしました。この作家さん、ずっとこの路線でいくんでしょうか?
読了日:11月04日 著者:薬丸 岳
聖女の救済聖女の救済
真柴義孝が、毒の入ったコーヒーを飲んで、亡くなる。自殺か他殺か?誰もいない密室で・・・毒が仕掛けられてたのが、どこなのか?では、だれがどんな動機で・・・正直に言います。半分くらい読んで、誘惑に負けて、最後のトリック読んじゃいました。このトリック思いついたの、作者に脱帽です。最初から、わかっているのに、これだけ読ませるのやっぱりすごいなあ。
読了日:11月04日 著者:東野 圭吾
THE MAGIC POCKET「ふしぎなポケット」THE MAGIC POCKET「ふしぎなポケット」
日本人でよかったと思いました。つくづく・・・
読了日:11月02日 著者:まど みちお,安野 光雅
どうぶつたちどうぶつたち
日本人でよかったと思いました。つくづく・・・
読了日:11月02日 著者:まど みちお,安野 光雅,美智子

読書メーター

« 2009年11月の手芸作品☆クリスマスオーナメントを作りました☆ | トップページ | 『人間が抱く嫉妬の中で、最も暗くて陰湿なのは、対象となる人間の正しさや立派さに対してなの』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

沖縄返還時の密約についてのニュースを見て
ほっそさんを思い出してました。
94歳になったから言えること。
正しい歴史を残したいという思いからなのでしょう。
元記者の方と握手をされたそうですね。
落ち着いたら再会をと約束されたそうです。
今回、GOサインを出した岡田外務大臣の決断にも
敬意を表したいと思います。

ありがとうございます。沖縄問題、迷走していますが、先延ばしにして「落とし所」が見つかるんでしょうか?
返還交渉のときも、「返還」を大優先にしたための弊害があったはずです。
政治家の皆さん、日本のかじ取り、頼みますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/32455630

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年11月読書のまとめ:

« 2009年11月の手芸作品☆クリスマスオーナメントを作りました☆ | トップページ | 『人間が抱く嫉妬の中で、最も暗くて陰湿なのは、対象となる人間の正しさや立派さに対してなの』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。