ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 山崎豊子「大阪づくし私の産声 山崎豊子自作を語る 2」 | トップページ | 2010年1月の手芸作品 »

米原万里「打ちのめされるようなすごい本」

586番 ☆☆☆☆

すごい本だった。今回自分の資料ということで、拾い読みにとどめたが、手元に置くことは無理でも、時折手に取ってみたい本となりました。

読書日記、最後のほう、闘病日記にもなってしまっているのが、悲しい。治りたい一心でいろんな本を読み、治療法を試したようだが・・・怖い病気であること、あらためて思いました。以前「闘うな」とおっしゃってたお医者さんの言葉。「一般的に、患者家族は、いかがわしいものであればあるほど、大金を払わされている」とのこと。

打ちのめされるようなすごい本 Book 打ちのめされるようなすごい本

著者:米原 万里
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 山崎豊子「大阪づくし私の産声 山崎豊子自作を語る 2」 | トップページ | 2010年1月の手芸作品 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

「闘うな」という言葉はすごいですね。
胸に刻んでおこうと思います。
金銭的な問題で治療法が限られると家族が自分を責めるのでは
との思いからガン保険に加入しましたが・・・
子どもたちにはあまり大騒ぎするなと話してあります。
ごくごく当たり前な治療のみであとは成り行きにまかせたいと
今は思っておりますがいざとなれば気が変わるものなのかなぁ。
本は最期までずっと読んでいたいものです。
「赤毛のアン」のマリラが目を患いショックを受けるシーンが
印象に残っています。
糖尿病には気をつけようと思うこのごろです。

米原さんが書き遺されたものは全部読もうと決心したはずですが、まだ読み切れず・・・これも未読です。
でも、悲しいことにもう新作は出ないのですから、少しずつ読んでいこうかなと思います。
そうか、闘病記みたいになっているのですね。やっぱり、これは読まなくては。

わたしも読んで、その都度読み返したいと思いましたので、手元に置こうと思いつつまだゲットできていません。
あの闘病のあたりは本当に切なくなりますよね。
米原さんだからあまりウェットにはなっていないのですが、そこがまた胸を打つのです。

私もいい歳になってきたので病気がそろそろ気になってきています。
先日は市から(国から?)無料クーポンが届いていたので子宮がん検診に行ってきました。
幸い異常なしでしたが、会社を辞めてから健康診断をしていないので行かないとなぁ、と思う今日この頃です。

紹介されている本の幅広さ、読み込みの深さ鋭さに脱帽でした。
亡くなる直前まで書かれた闘病日記は壮絶ですよね。
米原さんに圧倒されてしまった感じです。
これから少しずつ米原さんの作品を読んでいこうと思います。

新聞のコラムを読んで、すてきな作家さんだなと思っていました。これからというときにな亡くなられたことを知って、本に手を出せずにいました。でもこの本は読んでおきたくなりました。図書館に予約しようと思います。

ありがとうございます。「完読」とは言えない状況なのに、多数のコメント、恐縮です。

わったさん、「患者よ癌と闘うな」っていう本、ご存知ですよね。社会現象になった本です。(逸見さんほどでは、ありませんが)
告知なんてとんでもないっていう時代から思えば、変ったものです。

まゆさん、亡くなる直前まで連載していたのが、そうですね。最初に告知を受けたあたりから、赤裸々に語っています。義弟にあたる井上ひさしさんの文章も、よかったです。(今回初めて、このお二人、親類だったと知りました)

ともさん、そうですね。客観的にみているから、余計につらいです。病院の先生とのやり取りも、ここまで書いていいのって思うくらいでした。健康に気をつけていなかったとは思えないのですが、結果がこれ。残酷ですが、これが事実なんですね。

はぴさん、私もこれが二冊目くらいかも? ちょっと記憶があいまいですが・・・ まゆさんがおっしゃる通り、これ以上世に出ないのだから、少しずつ読みたいです。

ひなたさん、ぜひ読んでください。メモ帳に書き出したくなりますよ。私も何冊かピックアップしました。(事実、読んだことある本、ほとんどありませんでした)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/33168924

この記事へのトラックバック一覧です: 米原万里「打ちのめされるようなすごい本」:

« 山崎豊子「大阪づくし私の産声 山崎豊子自作を語る 2」 | トップページ | 2010年1月の手芸作品 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。