ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 【第28節 京都サンガ戦 ○ 1-0】[ | トップページ | 2010年10月読書のまとめ »

柴田よしき「激流」

742番 ☆☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)

上巻
京都。修学旅行でグループ行動をしていた七人の中学三年生。知恩院に向かうバスで、その中の一人の女生徒・小野寺冬葉が忽然と消息を絶った―。二十年後。三十五歳となった六人に、突然、失踪した冬葉からメールが送られてくる。「わたしを憶えていますか?」運命に導かれて再会した同級生たちに、次々と不可解な事件が襲いかかる…。

内容(「BOOK」データベースより)

下巻
十五歳の記憶の中の少女はいつも哀しげにフルートを吹いていた。冬葉は生きているのか?彼女が送ったメッセージの意味は?離婚、リストラ、薬物依存、不倫…。過去の亡霊に、次第に浮き彫りにされていく現実の痛み。苦悩しながらも人生と向き合う、六人の三十五歳の闘い。「今」を生きる、すべての人に贈る、渾身のサスペンス・ミステリー。
私はハードカバーの図書館本で読みましたので、500ページ超の長編でした。全体としては、ありえないものですが、ひとつひとつのエピソードは、あり得るものを積み重ねて、引き込まれる作品になりました。
今回は、登場人物メモ書きにして読み続けました。いい方法でした。6名の同級生と担任が軸になり、 彼らに起こる奇怪な出来事、そして殺人事件。
きっかけは、大人のとった無責任な行動。思春期の女の子、冬葉を傷つけること、あまりに簡単でした。結果、波紋が大きすぎました。小説とはいえ、うすら寒い気持ちになったのは、私だけでしょうか?

激流〈上〉 (徳間文庫) Book 激流〈上〉 (徳間文庫)

著者:柴田 よしき
販売元:徳間書店

Amazon.co.jpで詳細を確認する

激流〈下〉 (徳間文庫) 激流〈下〉 (徳間文庫)

著者:柴田 よしき
販売元:徳間書店

Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 【第28節 京都サンガ戦 ○ 1-0】[ | トップページ | 2010年10月読書のまとめ »

本・柴田よしき」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

よく行く本屋(紀伊国屋なんですが)で、上下巻思わず一気読み!とPOPに書いてあって、あっほっそさん読むってコメあったな~って思い感想読ませていただいてから購入するか決めようと思っていました~。

ハナちゃんやばんざい屋とは違う柴田作品ですね。
よく、伊坂幸太郎が白伊坂・黒伊坂と作風が分けられますが、柴田よしきさんもそんな感じがします。ホラーの作品も結構書いていますし、人情物も書きますし。今年好きになった作家さんですが、久々にこんなにハマってしまいました。

ありがとうございます。ホラーとSFは、基本パスなので、この方の作品は、情報得てから読むようにしています。
上にも書きましたけど、全体としては「あるわけないじゃん!」と突っ込みたくなるものですが、ひとつひとつのエピソードに関しては、リアルあります。
たとえば、作家志望の人間が「暴走」したり、芸能人が薬物に手を染めたり、離婚の条件に思わぬこと言われたりなどなど。
楽しみにしていていいと思いますよ。

芸能人、出版社の編集、刑事、エリートサラリーマン、元モデルの主婦。
誰もが自分なりに現在を懸命に生きてるんだなと、彼ら全員に好感が持てました。
読み応えがあった分、「これが真相?」トラストにちょっとがっかりしちゃいましたが。

ありがとうございます。確かに、そうですね。
真相は、後味良くありませんでした。大人の勝手、恋愛感情のもつれと言ってしまえば簡単ですが、ちょっとなあって感じでしょうか?

面白いんだけどつるんでる感じがなじめない。

個人的には、ですけど。

ドラマは原作よりも刺激的で、これはこれで
悪くないというか、この時期のドラマの中では
面白いなと思いましたよ。

ドラマ化を機にいろんなサイトの書評を読んで
みてますが、柴田さんを評価するサイトを見つけました。
http://www.birthday-energy.co.jp/

それにしても、作者もあんまり関わってない
ようですし、やっぱり脚本家のチカラ次第
でしょうね。

さやえさん、はじめまして。
ドラマ見てません。本の結末もすっかり忘れていて、悲惨な現状です。
内容を忘れないようにブログにしているのに、ネタバレはまずいかなと思い、あいまいな書き方していると、後で読んでもさっぱり思い出せない。
ドラマの最終回くらい、見ようかなあ。
柴田よしきさんの作品では、おばんさいやのシリーズが好きです。またどうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/37426085

この記事へのトラックバック一覧です: 柴田よしき「激流」:

« 【第28節 京都サンガ戦 ○ 1-0】[ | トップページ | 2010年10月読書のまとめ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。