ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 有川浩「三匹のおっさん」 | トップページ | 【ナビスコカップ予選リーグ FC東京戦 ○ 1-0】 »

浅田次郎「輪違屋糸里」「浅田次郎新選組読本」

651~3番 ☆☆☆

三冊まとめて読んだ。私時代物苦手だし、特別思い入れもないので、「読本」を参考にして、読み切りました。

作者、新選組オタクだったのね・・・・これであの「壬生義士伝」の世界も納得でした。

この本は、土方の愛人糸里、芹沢の愛人お梅が中心に話が進みます。女のしたたかさをこれでもかという風に描いていきます。芹沢がなにゆえに「粛清」されたか? その当時の京都の人は、この混乱期をどんなふうに感じていたのか。

お梅に関して言えば、いざという時の言葉が、迫力満点。当時の京都の人、理解できたんだろうか?

最近の大河ドラマでは、芹沢は佐藤浩市さんでしたよね。お梅がもしかして、鈴木京香さん?

輪違屋糸里 上 Book 輪違屋糸里 上

著者:浅田 次郎
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

輪違屋糸里 下 Book 輪違屋糸里 下

著者:浅田 次郎
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

浅田次郎  新選組読本 Book 浅田次郎 新選組読本

著者:浅田 次郎
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆図書館利用のため、「輪違屋糸里」は別の表紙でしたが、こちらのほうが雰囲気あるので、こちら貼り付けておきます。

« 有川浩「三匹のおっさん」 | トップページ | 【ナビスコカップ予選リーグ FC東京戦 ○ 1-0】 »

本・浅田次郎」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

『輪違屋糸里』を読んだのはかなり前なので内容はあまり覚えていないのですが、こんなにかっこ悪い土方を読んだのは初めてで、そこだけ強烈に印象に残っていますcoldsweats01

「壬生義士伝」は、元南部藩士が主人公だというので手に取りましたが、そこで浅田さんの並々ならぬ新選組への愛を感じました。
浅田さんの書く、決して「いい人」ではない土方が、けっこう好きな私です。

浅田さんは独特の新選組観を持っておられるな~と思います。
実は私は沖田ファンなのですが、浅田作品でのダークな沖田も結構好きだったりします。
大河は欠かさず見てました。お梅さん、鈴木京香さんでしたよ~
そうそう、「輪違屋」は、上戸彩さんでドラマ化もされました。あまり印象に残ってないのですが・・・
「新選組読本」では黒鉄ヒロシさんとの対談がとても楽しかったです。

多数コメントありがとうございます。
ともさん、確かに、この作品では土方は「汚れ役」でした。スパイみたいな言動も目立ちましたし、糸里に対して、耐えがたいこともしました。
土方がカッコよかったかどうかは、わかりませんけど、洋装の写真の印象が、強烈すぎます。作者がいう、「新撰組集合写真」があればいいのに・・・

まゆさん、京ことばは私にとって、南部藩の言葉より、身近でなくて、逆にお梅の啖呵が妙に入ってきました。
あの混沌とした時代に、「いい人」ではとても乗りきれませんよね。作者も書いていて、楽しかっただろうなあ。

EKKOさん、そうそう、この作品では「胸の病気を隠す沖田」として、登場します。ドラマなどでは、若くてかっこいい俳優さんが演じますが、実態は・・・・??? 作者の解釈もありなんだでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/34871286

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田次郎「輪違屋糸里」「浅田次郎新選組読本」:

« 有川浩「三匹のおっさん」 | トップページ | 【ナビスコカップ予選リーグ FC東京戦 ○ 1-0】 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。