ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 吉田修一「横道世之介」 | トップページ | 宮部みゆき「我らが隣人の犯罪」 »

宮沢賢治「さるのこしかけ」「オツベルと象」

68~9

内容(「BOOK」データベースより)

大きな栗の木に、白いきのこが三つできていました。楢夫がじっと眺めていると、きのこの上に、ひょっこり、三疋の小猿があらわれて…。宮沢賢治の童話「さるのこしかけ」初めての絵本化。
↑「さるのこしかけ」の内容です↑

偶然賢治の童話で、動物と人間がでてくる絵本を二冊読んだ。

「オツベルと象」は、かなりリアルな話。動物虐待するオツベル。版画が素晴らしかった。

「さるのこしかけ」は、猿と人間のファンタジー。不思議の国のアリスを思い出しました。

さるのこしかけ Book さるのこしかけ

著者:宮沢 賢治
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オツベルと象―版画絵本宮沢賢治 Book オツベルと象―版画絵本宮沢賢治

著者:佐藤 国男,宮沢 賢治
販売元:子どもの未来社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 吉田修一「横道世之介」 | トップページ | 宮部みゆき「我らが隣人の犯罪」 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

元気だった象がだんだん衰弱していく様子がリアルですよね。
それに伴って鋭くなっていく目つきも怖くて。

あとは「苦しいです、サンタマリア」っていう像の呟きが、語感も良くて印象に残っています。

ありがとうございます。
賢治の物語、まだまだありそうです。絵本だと、いろいろな方の絵で表現されるのもいいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/36136650

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治「さるのこしかけ」「オツベルと象」:

« 吉田修一「横道世之介」 | トップページ | 宮部みゆき「我らが隣人の犯罪」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。