ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 奥田英朗「空中ブランコ」 | トップページ | 北村薫「ミステリ十二か月」 »

宮部みゆき責任編集「松本清張傑作短編コレクション 上」

683番 ☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)

清張ファンを自認する宮部みゆきが巨匠の傑作短篇を選びに選び、全てに解説を付けた。上巻はミステリ・デビュー作「恐喝者」の他、宮部いち押しの名作「一年半待て」「地方紙を買う女」「理外の理」や、「或る『小倉日記』伝」「削除の復元」の鴎外もの、斬新なアイデアで書かれた「捜査圏外の条件」、画壇の裏面を描く「真贋の森」等を収録。

カテゴリーを宮部みゆきにするか、ちょっと悩むところですが、彼女の松本作品へのこだわりを感じる文章がありましたので、ここでくくります。

本書には、いわゆるミステリーのほか、森鴎外の小倉時代のことを書いた作品、あと昭和史研究がおさめられています。

申し訳ない!いわゆるミステリーは面白く読んだけど、それ以外はほとんと斜め読みでした。彼女イチオシの名作「一年半待て」には、もうびっくり。女はこわい!でもそうさせるのは、男のせいです!「地方紙を買う女」もよかったです。

松本清張傑作短篇コレクション〈上〉 (文春文庫) Book 松本清張傑作短篇コレクション〈上〉 (文春文庫)

著者:松本 清張
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆あと中巻、下巻とあるんですけど、悩むところです。割り切ってミステリーだけ読むかな?

« 奥田英朗「空中ブランコ」 | トップページ | 北村薫「ミステリ十二か月」 »

本・宮部みゆき」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

これ、何年か前に読みました~~
「地方紙を買う女」は覚えています。
誰かの松本清張評で、「とても世俗的なミステリーだから人気が出た」
と、ありました。
自分が子どもだった頃の、当時(昭和)の世相も興味深いです。

松本清張は朗読CDで聴いたことがあります。
「或る『小倉日記』伝」とか時代物とかいろんなジャンルがあり、そのどれもが面白かったです。
ほっそさんの日記を読んで、今度は読んでみたくなりました。
でも小説だったら、ミステリだけ拾って読んじゃいそうです(笑)

ありがとうございます。昭和世代なので、違和感なく、読めました。あと二巻は、思案中。借りてきたの読んでから、考えましょうか?

ログインしたら、kanakanaさんのコメント見つけました。ありがとうございます。
若い世代の方だと、もう歴史上の作家さんかもしれません。中学生か高校生の時、「砂の器」読んだ私。映画では確か丹波哲郎さんが、刑事役だったかと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/35747693

この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆき責任編集「松本清張傑作短編コレクション 上」:

« 奥田英朗「空中ブランコ」 | トップページ | 北村薫「ミステリ十二か月」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。