ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

超高額テレフォンショッピング?プリウス水没しました。

前の記事の通り、我が家では車一台ダメにした。流されたわけではないけど、津波の水で、水没しました。

エンジンかからず、その後始末の依頼があったのですが、もうどうしていいかわかりませんでした。電話もダメ、ディーラー自体も被災、近所の人にも相談したけど、妙案はなし。

不用心なので、自宅までレッカーという結論になったけど、JAFと連絡が取れない状態でした。

そこで、後方支援お願いして、別なところから現状をJAFに知らせてもらったところ、私の携帯に電話あって、現地で立ち会ってほしいということ。当座のガソリンは軽自動車にあったので、現地でJAFの救援を受けました。車は廃車にするしかないといわれ、へこみましたけど、車ならお金で買えます。

ガソリン問題は、地震後すぐ認識していましたので、JAFの方に、誘導なしで自宅においてきてほしいとお願いしたら、快く了解いただき、私は帰り道、買い物などできたのです。この時すでに、地震から一週間以上たっていました。

今度は、次の車の手配ですが、ディーラーの別の営業所の電話番号を友人に調べてもらって、そこに電話して、地元に連絡お願いしました。そうしたら、携帯から電話入って、すぐ車の相談です。現に展示してた車から売れている状態とのことで、迷っている時間はありません。ほぼその日のうちに、決めちゃいました。現物見ないで、電話で・・・我ながら、すごいなって思いました。地震後、約10日のことです。

★後日談・・・即納車できるはずの車をおさえたつもりでしたが、残念ながら、先客がいて、ダメでした。車検通してからの中古車ならあるということなので、(平成19年式)これも即決。プリウスから、ヴォクシーになります。まだ、納車の予定はたっていません。役所自体が被災して、印鑑証明を取るのに、数週間とか。なんか特例措置ということで、印鑑証明の代わりに別の書類とか・・・本当に大変だ。

ご支援ありがとうございます。気持ちを込めてお願いです。

我が家の被害は、車一台水没(この辺の事情は、改めて) 家の二階のサッシが、枠ごと落ちた程度です。細かいヒビなどは、数えきれません。人的被害がなかったこと、家の形があることで、被害の程度は、軽いといっていいかと思います。

メールなどで、「私にできることがあったら、言ってね」と多数いただきました。ありがとうございます。

どうかお願いです。かなり広範囲の被災地ですが、私たちのこと、見捨てないでください。復興には年単位の時間が必要かと思います。もともと、「人口流出」「過疎化」「高齢化」という深刻な問題を抱えていた地域も多く、この震災で、一気にそのしわ寄せがよること、心配しています。

具体的にいくつか・・・

今全国から、多数の応援いただいています。そのため、地元が手薄かと思います。ご迷惑かけます。ご家族が長期不在なお宅も多いかと、想像します。ぜひそのようなご近所さん、応援ください。

いずれ産業が動き出します。ぜひ被災地に関連する品物、ご購入ください。地元には大きな製紙工場ありますけど、甚大な被害です。

楽天やベガルタ仙台や、そのチームスポンサーを応援ください。間接的に被災地の応援になるかと、思います。

正確な情報、入手ください。特にネットの場合、信頼できるサイトで、信頼できる情報を入手お願いします。

私のブログ、当分この話題かと思います。ネタは山ほどあります。お友達に知らせていただいて、いいですよ。ただし、単なる一個人なので、雑文の域を超えないこと、あらかじめ謝っておきます。

日にちは忘れましたけど、和歌山県の消防のチームが、何台も見たこともないような立派な消防車の編成で、近所を通りました。どんなに頼もしく思ったことか。こんなに遠くから来てくれたんだ・・・・そういう気持ちだけで、癒されるのでした。

インテリが作って、ヤクザが売る?!

新聞のことです。我が家では、なぜか新聞二紙とっています。地震の翌日も配達があり、新聞社の底力感じました。

ところが、三日くらいたって(記憶があいまいですが) そのうちの一紙の配達がなくなりました。いよいよ配送なかったのかと、気にせずいました。地震後一週間たって、まさかと思って、近所の販売店のドアを開けたところ、そこには信じられない光景がありました。ちなみに徒歩数十秒。

新聞が届いていないんじゃないんです。配っていないだけ!

