ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 2010年9月読書のまとめ | トップページ | 斎藤隆介「モチモチの木」 »

桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」

720番 ☆☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)

“辺境の人”に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の“千里眼奥様”と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。―千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる三代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の姿を、比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。

再読しました。はじめて読んだ時の記録は、こちらで。

私、初桜庭作品として、この本を読んだこと、幸運だったと思います。それ以外の作品が、「はつもの」だったら、そのあと読み続けたと思えないからです。特に直木賞作品「私の男」や「ファミリーポートレイト」は、あくが強すぎて、それっきりになってた予感がします。

内容については、今さら触れないでおきます。関連本として、「製鉄天使」がでているようですが、私としては、万葉の姑タツについて、書いてほしいと思います。なにゆえに万葉を、息子の結婚相手として、選んだのか?好き勝手に生きているような女たちですが、「イエ」のためとなると、急に家を守るための行動をとる女たち。タツのバックグランドが余計に知りたくなりました。

赤朽葉家の伝説 Book 赤朽葉家の伝説

著者:桜庭 一樹
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

製鉄天使 Book 製鉄天使

著者:桜庭 一樹
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2010年9月読書のまとめ | トップページ | 斎藤隆介「モチモチの木」 »

本・桜庭一樹」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
確かに!姑さんの事を知りたいです。
万葉って、確か親がいなかったですよね。どうして嫁にと思ったんでしょうか。
わ~。。。気になってきました。

ありがとうございます。トラックバックもありがとう。
自分の年齢的なものがあるのでしょうが、時代背景として、親が子供の結婚に深くかかわるのに興味ありました。それに、孫の名づけには、どう解釈しても理解に苦しむ・・・内孫(古臭い言い方でゴメン)の初孫に、「泪」ってつけるか??

万葉もその生い立ち,千里眼で魅力ある主人公ですが,姑のタツさんも謎が多い人ですよね。
分家の娘で有りながら,本家の夫のみならず,親族中に誰ひとりとして逆らえる人はなく,
恐れられる存在になるには,どんなドラマがあったのでしょうか?
タツさんの一言は絶対で,親族中誰からも万葉を嫁に迎える事に反対も出なかったあたり,
(むしろ頼みます,頼みますと願掛けまでされたし)相当な過去がありそうですよね。
タツさんの話,読みたいけど,期待外れで終わりたくないのもあります。

はじめまして。
コメントありがとうございます。共感していただいてうれしいですね。
タツの話だけでも、大作書けそうと思うのですが、現実に毛毬よりは、興味があります。「製鉄天使」未読です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/37021236

この記事へのトラックバック一覧です: 桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」:

» 赤朽葉家の伝説 桜庭一樹 [苗坊の徒然日記]
赤朽葉家の伝説 オススメ! “辺境の人”に置き忘れられた幼子。 この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の“千里眼奥様”と呼ばれることになる。 これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。 ―千里眼の祖母....... [続きを読む]

» 桜庭一樹 「赤朽葉家の伝説」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?]
初めて桜庭一樹氏の「私の男」を読んで近親相姦の話であるのに、いやぁ〜あかん!と思ったけど… まぁそれは、たまたまそういう内容の話だったのだろうと (「私の男」のレビューはこちら⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/6bf38189e4e5d04d94e2958b65daae92) で、以前から桜庭氏の名で気になってた作品「赤朽葉家の伝説」 文庫になったので、読んでみました。 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/978448... [続きを読む]

« 2010年9月読書のまとめ | トップページ | 斎藤隆介「モチモチの木」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。