ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 【最終節 愛媛戦 △ 1-1】 | トップページ | 柴田よしき「私立探偵・麻生龍太郎」 »

「仙台は特別なチーム」~~元ベガルタの高桑選手が、語ったというこの言葉の重み~~

以前リャン選手がテレビに出演して、このエピソードを紹介しました。休日を利用して、高桑選手のところへ遊びに行ったとき、言われたとのことでした。

確かにそう思います。集客力もあるし、地元メディアでの露出もかなり多いし、何せすごい応援です。

ただ「特別」という意味が、牙になることもあります。2001年奇跡的な昇格を決め、(あの時は最終節ロスタイムのゴールでした) 2002年日韓ワールドカップの年は、J1にいたのでした。この年は何とか残留しましたけど、よく2003年最終節にまたJ2に戻ることになりました。

ここからは毎年、苦難の連続でした。監督のこと、昇格できなかったことで、泣く泣くチームを離れる選手(現状では代表への道は、1部リーグの選手でないと・・・)語りつくせないいろんなことがありました。すべてのこと含めて、仙台は「特別」なチームだと思います。あの昨年の壮絶な入れ替え戦のあと、選手は「このチームで昇格したい」という気持でいてくれました。

来年日本では一番上のリーグで戦うことになりました。謙虚な気持ちで、共闘しましょう。余韻もさめぬうち、来週には「元旦国立」を目指す天皇杯の準々決勝で、川崎とあたります。

ベガルタ仙台 フラッグ(S) ベガルタ仙台 フラッグ(S)

販売元:SSマツムラ
楽天市場で詳細を確認する

☆プロ野球では、「パリーグは地方分権すすんでる」という川柳を新聞で見ました。日本ハム対楽天の試合の応援も、すごかった。地域密着が一番ですね。ずっと昔、野球のドラフトで「在京セ希望」って、よく聞きましたけど、最近は死語となったようです。

« 【最終節 愛媛戦 △ 1-1】 | トップページ | 柴田よしき「私立探偵・麻生龍太郎」 »

☆ベガルタ仙台☆」カテゴリの記事

コメント

今シーズンはサポーターのみなさんにとて大変素晴らしいシーズンだったと思います。
J1へ昇格、J2優勝というおまけまでついて、この勢いで天皇杯優勝とぜひ2冠を達成して欲しいものです。

山形もなんとか残りましたから来期は東北ダービーも盛り上がりますね!

コーチさん、ありがとうございます。
確かに選手たちは一生懸命やるでしょう。「元旦国立」を目指して・・・・

でも、チームとしては「来年残留する」ことを、最優先で取り組んでほしいです。
またカップ戦のタイトル(天皇杯、ナビスコ杯)には、マイナスのオーラがあるらしく、昨年のナビスコ杯の優勝大分が、今年降格しました。このチーム、お金の問題もあるらしく、ほんとに他人事でありません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/32509314

この記事へのトラックバック一覧です: 「仙台は特別なチーム」~~元ベガルタの高桑選手が、語ったというこの言葉の重み~~:

« 【最終節 愛媛戦 △ 1-1】 | トップページ | 柴田よしき「私立探偵・麻生龍太郎」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。