積まれていた新聞を見て、私の血は逆流しました。それまで、近所の人に助けられ、頑張ってきたのに、なんなの!

理由を聞いたら、15日でガソリンが尽きたとの回答。あんたは歩けないのか? 自転車はないのか?配達できないのなら、その旨知らせろ!

三日分の新聞受け取って、怒りは頂点に。「取りに来れば、渡す。」との回答に、あきれました。

25日から配達再開されましたが、ご丁寧な詫び状ついてました。デジカメで撮影したので、いずれ公開します。名前を伏せて・・・

近所なので、トラブル起こしたくないのですが、落ち着いたら、それなりの対応するつもりです。

顔も見たくないし、名前も聞きたくありません。

この記事読まれた方、ぜひご利用の新聞販売店に聞いてみてください。ガソリンないとき、どうやって配達しますかって。都会では、勧誘が盛んで、いろんな景品があるってこと、聞きます。それに比べると、田舎はないですね。景品なんていらないから、きちんと配達しろ!

『そっとしておく思いやり』・・・数年、胸にたまってたこと、すべて書きます。〜〜震災と携帯メール

タイトルの一部は、相田みつをさんの言葉です。

私は、2003年以来、何度か震度5以上の地震にあっています。特に2003年の、連続地震では、震度6強を体験しました。(直下型地震で、宮城県沖地震とは違うメカニズムと知り、複雑な気持ちになりました)

連続地震の時、携帯メールが予想外に役立つことを知り、それ以来私の中では、携帯電話は、「防災グッズ」です。

その時お見舞いの電話をいただいたりして、ありがたいと思いましたが、逆にある友人から、「連絡ひかえていたんだ。阪神大震災の時、そういう電話の対応も結構大変だったって聞いたから」という趣旨のメールいただきました。。なるほど・・・

その後、泉でプールの天井が落ちる震度5の地震が、ありました。家族の実態も分からないうちに、ある方から、「大丈夫ですか?」のメールが、来ました。ちょっとひいちゃいました。

そして、3年前栗駒の地震。その時は私、新幹線に乗っていて、その時の経験はブログに書きました。過去ブログ見てください。その時も同じ方から、家族の安否がわからないうちにメールが来ました。私パニックでしたね。その時はほかにすることもないので、「新幹線の中だ」ってこと、メールで伝えました。でも、何日か経って、その方の日記を読んだとき、私の気持ちは凍りつきました。コメントの中で、「私の友人は、今新幹線の中だそうです」って。

日記のネタを見つけるために、メールしたのかって、すごい不信感でした。

その時、震度5以上の地震の時は、それなりの対応をしてほしいこと、ブログでお願いしました。(震度5以上だと、被害が出始めるのが、わかってたので)

栗駒の地震も、想定される宮城県沖地震ではなかったので、私はこの時、決意しました。必ず宮城県沖地震が起きる・・・・その時、この同じ方から、メールが来なかったら、すべて許そうと。

ところが、来ましたね。3月11日に同じ方から。家族の安否も確認できないうちから。ほかの友人からも来ましたけど。初めての方なら、仕方がないです。でも、この方の場合、これで、何度目なの! そういうの遠慮してほしいの、知らないはずないのに!後で、その方の日記を見たら、「宮城の友人が心配です」との記載。携帯何日か「圏外」で、やっと復旧したら、ドコモのメールで、「留守番電話通知案内」にも、その方の名前がありました。

その時の絶望的な気持ち、わかるでしょうか?

今現在も、地元の友人の安否確認すらままならない現状。伝言板や伝言ダイアルは、確認していますが、怖くて直接聞くことできません。メールもできません。車の用事などで、どうしても知りたい場合は、間接的に聞いている私。新聞には、確認できないくらいの多数の名前。時折、知った名前を見つけた時の、たとえようもない喪失感。家族は無事でも、どうしようもない気持ちが襲ってきます。でも、私たちは、生きていきます。断水は、本日解消しました・・・・。

★コメントにレスはつけられませんけど、コメントそのものは、歓迎しますので、よろしくお願いします。

知らぬが仏・・・でした。停電の数日間を過ごして

やっとパソコンのネット、可能になりました。いろいろ応援ありがとうございます。

当分の間、レスはつけず、震災の記録をつづっていきます。

16日の午後2時まで、停電しました。そして現在も断水中です。当日一回だけ、東京の息子と話しましたが、(その後、携帯が圏外になりました) どんな感じなの?スマトラの地震のようなの?との問いに、否定する返事はありませんでした。

