ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 『書きながら柩に入るのが作家だ』 | トップページ | 楊 逸(ヤン・イー)「金魚生活」 »

辻村深月「冷たい校舎の時は止まる」

570~572番 ☆☆☆

彼女のデビュー作。3巻ありました・・・それも二段組み。難敵ですtyphoon時間が現在や過去を行ったり来たりで、苦手な構成でした。

雪の降る校舎に閉じ込められた8人のクラスメイト。設定ではありえないのに、会話が生き生きしていましたね。学園祭の最終日に、飛び降り自殺した友人の名前が思い出せない。時計が5時53分で止まっている。8人のうち一人が消えると、時計が進みだす。彼らはどうなるのか・・・・

8人のクラスメイトのそれぞれの過去。息がつまりそうなものでした。8人の名前が、名字で出てきたり、名前で出てきたりしていたので、自分のために、メモしておきましたが、それがきっちり埋まった時、謎が解けました。

直木賞の候補になっているようですが、候補作で読んだの辻村作品だけの私。結果を待ちたいところです。

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫) 冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)

著者:辻村 深月
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫) Book 冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)

著者:辻村 深月
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

冷たい校舎の時は止まる 1 (KCデラックス) Book 冷たい校舎の時は止まる 1 (KCデラックス)

著者:新川 直司,辻村 深月
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆私は「ノベルス」で3巻読みました。コミックもあるんですね。こちらは4巻です。コミックのほうが、読みやすいかもしれませんね。

« 『書きながら柩に入るのが作家だ』 | トップページ | 楊 逸(ヤン・イー)「金魚生活」 »

本・辻村深月」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。

ほっそさんの宣言があった手前、どうだろうか、申し訳ない…!と実はひそかに悩んでいました。デビュー作ですし、あと『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ』を読んでなかったので、その傾向のちがいがわかっていなかっただけに。

『ゼロ、ハチ…』は、今までの作品と比べると、まっすぐな感じで、ちょっと違う話です。(私はどちらも好きですが)
でもデビュー作を読んでもらったのは、辻村さんの作風がよくわかってほしいと思ったから。

できれば、『冷たい…』の記憶があるうちに、『ロードムービー』を読んでいただけませんか。こちらは、『冷たい…』のスピンオフというか、それ以前、それ以後の4つの物語です。『冷たい…』と違い読みやすいし、すとんと胸におさまるのでぜひに。

こんばんわ~
この作品、漫画で読みました~(連載してた雑誌毎月買ってるので)やっぱり原作は面白いんだろうな~って思ってます。

高校生のそれぞれの抱えてる過去が解っていきラストにちょっと涙もしました、今度、ちゃんと原作の小説読んでみようと思ってます♪

ありがとうございます。
なぎさん、教えてもらってありがとうございます。今度「ロードムービー」を読むことにします。
ない時、図書館に予約しますね。(この前あったのに借りなかったこと、悔やみます)

asaさん、ようこそ。学校が舞台で、時間が止まるって設定、「タイムトラベラー」を思い出しました。世代がばれます。

私はこれ大好きで、読んでてすごくはまりました。ノベルスで読んで、1冊ずつ感想アップしてたので、TBは自粛しますが…(苦笑)
当時、まだ本プロ時代で、あしかさんがこれ全く駄目・・・と言ってたのをすごく覚えています。人によって感じ方って違いますねえ。

第2作まで読んで、あとは遠ざかってしまっています。直木賞の候補になったので、候補作は読んでみようかなあと思ったりしてますが・・・どうでしょうね。

ありがとうございます。直木賞候補の辻村作品ですが、覚悟して読むことをお勧めします。林真理子さんは、これを絶賛しそうに思うのですが??
私「はつもの」で、それを読んで、打ちのめされました。その後、なぎさんのお勧めで、過去作品読み進めている最中です。

辻村さんの作品は気になっていて読みたいと思っているんですが、私もこれにしようかな・・・
書かれる作品の幅がかなり広そうな方ですね。

そうそう、ほっそさんのブログ、リンクしているとばかり思っていたんです。
アンテナに入ってないのに今更気づきました^^;
いつもお世話になっているのに本当にごめんなさい。
今更ですがリンクさせてもらいますね。

はぴさん、ありがとうございます。私のほうもリンクしますね。評判を知らなかったら、まず手に取らないであろう作家さんでした。これから楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/32891406

この記事へのトラックバック一覧です: 辻村深月「冷たい校舎の時は止まる」:

» 辻村深月『冷たい校舎の時は止まる』 [初心者のための読書ガイド]
応援クリックお願いします! いったい自殺したのは誰なのか? 辻村深月『冷たい校舎の時は止まる』 雪降るある日、いつも通りに登校した8人の高校生。 他の生徒はおろか教師すらいない校舎。出ようと思っても開かない扉、5時53分で止まったままの時計、無人の校....... [続きを読む]

« 『書きながら柩に入るのが作家だ』 | トップページ | 楊 逸(ヤン・イー)「金魚生活」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。