ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 堤未果「ルポ貧困大国アメリカ」 | トップページ | 【第1節 ジュビロ磐田戦 ○ 1-0  】 »

トリイ・L・ヘイデン「シーラという子」

607番 ☆☆☆☆☆

↓の本との並行読みでしたので、より印象的でした。今から30年以上前のアメリカが舞台です。ノンフィクションです。

問題行動(3歳の男の子に火をつけた!)を起こした6歳のシーラ。作者は彼女のクラスに入ってくるのでした。

当初ひどい行動ばかりでしたが、だんだん心を開いていくシーラ。シーラの問題行動には、深い深い根があったのです。

どうしようもない「貧困」 でも「施し」を拒否する父。弟を連れて家出したという母。娘を愛せない父。どうしていいかわからないというのが、たぶん本当のところなんでしょう。いつの時代も、この種の問題はありました。

最後のほうで、シーラが入院する展開には、息をのみました。自らを守ることすらできない、シーラ。彼女を救おうと行動する人たち。失業対策として、派遣されていたアシスタントのアントンが、自分の将来のため、進学しようと行動し始める。こういう展開こそ、私があこがれていた「アメリカ」です。

シーラという子―虐待されたある少女の物語 Book シーラという子―虐待されたある少女の物語

著者:トリイ・L. ヘイデン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆私は図書館利用のため、↑の本で読みました。仮面をもつ子供の姿がなんとも印象的です。

« 堤未果「ルポ貧困大国アメリカ」 | トップページ | 【第1節 ジュビロ磐田戦 ○ 1-0  】 »

本・海外作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
このシリーズはどれも痛いです。
舞台はアメリカなのですが、どの時代でも、どこの国でも、もちろん現代の日本でもあるお話。
親の愛情で守られるべき子供たちが、否定され虐待される。
嘘のような本当の話。
こういう話を聞くと、憤りを感じながら、自らの幸運に、ほっとしている自分がいます。

予断ですが、表紙の絵は友人のお兄さんの作品です。
ぴったりですよね。

すみません。

予断 ×
余談 ○

でした。(゚ー゚;

ありがとうございます。あの表紙は日本のオリジナルなんですね。
虐待が増えているとは思いたくないです。今まで表に出てこなかったのが、そういうことはいけないんだと思う人が増えて、警察など行政が介入するようになったと、思いたいです。

 7年前、今の仕事についた最初の夏休みに憑かれたように、トリイ・ヘイデンのこのシリーズを読みまくりました。「愛情をかければ」なんていう考えがどんなに甘いかと思い知らされました。
 続編「タイガーと呼ばれた子」もぜひ読んでみてください。成長したシーラとのその後、こちらも深く考えさせられました。

ありがとうございます。おすすめの続編、見つけてきました。覚悟して、読みたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/33654725

この記事へのトラックバック一覧です: トリイ・L・ヘイデン「シーラという子」:

« 堤未果「ルポ貧困大国アメリカ」 | トップページ | 【第1節 ジュビロ磐田戦 ○ 1-0  】 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。