翌朝の新聞の特別版を見ても、白黒写真で、テレビとは違います。近所の小学校、避難所に朝行ったら、知っている先生がいて、思わず涙でした。地震の翌日、最低限の片づけをして、被害の少なかった部屋で「引きこもり」の生活が、始まりました。暖房は石油ストーブ、煮炊きはプロパンガスとカセットコンロ。停電のため、冷凍庫が冷蔵庫に、冷蔵庫が食品棚に変身。

窓が一か所、サッシごと落ちたので、近所の方に頼んで、シート張ってもらいました。そのころ、近所の方から、市内や沿岸部は、とんでもないことになっているということを知ったのでした。

そして、停電が回復したとき、信じられない風景をテレビで見ることになったのです。私たちはある意味、生き残ってしまったのです。普段の生活圏内が、津波の被害にあっていたという事実。外出してたら、車ごと流されていたかもしれないという現実に、言葉を失うのでした。

来るべきものが来た!でも、それは想定外のものでした。

当分mobilephoneからの更新になります。パソコンがネットにつながりません。

コメント公開は、お名前はっきりわかるものだけ、公開します。mobilephoneだと、最初の数行が、簡単に読めます。(削除もありかも)
★最初に名前書いてね!


今ガソリンスタンドの給油待ちです…今朝整理券もらうため、二時間以上待って暗くなってからまた、給油のため行列です。

さて本題。地震発生時、私は、近所のクリニックでの用事を済ませ、玄関にいました。地震を感じ、揺れの大きさに驚き(震度6強の体験アリ)、玄関から飛び出してしまいました。

揺れの大きさとともに、揺れた時間の長さに、呆然。(揺れている間、腰が抜け、支えていたつもりの人とともに駐車場で横になっていました。)
30年以内に、99%の発生確率と言われていたため、不謹慎ですが、もう30年は来ない…って思った位です。
家の中は、めちゃくちゃでしたが、家にいた家族の無事を確認して、緊急連絡先に一斉にメール。停電して、当初出ていた水も止まりました。朝に炊いたご飯でおにぎりriceballを作り、車に準備して、一晩過ごしました。余震が続き、不安だらけの時間が過ぎました。mobilephoneの伝言板に登録したかな?

でもそれは、困難の始まりだったのです。

一週間ぶりのログイン

ご心配かけます。被害の少なめな部屋で、家族で集団生活しています。
ログインして、お名前はっきりわかるコメントだけ、公開しました。私自身、地元のお友達の安否確認もこれからなので、被災地以外の方は、災害伝言ダイアルや災害伝言板を、ご利用下さい。私も利用しています。登録しました。
前の記事の通り、東京の息子に「後方支援」を頼んでいます。
この震災では、本来支援する人たち(役所、病院、他民間業者)が、被災しました。
書きたいこと、山ほどありますが、今日はこれまでに。

現状の我が家

はじめまして、筆者の息子です。自分は東京都調布市在住なので無事です。

我が家の母より連絡を受けたので書き込みます。

知っての通り、地震により宮城県沿岸部は大変被害を受けておりますが、わが実家付近は海から結構離れているので津波は来ておらず家族全員無事とのことです。

ただ、家屋の損傷はあまり確認できてません。当日に電話したところ、2004年の時よりもひどいとのことでした。

読者の皆さんは母にいろいろ連絡いただきありがとうございます。

心配いただいておりますが、石巻市付近は現在電波状況が非常に悪いため母への電話は固定電話・携帯電話問わず極力お避け下さい。

また、いろいろコメントが入っているようなんですが、自分の独断で返信できないのでご了承ください。

我が家への連絡があるときには、nackstar038あっとinfoseek.jp(自分のアドレスです)までメールください(あっとを@に変えてください)。代わりにメールで連絡します。

木谷恭介「伊予松山殺人事件」

786番 ★★★

警官がホームレスに!?松山市内でホームレスが殺された。身元を示す遺留品はなかったが、なぜかトカレフと人気女優の戸籍謄本が発見された。警察庁広域捜査官の宮之原のもとを訪ねた松山中央署の大鷹鬼平巡査は、被害者の身許を捜すため、東京・代々木公園のホームレスに潜入を志願する。鬼平の突飛な行動に驚きつつも宮之原は捜査を開始した。 >

