ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 内館牧子「あなたもオバサンと呼ばれてる」 | トップページ | 上橋菜穂子「獣の奏者 Ⅱ 王獣編」 »

上橋菜穂子「獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編」

722番 ☆☆☆☆

出版社/著者からの内容紹介

上橋菜穂子待望の長編ファンタジー
けっして人に馴れず、また馴らしてもいけない獣とともに生きる、宿命の少女・エリン。
母が指笛を吹き鳴らしたとたん、奇跡が起こった。だが、その奇跡を、母は「大罪」と呼んだ……。
獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、その責任を問われた母は処刑されてしまう。孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられて暮らすうちに、山中で天を翔ける王獣と出合う。その姿に魅了され、王獣の医術師になろうと決心するエリンだったが、そのことが、やがて、王国の運命を左右する立場にエリンを立たせることに……。
4冊まとめて借りてきました。この不思議な世界の入り口です。エリンが、うまれるいきさつにも何かあるようだ。父には死に別れ、母とも死に別れるのですが、その場面はなんとも切ないものでした。そもそも「霧の民」って何?彼らが住む国とは?
すべてが、私にとっては「謎」ですが、登場人物の生き生きとした様子。素敵ですね。エリンの成長を見守って、読み進めたいと思います。
私のようなファンタジー苦手でも、読み進められたということで、「おすすめ作品」としておきます。ファンタジー好きの方にとっては、もうとっくに読んだ本でしょうから。

獣の奏者 I 闘蛇編 Book 獣の奏者 I 闘蛇編

著者:上橋 菜穂子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 内館牧子「あなたもオバサンと呼ばれてる」 | トップページ | 上橋菜穂子「獣の奏者 Ⅱ 王獣編」 »

本・上橋菜穂子」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

わたしも最近、四冊読み終えたところです。
一二巻はお正月ごろ読んだのですが、三四巻がなかなかまわってこなくて7カ月待ちでした。
でも、待っただけの甲斐がありました!
一巻、おかあさんとエリンの別れが辛かったです。差別の厭らしさも不愉快でした。
少女時代のエリンのまっすぐさやジョウンの優しさが印象に残っています。

ありがとうございます。
4巻まとめて読めること、幸せに感じなくてはいけないですね。
今3巻読んでいます。加速度付けて、おもしろくなっていきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/37087810

この記事へのトラックバック一覧です: 上橋菜穂子「獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編」:

« 内館牧子「あなたもオバサンと呼ばれてる」 | トップページ | 上橋菜穂子「獣の奏者 Ⅱ 王獣編」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。