ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 柏葉幸子「つづきの図書館」 | トップページ | 池井戸潤「オレたちバブル入行組」 »

リリ・タール「ミムス 宮廷道化師」

773番 ★★★

内容(「BOOK」データベースより)

囚われの王子フロリーンの生きのびる道は、宮廷道化師になることでしかなかった。誇りを捨て、敵の王の笑いを得て活きる。笑いこそが最後の武器であった。

これも昨年のベストで、複数の方が推していた本。翻訳もの苦手ですが、読み始めました。児童書のジャンルなのですが、500ページ以上あり、結構難敵でした。途中まで、結構時間がかかってしまったこと、告白します。舞台が中世のようだし、この宮廷道化師という役割?仕事のイメージが、なかなか湧いてこなかったのでした。

でも、深い深い物語でした。敵の策略のため、父親の王様は、地下牢へ。息子の王子フローリンは、宮廷道化師ミムスの弟子とされる。まさしく運命が、「天国から地獄へ」一直線。当初抵抗したものの、あきらめ、ミムスとの生活を受け入れていく様子は、悲しかった。けれども、憎い敵方の王様の残虐な面と、家庭的な面と両方描いていて、フローリンは、戸惑うのでした。

圧巻の場面は、地下牢の父親に会いに行く場面。父親から、この紛争の要因を知る、フローリン。

一番魅力的なのは、やっぱりミムスですね。彼のバックグランドは、明かされないまま物語は終わるのですが、最後まで、魅力的な道化師でいます。あくまでも道化師のままでした。

ミムス―宮廷道化師 (Y.A.Books) Book ミムス―宮廷道化師 (Y.A.Books)

著者:リリ タール
販売元:小峰書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 柏葉幸子「つづきの図書館」 | トップページ | 池井戸潤「オレたちバブル入行組」 »

本・海外作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

これは、とってもおもしろかったです。
ミムス、最後まで道化師でしたよね。でも、王さまよりずーっと大きく見えました。
ほんとに魅力的な道化師。
長い本でしたが、ページが進むほど、ページをめくるスピードがあがりました。
気持ちのよいラストも児童書らしくてよかったです。

難敵でしたか!でも楽しまれたようでよかったです。
お疲れさまでした^^

敵の王様やミムス、父王などの描かれ方が良い面だけ、悪い面だけでないのがよかったですよね。
人間って奥が深いなと思いました。
著者の作品、また読んでみたいです。

私もこれは良いと思ったのですが、多くの方がプッシュしてましたね。
読むと誰かに勧めたくなる、そんな本でした。

ありがとうございます。コミュでのおすすめがなかったら、絶対読まなかった作品でした。

ぱせりさん、フローリンが主人公なんでしょうけど、かすんでしまうようなミムスの存在感。圧巻でした。

はぴさん、最初のほう、一日で50ページくらいしか読めなかったの。後半は一気にかな。表があれば、裏もある・・・それを感じたのです。

ときわさん、どなたが最初に読んだのかなあって、想像していました。あとで、ゆっくり日記訪問しますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/38581070

この記事へのトラックバック一覧です: リリ・タール「ミムス 宮廷道化師」:

« 柏葉幸子「つづきの図書館」 | トップページ | 池井戸潤「オレたちバブル入行組」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。