二時間ドラマの原作・・・ですかね。改行が多すぎて、読みづらくてたまりませんでした。

伊予松山殺人事件 (徳間文庫) Book 伊予松山殺人事件 (徳間文庫)

著者:木谷 恭介
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★松山市内の地理に詳しい方なら、私よりは楽しめるかと思います。話の内容は理解できたので、三つにしておきます。

【第1節 サンフレッチェ広島戦 △ 0-0】

いよいよ今年も始まりました。今年はアウエィスタートです。いまだにマルキーニョス選手が、ベガのユニフォーム着ているのが、信じられない私です。

今週末ホームで開幕です。

2010-2011モデル【ASICS】アシックスベガルタ仙台 ホームレプリカシャツ 2010-2011モデル【ASICS】アシックスベガルタ仙台 ホームレプリカシャツ

販売元:blue&yellow
楽天市場で詳細を確認する

★ユニフォームも印象変わりました。体にフィットするデザインに変わりましたね。

地震がありました・・・

震度4でしたので、大丈夫です。あと追記します。

コメント代わりに追記します。ちょうど大型店で、会計してもらっているときでした。貧血発作起こしたみたいに、床がくるくるまわったっていうところでしょうか。

震度の割には大きく感じました。以上追記です。9日の夜記録pencil

大倉崇裕「聖域」

785番 ★★★

内容(「BOOK」データベースより) 「安西が落ちた」好敵手であり親友でもあった男の滑落の報せに、草庭は動揺する。認めたくない事実を受け入れようとした瞬間、草庭の頭に浮かんだひとつの疑問―安西はなぜ滑落したのか?彼の登攀技術は完璧だった。山に登る上で必要な資質を、すべて具えた男だった。その安西が、なぜ?三年前のある事故以来、山に背を向けてきた草庭は、安西の死の謎を解き明かすために再び山と向き合うことを決意する

桜庭一樹さんの本で、紹介された本。

本文もおもしろかったけど、それ以上に「あとがき」が素敵だった。作者が、この作品への思いを、正直に書いてあるのでした。 私にとって、存在すら知らなかった作家さんなので、とても興味深く読みました。山を舞台にした作品って、まだまだたくさんあるのですね。(新田次郎と、真保裕一くらいしか知らなかったので、反省)

聖域 Book 聖域

著者:大倉 崇裕
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

帯状疱疹、発病中です

皇太子妃雅子様が、かかった病気なので、名前だけは知っていましたけど、まさか私がかかるとは、思わなかったですね。

先月に、若干の皮膚トラブルがあって、皮膚科通いをしていました。それは支障なくなったのですが、背中にアセモ?湿疹?ができて、ついでだからと思い、受診したところ、この病名告げられました。ここらへんの方言では、「つづらご」って言います。

抗ウイルス薬など、処方されて服用していますが、薬の値段が、一日1000円以上です。(アセモで軟膏いただくつもりが・・・・あららら・・・) 強い薬があるみたいで、胃の薬も同時に処方されています。その関係で、「食欲不振」になり、特に朝はひどく、つわりのようです。

受診後、この病気特有の「痛み」が出てきました。皮膚科通いしてなければ、こんなに早く受診しなかったのだから、ラッキーと思う反面、薬服用してなおす病気なら、かかりつけの内科の先生に診てもらえばよかったと、複雑な心境です。昨夜は、何度か痛みで目覚めてしまいました。薬飲み終わるころ、再診して、血液検査などする予定です。

帯状疱疹に克つ (健康ライブラリ-) Book 帯状疱疹に克つ (健康ライブラリ-)

著者:長沼 芳和
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

豊島ミホ「夏が僕を抱く」

784番 ★★★

内容(「BOOK」データベースより)

