ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 夏目漱石「吾輩は猫である」(絵本) | トップページ | 【第29節 ヴィッセル神戸戦 ● 0-2】 »

雫井脩介「つばさものがたり」

743番 ☆☆☆

内容説明

もっと我慢せず、自分のために生きればいい。

君川小麦は、26歳のパティシエール。東京での修行を終え、ケーキショップを開くため故郷の北伊豆に帰ってきた。小麦の兄・代二郎と義理の姉・道恵の間には、叶夢(かなむ)という6歳の息子がいる。叶夢には、レイモンドという天使の友達がいるらしい。ケーキショップ開店のため小麦が見つけた店舗物件に対し、叶夢は「ここ、はやらないよ」「レイモンドがそう言ってる」と口にし、小麦、代二郎夫妻を戸惑わせる。しかし、結果は叶夢の言うとおりに…。さらに、帰京した小麦には家族にも明かせない秘密があった。君川家の人々は様々な困難を乗り越えながら、ケーキショップの再起を目指す。

マイミクさんが読んだので、私も図書館で予約して手にしました。書き下ろしの新作です。表紙のイラストが、なんともいえずハートウォーム、屋根には天使らしき姿があります。タイトルの「つばさ」が、どんな形で登場するのか楽しみでしたが、そうきましたか!

いずれ、映像化になるんだろうなというのが、率直な感想でした。ある意味「泣かせる」作品です。

私としては、おとぎ話と思って読んだほうがいい作品と感じました。主人公の生き方に、共感できない。意地を張りすぎているように思いました。事情を知らない兄嫁の反発も、理解できます。この道恵が、一番私に近いかも?叶夢(かなむ)くんの見る世界、小説にリアルを求めると、戸惑いも。

つばさものがたり Book つばさものがたり

著者:雫井 脩介
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近のテレビで、「余命一カ月の花嫁」「また明日も生きていこう」を、見たものですから・・・

« 夏目漱石「吾輩は猫である」(絵本) | トップページ | 【第29節 ヴィッセル神戸戦 ● 0-2】 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

私も小麦に対しては、「何で言わないの?家族なんだよ?」と腹立たしい気分にもなりました。
それさえなければ、応援する気持ちでいっぱいですが。
「これ、ファンタジーなのかな?」ってちらっと思いましたが、そこらへんはあまり気になりませんでした。
叶夢の存在で、物語に温かさが増したように思えたからかもしれません。

私も道恵に一番共感できました。
道恵の人生が変わっちゃったわけで、もし私だったら同じように反発したり戸惑ったりすると思います。

作者のお姉さんのことがこの話の下敷きだろうと思うと、どうしても評価が甘く・・・。私も今年、同じような病で義弟を亡くしたので。

ありがとうございます。
kanakanaさん、こちらにもありがとう。そこまで秘密にする主人公に対して、イライラしました。それ以外はよかった・・・ラストの詩も素敵。

ときわさん、近い関係でそういうことあったのなら、この物語は、忘れられない作品となったでしょうね。
この作家さん、次はどっちの路線でいくんでしょう?次回作も楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/37524835

この記事へのトラックバック一覧です: 雫井脩介「つばさものがたり」:

« 夏目漱石「吾輩は猫である」(絵本) | トップページ | 【第29節 ヴィッセル神戸戦 ● 0-2】 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。