ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 山崎豊子「作家の使命 私の戦後 山崎豊子自作を語る 1」 | トップページ | 辻村深月「冷たい校舎の時は止まる」 »

『書きながら柩に入るのが作家だ』

作家の山崎豊子さんを支え続けた、名編集者の斎藤十一氏の言葉です。

「大地の子」のあと、引退したいという申し入れに一喝!

「芸能人には引退があるが、芸術家にはない、書きながら柩に入るのが作家だ」

そしてそのあと、「時に私の死期も近いから、私への生前香典として一作戴きたい」とおっしゃったとのこと。

このことを知った時、この方の言葉がなければ、私たちは「沈まぬ太陽」も「運命の人」も読めなかったのです。本当にありがたく思いました。

このエピソードは、斎藤氏への「弔辞」として披露されています。斎藤氏の葬儀では,寂聴先生も弔辞を述べました。本当にずごい編集者だったんですね。

奥様がまとめた本です。↓

 編集者斎藤十一 編集者斎藤十一
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

« 山崎豊子「作家の使命 私の戦後 山崎豊子自作を語る 1」 | トップページ | 辻村深月「冷たい校舎の時は止まる」 »

座右の銘とまではいかなくても♪」カテゴリの記事

コメント

すごく素敵な言葉ですね。
私も、死ぬまで書き続ける、そんな人生を全うできるならどんなに本望でしょうねconfident

ありがとうございます。
私が山崎豊子さんの本を初めて読んだのは、平成になってからだと思います。
もう少し若いころから読みたかったと、今思うのですが、あのボリュームだと、ちょっとためらいがあったのも事実です。現実にこれから、未読の本とか、再読しようかと思っても、一瞬構えてしまう・・・というわけ。
じょせさんもいかが?最新刊の随筆も「迫力満点」です。勇気を与えてくれる内容です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/32872763

この記事へのトラックバック一覧です: 『書きながら柩に入るのが作家だ』:

« 山崎豊子「作家の使命 私の戦後 山崎豊子自作を語る 1」 | トップページ | 辻村深月「冷たい校舎の時は止まる」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。