ゆっくりと遠ざかり始める、夏休みの記憶と、君。淡くせつない、おさななじみとの恋を描く最新短編集

おすすめされた本ですが、これを読むには、ちょっと年を取りすぎたと思いましたね。幼馴染の男の子と女の子が、大人になってからのお話。短編で6つ入っていました。

図書館本なので、ハードカバーでしたので、表紙の写真の表情がなんとも印象的でした。私の好みは、「あさなぎ」ですね。映画を見ているような思いでした。

表題作には、ちょっと・・・・簡単に「二股」する登場人物たちに、ひいちゃいました。私が古い人間だということでしょう。

夏が僕を抱く Book

夏が僕を抱く

著者:豊島 ミホ
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月の読書のまとめ

2月は、こんなもんでした。一番上の「聖域」は、今読んでいるのです。

間違えて登録してしまいました。今月印象的だったのは、「オレたち花のバブル組」でした。続編ですけど、こちらのほうが結末現実的かと思います。

2月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2859ページ

聖域聖域
読了日:02月26日 著者:大倉 崇裕
四十九日のレシピ四十九日のレシピ
話は乙美が、亡くなったところから、スタートしますが、実質の主人公は彼女。乙美の存在に、癒されました。ありえない話でしょうけど、読書としては、ほんとに楽しかった。映像化も納得です。
読了日:02月26日 著者:伊吹有喜
お好みの本、入荷しました (桜庭一樹読書日記)お好みの本、入荷しました (桜庭一樹読書日記)
世の中には、すごい人がいるもんだ。「私、読書が趣味」って言っていいのかと、思ってしまう内容でした。本に出ていたの少しだけメモしました。いずれ読むつもり。
読了日:02月22日 著者:桜庭 一樹
おいしい中国―「酸甜苦辣」の大陸おいしい中国―「酸甜苦辣」の大陸
1964年生まれの彼女ですから、近代史に出てくる中国を実体験しているわけです。とても興味深く読みました。両親が学校の先生だったため、「下放」も体験済み。そして、改革開放の流れで、だんだん食事情が豊かになっていく様子もよくわかりました。
読了日:02月22日 著者:楊 逸
光待つ場所へ光待つ場所へ
あやめの「自意識過剰」 つっぱったチハラトーコの嘘、「樹氷の街」での梢の無鉄砲な言動。若いって、もっと別な意味があるのかと思ってたけど、ちょっと違うみたいです。
読了日:02月18日 著者:辻村 深月
田村はまだか田村はまだか
人間関係が細かく、熟読派でない私は、さっとでももう一度目を通し、「えっ!」と思うところありました。彼らの10年後見たいと思いました。雰囲気としては、吉田修一の「横道世之介」に似ていますね。
読了日:02月18日 著者:朝倉 かすみ
やってられない月曜日やってられない月曜日
表紙の電卓とペン、ハンバーガーとマグカップに雰囲気出ていますね。図書館本ですが、表紙外したら、寧々の趣味没頭中のイラストがありました。作者+編集者の遊び心が、満載されてます。舞台が、出版社って、偶然?
読了日:02月10日 著者:柴田 よしき
校長先生のあたま校長先生のあたま
校長先生が、鉛筆になっちゃう???お話。愉快でした。
読了日:02月10日 著者:長 新太
いちねんせいのがっこうたんけん (大型ガイド絵本シリーズ)いちねんせいのがっこうたんけん (大型ガイド絵本シリーズ)
入学後、新入生が先生と二年生と一緒に、学校を探検する設定。かなりリアルで、楽しかったです。
読了日:02月10日 著者:おか しゅうぞう
もうすぐ一年生もうすぐ一年生
学校ってどんなところかなって、想像していく本。入学が楽しみになるでしょうね
読了日:02月10日 著者:桑原 伸之
オレたち花のバブル組オレたち花のバブル組
「やられたら、倍返し」の半沢でしたが、今回返り血を大量に浴びる結末が、ちょっと苦かったですね。第3弾を期待して待ちます
読了日:02月07日 著者:池井戸 潤
霧のむこうのふしぎな町 (講談社文学の扉)霧のむこうのふしぎな町 (講談社文学の扉)
ファンタジー苦手な私は、そこにたどり着くまでの、描写も好き。お国ことば満載でした。ついつい音読しちゃいました。バイリンガル自称しているので
読了日:02月07日 著者:柏葉 幸子
再起 (ハヤカワ・ノヴェルズ)再起 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
競馬の八百長、男女間の不倫、インターネットギャンブル、騎手が殺される殺人事件、その容疑者と思われる調教師の自殺??多数の調査を抱える主人公。決して屈しない主人公を追い詰めるために、敵はマリーナを襲撃し、主人公が、動揺する展開。読書の醍醐味を味わいました。
読了日:02月03日 著者:ディック フランシス

読書メーター

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。